【スペック】全長×全幅×全高=4450×1735×1590mm/ホイールベース=2525mm/車重=1340kg/2リッター水平対向4気筒SOHC16バルブ(137ps/5600rpm、19.0kgm/3200rpm)/車両本体価格=216.8万円(テスト車=243.8万円/スポーティパッケージ/クリアビューパック/FORESTERビルトイン・DVDナビゲーションシステム(27.0万円))

スバルフォレスター X20 L.L.Bean EDITION(4AT)【試乗記】

「ダブルネーム」のお買い得車 2003.04.05 試乗記 スバルフォレスター X20 L.L.Bean EDITION(4AT)……243.8万円スバルのSUV「フォレスター」とアパレルメーカー「L.L.Bean」との提携によりつくられた「フォレスターX20 L.L.Bean Edition」。「X20」をベースに特別装備が施されたモデル。CG編集部、渡辺慎太郎が試乗した。
クォーターピラーの下部には「L.L.Bean EDITION」のエンブレムが、運転席と助手席のシートにはロゴマークが型押しされる。

クォーターピラーの下部には「L.L.Bean EDITION」のエンブレムが、運転席と助手席のシートにはロゴマークが型押しされる。
専用の16インチアルミホイールと215/60R16タイヤ

専用の16インチアルミホイールと215/60R16タイヤ

スバルのイメージとは?

スバル・フォレスターに「X20 L.L.Bean EDITION」という特別仕様車があるのは知らなかった。「スバル」と「L.L.Bean」、いわゆる「ダブルネーム」である。
日本の自動車メーカーの日本市場におけるイメージと海外市場におけるイメージには結構大きな差があって、例えば北米市場におけるスバルのイメージはすこぶるいい。日本でのスバルのイメージは……皆さんの頭の中に今まさに浮かんだものでほぼ間違いないと思う。でも北米でスバルと言えばそれはもう立派な「ブランド品」である。申し分のない学歴があって上品で自分の趣味をちゃんと持っていて、週末や余暇にはそれを楽しむ時間をきちんと取るような人が乗るクルマ、スバルとはそんなイメージなのである。

そういう人が好んで選ぶもうひとつのブランドが「L.L.Bean」である。機能性や品質にこだわった、主にアウトドア関連の衣料品やツールを販売するメーカーであることは皆さんもご存知の通り。ターゲットカスタマーとブランドイメージが似通ったスバルとL.L.Beanのコラボレーションは、販売促進・販売戦略の面から考えても成るべくして成った、誰が聞いても「ああなるほど」と納得のいくものだと言えるだろう。

シートをはじめステアリングホイール、ATセレクトレバー、ハンドブレーキレバーも本革仕様。

シートをはじめステアリングホイール、ATセレクトレバー、ハンドブレーキレバーも本革仕様。
ボディカラーは、専用色のコアレッド・メタリック/カーボングレー・メタリック、ブラックトパーズ/マイカ/カーボングレー・メタリック、ピュアホワイト/カーボングレー・メタリックの3色と、ナチュラルグリーン・マイカ/カーボングレー・メタリックの全4色。

ボディカラーは、専用色のコアレッド・メタリック/カーボングレー・メタリック、ブラックトパーズ/マイカ/カーボングレー・メタリック、ピュアホワイト/カーボングレー・メタリックの3色と、ナチュラルグリーン・マイカ/カーボングレー・メタリックの全4色。

期間限定お買得商品

今回の特別仕様車のベースとなったフォレスターは、ターボの付いていない2リッター水平対向4気筒エンジンを搭載した「X20」。これに、専用デザインの16インチアルミホイール、マルチリフレクター式フロントフォグランプ、2灯式HIDハイ&ロービームランプを装着。でもハイライトはエクステリアよりもむしろインテリアで、「L.L.Bean EDITON」と型押しされたベージュの本革シートが標準装備される他、本革巻きステアリングホイール/シフトレバー(AT/MT共)、MD&6連奏インダッシュCDプレーヤー付きオーディオシステム、荷室/リアシートバックハードマットなど充実した装備類に目を惹かれる。加えて、本来ならばメーカーオプションのセルフレベライザー内蔵リアサスペンションまでもが組み込まれていて5段MT仕様車が209.8万円、4段AT仕様車が216.8万円とはお買い得である。

特別仕様車がお買い得なことは百も承知でも、自分が欲しいクルマでなかったり、タイミングが合わなかったり、台数限定だったりして、うまく巡り会うことは難しいかもしれない。以前からフォレスターに目を付けていて、「L.L.Bean」のトートバッグなんかをすでにお持ちの方にはいい機会かもしれない。ちなみにこのクルマ、台数限定ではないけれど、7月末までの期間限定商品だそうである。考える時間はまだたっぷりありますね。





のっぽでも低重心

「L.L.Bean EDITION」だからといって、フォレスターの乗り味に変化はない。フォレスターはフォレスターである。フォレスターとは、ごくごく簡単に言ってしまえば背の高いレガシィである。これは事実。背が高いクルマというのは安定感に乏しい。これも事実。しかしフォレスターの場合は例外。水平対向エンジンにはさまざまな特徴があるけれど、エンジン高が低いからそれを搭載するクルマはおのずと低重心になる。重心が低いとクルマにとってはよいことが多い。たとえば操縦安定性には有利、など。フォレスターのステアリングを握っていると、頭上にたっぷりスペースがあって、背の高いクルマに乗っていることを実感する。しかし、ステアリング操作に対するレスポンスのよさや穏やかな荷重移動などから、重心の低さが伝わってくると同時に安心感も伝わってくる。
エンジン音が若干勇ましいのはフォレスターのせいではなく、スバルの4気筒ユニットに共通すること。137ps/19.0mkgのパワーに不満はないから多少のことには目を瞑りましょう。ノンターボでも問題なし。

(文=渡辺慎太郎/写真=峰 昌宏/2003/3月) 

関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.25 試乗記 モデルチェンジを受けて、よりSUVらしい存在感を得た「プジョー3008」。新世代のi-Cockpitが採用され、先進運転支援システムも強化されるなど、見どころ満載のニューカマーだ。「GTライン デビューエディション」に試乗した。
ホームへ戻る