全日本GT開幕戦、スープラV

2003.03.31 自動車ニュース

全日本GT開幕戦、スープラV

全日本GT選手権の2003年開幕戦が、2003年3月30日、岡山県のTIサーキット英田(3.703km)を82周して行われた。優勝は、GT500クラスのディフェンディングチャンピオン、エッソウルトラフロースープラ(脇坂寿一/飯田章組)。GT300クラスは、EndlessタイサンアドバンGT3R(余郷敦/浅井亮博組)がポールトゥウィンを決めた。


【写真上】スタートでトップを奪ったのは、ポールポジションのザナヴィニスモGT-R(本山哲/ミハエル・クルム組)
【写真下】オープニングレースを制した、エッソウルトラフロースープラ

JGTC開始10年目の今年、GT500クラスのレギュレーションが大幅に変更され、シャシー前後のパイプフレーム化やクラッシャブルゾーン追加、エンジンとトランスミッションのレイアウト制限、フラットボトム化などが課せられるようになった。
各マシンは新規定にあわせニューマシンを投入。スープラは昨年までの2リッター直4ターボから5.2リッターV8ユニットに変え、NSXはエンジン縦置き化&ギアボックス位置変更、GT-Rもトランスミッションの搭載位置をリアに移した。


GT300クラスは、EndlessタイサンアドバンGT3Rがウィナー

レースはフォーメーションラップから波乱のスタート。予選2番手のauセルモスープラ(竹内浩典/立川祐路組)がギアを壊し、早々に戦列を去った。以後、トップが頻繁に入れ替わる忙しい展開。残り8周の時点で首位に返り咲いたエッソウルトラフロースープラが制した。
2位はザナヴィニスモGT-R(本山哲/ミハエル・クルム組)、3位はTAKATA童夢NSX (道上龍/セバスチャン・フィリップ組)が入り、表彰台にのぼった。


鳴り物入りでJGTCにあらわれたARTA Garaiya(新田守男/高木真一組)は、予選21位、決勝34位

GT300クラスは、ポールスタートのEndlessタイサンアドバンGT3Rがピットインのタイミングで一時トップを明渡すも、58周目にPLUS eタイサンアドバンGT3R(山路慎一/西澤和之組)を抜き再びクラス1位へ。そのまま優勝を飾った。
2位はタイサンアドバン、3位はRECKLESS MR-S(佐々木孝太/後藤聡組)だった。

(文=webCG 有吉/写真=KLM Photographics J)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。