フォルクスワーゲン、「ゴルフ」と「ボーラ」にカーテンエアバッグを標準化

2003.03.27 自動車ニュース

フォルクスワーゲン、「ゴルフ」と「ボーラ」にカーテンエアバッグを標準化

フォルクスワーゲングループジャパンは、同社の主力車種である「ゴルフ」シリーズと、ゴルフベースの3BOXモデル「ボーラ」の全グレードに、カーテンエアバッグを標準装備として設定することを、2003年3月24日に発表した。

従来のVW車は、「パサート」などゴルフクラスの上位モデルにしか、カーテンエアバッグが標準装備されていなかった。今回ゴルフとボーラに標準化されたことで、ゴルフクラス以上(ニュービートルを除く)の全モデルに、カーテンエアバッグが標準装備されることになる。

標準装備されるカーテンエアバッグとは、左右ドアの上(室内天井裏側)に格納されるヘッドエアバッグのこと。前後席ともに装備され、側面衝撃の際にエアバッグが展開し、乗員の頭部を守るものである。

従来から標準装備となっている、前席エアバッグ、サイドエアバッグ(フロント)と合わせ、パッシブセーフティ装備がさらに充実されることになったが、今回の変更にともなう価格改定は無く、据え置きのままとなっているのはうれしい限りだ。

(webCG 本諏訪)

フォルクスワーゲン:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
フォルクスワーゲン、「ゴルフ」と「ボーラ」にカーテンエアバッグを標準化の画像

関連キーワード:
ゴルフボーラフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダCB1000R(MR/6MT)【レビュー】 2018.5.31 試乗記 スーパースポーツの心臓を持つ、走りのネイキッドモデル「ホンダCB1000R」。軽快なボディーと145psのエンジンが織り成す走りは見事だったが、リポーターはこのバイクに太鼓判を押さなかった。ホンダ最新の「ネオスポーツカフェ」に欠けていたものとは?
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に充実装備の特別仕様車 2018.6.8 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に、充実した装備が魅力の特別仕様車「ダイナミック」が登場した。MT仕様とDSG仕様の両方が用意されるが、前者については販売台数は100台のみ。またMTモデルのゴルフGTIはこれが最終仕様となる。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
  • メルセデス・ベンツA200(FF/7AT)/A250エディション1(FF/7AT)【海外試乗記】 2018.5.14 試乗記 ブランドの“若返り”に大きく貢献したメルセデス・ベンツのCセグメントハッチバック「Aクラス」がフルモデルチェンジ。デザインも設計も一新され、装備やインターフェイスなど、あらゆるところに新機軸が採用された新型の実力を試す。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る