トヨタ「プレミオ/アリオン」の特別仕様車を発売

2003.04.02 自動車ニュース
 

トヨタ「プレミオ/アリオン」の特別仕様車を発売

トヨタ自動車は、ミディアムクラスセダン「プレミオ」と姉妹車「アリオン」に、装備を充実させた特別仕様車を設定し、2003年4月1日に販売を開始した。


【写真上】特別色「ベージュメタリック」のプレミオ
【写真下】「アリオン」
 

今回の特別仕様車「プレミオLパッケージリミテッド」と「アリオンGパッケージリミテッド」は、1.5リッターモデル(FFのみ)と、1.8リッター(FFと4WD)のベーシックグレードがベース。パッケージオプション(オプティトロンメーターやCD・カセット一体AM/FMマルチ電子チューナー付きラジオ)の装備に加え、本革巻きステアリングホイール&シフトノブなどを付与し、高級感を出した仕様だ。価格はベース車と較べて、プレミオが12.0万円、アリオンは9.5万円高となる。

プレミオ、アリオン、それぞれの特別仕様車の詳細と価格は、以下の通り。

●プレミオ特別仕様車の特別装備
・本革巻き&木目調3本スポークステアリングホイール
・本革巻きシフトノブ(1.8リッターモデルは、Lパッケージに標準装備)
・ディスチャージヘッドランプ
・UVカット機能付きプライバシーガラス(テレビアンテナ付き)
・ボディ色に、専用のベージュメタリックを設定

1.5F Lパッケージリミテッド(FF):174.0万円
1.8X Lパッケージリミテッド(FF):190.5万円
1.8X Lパッケージリミテッド(4WD):211.5万円

●アリオン特別仕様車の特別装備
・スウェード調シート表皮
・本革巻き&木目調3本スポークステアリングホイール
・本革巻きシフトレバーノブ
・木目調インストルメントパネルクラスター・木目調センタークラスター

A15 Gパッケージリミテッド(FF):169.0万円
A18 Gパッケージリミテッド(FF):185.5万円
A18 Gパッケージリミテッド(4WD):206.5万円

(webCGオオサワ)

「トヨタ自動車」:
http://www.toyota.co.jp/

関連キーワード:
プレミオトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
ホームへ戻る