フォルクスワーゲン、「ゴルフ」と「ボーラ」にカーテンエアバッグを標準化

2003.03.27 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「ゴルフ」と「ボーラ」にカーテンエアバッグを標準化

フォルクスワーゲングループジャパンは、同社の主力車種である「ゴルフ」シリーズと、ゴルフベースの3BOXモデル「ボーラ」の全グレードに、カーテンエアバッグを標準装備として設定することを、2003年3月24日に発表した。

従来のVW車は、「パサート」などゴルフクラスの上位モデルにしか、カーテンエアバッグが標準装備されていなかった。今回ゴルフとボーラに標準化されたことで、ゴルフクラス以上(ニュービートルを除く)の全モデルに、カーテンエアバッグが標準装備されることになる。

標準装備されるカーテンエアバッグとは、左右ドアの上(室内天井裏側)に格納されるヘッドエアバッグのこと。前後席ともに装備され、側面衝撃の際にエアバッグが展開し、乗員の頭部を守るものである。

従来から標準装備となっている、前席エアバッグ、サイドエアバッグ(フロント)と合わせ、パッシブセーフティ装備がさらに充実されることになったが、今回の変更にともなう価格改定は無く、据え置きのままとなっているのはうれしい限りだ。

(webCG 本諏訪)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る