オペル、ベクトラセダンに3.2リッターモデルを追加

2003.03.26 自動車ニュース

オペル、ベクトラセダンに3.2リッターモデルを追加

日本ゼネラルモーターズは、オペルの中型セダン「ベクトラ」に、3.2リッターエンジン搭載モデルを追加設定し、2003年4月5日から販売を開始する。加えて、モデルラインナップ変更や、オプション装備の追加などが行われた。

今回追加された「ベクトラ3.2」は、3.2リッターV6DOHC24バルブ(211ps/6200rpm、30.6kgm/4000rpm)を搭載する、ベクトラセダンのトップグレード。2003年3月24日に発表された、5ドアハッチバック「GTS」の3.2リッターモデルと同じエンジンが、セダンにも搭載されることになった。トランスミッションは他モデルと同じ、マニュアルモード付き5段AT。またベクトラ3.2に限り、受注生産で左ハンドル車が設定される。価格は405.0万円。

グレード体系の見直しや、オプション装備の追加も行われた。2.2リッターモデルの上級グレード「2.2プレミアム」に代わり、「バックウィンドウ電動ガラスサンシェード」が非装着、タイヤサイズを215/50R17から215/55R16に変更した「ベクトラ2.2レザーパッケージ」を設定。価格はプレミアムより5.0万円安い、357.0万円となる。
さらに、全車に「DVDオペルナビゲーションシステム付きAVステーション」がオプション装着(30.0万円)できるようになったことも新しい。

ベクトラセダンの価格一覧は、以下の通り。

●ベクトラ
2.2(右ハンドル):335.0万円
2.2レザーパッケージ(右ハンドル):357.0万円
3.2(右/左ハンドル):405.0万円

(webCG 本諏訪)

オペル「ベクトラセダン」:
http://www.opel.co.jp/models/vectra/index.html

 
オペル、ベクトラセダンに3.2リッターモデルを追加の画像

関連キーワード:
ベクトラセダンオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・アストラ 1.8 Sport(4AT)/アストラ 2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2004.11.1 試乗記 オペル・アストラ 1.8 Sport(4AT)/アストラ 2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……291万2500円/334万9500円

    可変ダンパー「CDC」、2リッターターボ+6MTを武器に、オペルが強豪ひしめくセグメントに送り込むニューモデル「アストラ」。スポーティさでイメージ転換を図るブリッツマークのニューモデルに、『webCG』記者が試乗した。


  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


  • オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)【海外試乗会(前編)】 2004.4.28 試乗記 オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)

    2003年のフランクフルトショーで登場、新たなイメージをアピールしたオペルのニュー「アストラ」。競争激甚なファミリーカー市場に挑戦するニューカマーの武器は何なのか? 『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が報告する。


ホームへ戻る