メルセデスベンツ「Mクラス」をマイナーチェンジ

2003.03.26 自動車ニュース

メルセデスベンツ「Mクラス」をマイナーチェンジ

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツのSUV「Mクラス」を一部改良。エンジン排気量を、従来の3.2リッターから3.7リッターに拡大したことにより、「ML350」と名前を改め、2003年3月24日から発売を開始した。

今回の一部改良の眼目は、エンジンが従来の3.2リッターV6から、「S350」に搭載されるものと同じ3.7リッターに拡大されたこと。それにともない、名称も「ML320」から「ML350」に変更された。
新たに搭載される3.7リッターV6は、235ps/5750rpm(前モデル:218ps/5600rpm)の最高出力と、35.2kgm/3000〜4500rpm(同:31.6kgm/2700〜4800rpm)の最大トルクを発生。ゆとりのある走行性能を実現したという。

装備面では、6連装CDオートチェンジャー、ラゲッジルームカバー、荷室内の荷物が飛び出すのを防ぐセーフティネットなどが標準装備となった。

グレードは、ベーシックな「M350」に加え、本革シート、前席シートヒーター&パワーシート、本革巻ステアリング&シフトノブなどを奢った「オプションパッケージ」と、同インテリアに加えAMGスタイリングの外装類、バイキセノンヘッドライト、プライバシーガラスを装備した「スポーツパッケージ」を設定。いずれも、5段ATの右ハンドル仕様となる。5.5リッターエンジンを積む「ML55 AMG」(左ハンドルのみ)は、従来通りラインナップする。

それぞれの価格は以下の通り。

●メルセデスベンツ「Mクラス」
ML350:550.0万円
ML350オプションパッケージ:590.0万円
ML350スポーツパッケージ:640.0万円
ML55 AMG:920.0万円

(webCG 本諏訪)

メルセデスベンツ:
http://www.mercedes-benz.co.jp/index.html

メルセデスベンツ「Mクラス」をマイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。