BMW、ニュー「5シリーズ」を公表

2003.04.04 自動車ニュース
 

BMW、ニュー「5シリーズ」を公表

独BMWは、2003年4月3日、新しくなったアッパーミディアムサルーン「5シリーズ」の写真と車両概要を公表した。


外観写真は、すべて「530i」
 

■大きく、軽く

アッパーミドルクラスの代表選手「BMW 5シリーズ」が新しくなる。先代より大型になったというボディは、アルミとスチールを組み合わせたおかげで軽量化に成功。BMWジマンのストレート6、速さに応じレシオを変えるステアリングシステム、ランフラットタイヤ、そして旗艦「7シリーズ」で採用したインターフェイス「iDrive」などを盛り込んでの登場だ。
欧州での発売は2003年7月。まずは2.2リッターの「520i」、3リッターの「530i」と、3リッターディーゼル「530d」がデリバリー開始。続いて秋には、2.5リッターの「520iA」「525i」と、4.4リッターV8「545i」がリリースされる。欧州以外の地域では、先の3モデルが秋頃に販売される予定という。



 

新開発のシャシーは、アルミとスチール製。サスペンションもアルミとし、軽量化に力を注いだようである。詳細は未発表なので正確なボディサイズなどは不明だが、先代より大きくなったにも関わらず、75kg(グレードによって異なる)も軽くなったという。
室内空間や荷室も広くなったようで、海外メディアが報じたところによると、荷室容量は従来より40リッター大きい500リッター。これは、新型7シリーズと同じサイズだ。



 

■伝統のストレート6

エンジンは、BMWの伝統ともいえる直6が中心。ガソリン仕様が2.2リッター(170ps、21.4kgm)、2.5リッター(192ps、25.0kgm)、3リッター(231ps、30.6kgm)。これに、7シリーズの4.4リッターV8バルブトロニック(333ps、45.9kgm)が加わる。ディーゼルエンジンは、3リッター直6コモンレール(218ps、51.0kgm)がアナウンスされた。トランスミッションは、新開発の6段MT、もしくは6段ATが組み合わされる。一部モデルの動力性能が発表されていたので、ここに記す。0-100km/h加速は、520iが9.7秒、530dが7.1秒、530iが6.9秒。最高速度はそれぞれ、230km/h、245km/h、250km/hだ。



 

■数々の電子デバイス

7シリーズ同様、新しい5シリーズにも数々の電子デバイスが採用される。車両情報を統合して操作できる「iDrive」をはじめ、先行車の車速をモニタリングして速度を調節する「アクティブ・クルーズ・コントロール」(ACC)や、ステアリングホイールの舵角や速度に応じてヘッドライトの光軸を変化させる「アダプティブ・ヘッドランプ」などの新機軸も盛り込まれた。



 

さらに、速度感応式ステアリング「アクティブ・フロント・ステアリング」(AFS)が搭載されることもニュース。ホンダ「S2000タイプV」の「VGS(可変ギアレシオステアリング)」のように、速度に応じてステアリングの切れ角が変化するもので、ゆっくり走行しているときはクイックに、高速走行時は緩やかにステアリングが動く。
またこのAFSは、車両が不安定になったことを感知すると、即座に適切なステアリングアングルに切り替え、高いコントロール性が保たれるという。

価格は発表されなかったが、海外メディアが報じた価格を参考として掲載する。

520i:3万3000ユーロ
525i:3万5000ユーロ
530i:3万9000ユーロ
535i:4万7000ユーロ
545i:5万4000ユーロ
530d:4万ユーロ

(webCGオオサワ)

BMW:
http://www.bmw.de/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(後編) 2017.3.30 mobileCG レーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 前回に引き続き、今回も「BMW 540i」に試乗する。新しい直列6気筒エンジンを搭載する「5シリーズ」の真打ちは、どんなドライバーにお薦めか。谷口視点で分析する!
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
ホームへ戻る