マツダ「デミオ」がクリーンになって再登場

2003.03.28 自動車ニュース

マツダ「デミオ」がクリーンになって再登場

マツダは、コンパクトカー「デミオ」をマイナーチェンジし、2003年3月27日に発売した。

全グレードで「超-低排出ガス」認定を受けたのが大きな変更点。低排出ガス車認定の中でもっともレベルが高い「超」を取得、グリーン税制が適用され、1年で3.2万円の減税(自動車取得税1.5万円+自動車税1.7万円)措置が受けられるようになった。また同時に、燃費の改善も図られた。パワー、トルクなどは従来通りだ。

そのほか、中間グレード「コージー」の1.3リッターモデルは、カラードサイドプロテクターモール、ダークティンテッドガラスを追加装備しつつ、価格を4.0万円引き下げ119.5万円とした(4段AT)。同1.5リッターモデルでは、これにリアスピーカーも加えつつ、価格を据え置いた。

ボディ色は、「セリオンシルバーメタリック」と「ミスティブルーメタリック」の2色を追加し、全13色をラインナップ。さらに各グレードの専用色も全グレードで選ぶことができるようになった。
さらに、幅広い顧客層に選んでもらえるよう、人気の高いお薦めオプションを組み合わせた「カタログセレクトモデル」を28種類設定した。

詳しい価格は以下の通り。

●スポルト
・1.5リッター直4DOHC
4段AT(アクティブマチック):153.5万円
5段MT:145.0万円

●コージー
・1.5リッター直4DOHC
4段AT:137.0万円
5段MT:129.5万円
・1.3リッター直4DOHC
4段AT:119.5万円
5段MT:112.0万円

●カジュアル
・1.5リッター直4DOHC
4段AT:132.0万円
5段MT:124.5万円
・1.3リッター直4DOHC
4段AT:114.5万円
5段MT:107.0万円

(webCG 本諏訪)

マツダ「デミオ」:
http://www.demio.mazda.co.jp/

 
マツダ「デミオ」がクリーンになって再登場の画像

関連キーワード:
デミオマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・デミオ13S(FF/6AT)【試乗記】 2014.11.10 試乗記 デビュー以来、好調なセールスが伝えられる4代目「マツダ・デミオ」。このクルマならではの魅力はどこにあるのか? ガソリン車の中間グレード「13S」で探った。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ/13S Lパッケージ/13S【試乗記】 2014.9.26 試乗記 4代目となる新型「デミオ」がいよいよ公道に踊り出た。舞台は箱根のワインディングロード、力感に満ちた「魂動(こどう)」デザインをまとった新型は、いったいどんな走りを見せるのだろうか。注目の1.5ディーゼル、そして1.3ガソリンの両方に試乗した。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
ホームへ戻る