オペル「ベクトラGTS」をラインナップに追加

2003.03.25 自動車ニュース
 

オペル「ベクトラGTS」をラインナップに追加

日本ゼネラルモーターズは、2002年7月に日本発売されたオペルの中型セダン「ベクトラ」に、5ドアハッチバックの「GTS」を追加したことを、2003年3月24日に発表した。2003年4月5日から販売を開始する。


4ドアセダンは木目調パネルのインテリアだったが、GTSはメタル調パネルへ変更された(写真は欧州仕様)
 

■スポーティー&エレガント

「ベクトラGTS」は、欧州ですでに発売されている5ドアハッチバックモデル。エレガントさを兼ね備えたと謳われるベクトラGTSは、フォーマルなセダンに較べて若い年齢層を含む幅広いユーザーをターゲットにする。日本でのラインナップは、3.2リッターV6を積む「GTS3.2」と、2.2リッター直4を搭載する「GTS2.2」の2種類を設定、トランスミッションは、どちらもシーケンシャルモード付き5段ATが組み合わされる。

ボディサイズは4ドアセダンと同一で、全長×全幅×全高=4610×1800×1465mm、ホイールベースは2700mm。スポーティセダンを標榜するGTSは、大きく口の開いたフロントバンパーや、セダンでは“あえて”隠したマフラーエンドを左右二本出し(GTS3.2)にするなどの演出が施された。タイヤもセダンより1サイズ大きい、215/50R17サイズを標準装備する。

インテリアは、3本スポーク本革巻「パーフォレーテッドスポーツ・ステアリングホイール」や、マットクロームリング付き4連スポーツメーター、アルミ調(GTS2.2)またはプラチナ調(GTS3.2)インテリアパネルなどを採用。スポーティーでありながらも落ち着きが感じられるよう配慮したという。

ベクトラシリーズの特徴である、機能的な室内空間はそのままだ。ラゲッジルームは、500リッターの容量(VDA法)を確保し、6:4分割可倒式のリアバックレストを倒せば、最大1360リッターの荷室空間が現れる。



 

■ハイテクな走り

走りの面でも、4ドアセダンとは大きく変わっている。電子制御で車両安定性を高めるベクトラのシャシー技術「IDS(インタラクティブ・ドライビング・システム)」に加え、GTS専用のスポーツサスペンションを装備。アンチスピンデバイスの「ESP plus」も、GTS専用チューニングが施された。他にもパワーステアリングのギア比をクイックに変更、CBC(コーナリング・ブレーキ・コントロール)、EBD(電子制御式制動力配分システム)付きABS、ブレーキアシスト等の強化もなされた。


日本のベクトララインナップに加わった、3.2リッターV6DOHC24バルブ「ECOTEC」ユニット
 

■史上最速の248km/h

パワーユニットは、4ドアセダンと同じオールアルミ製の2.2リッター直4DOHC16バルブ(147ps/5600rpm、20.7kgm/4000rpm)に加え、3.2リッターV6DOHC24バルブ(211ps/6200rpm、30.6kgm/4000rpm)を新たにラインナップ。3.2リッターは、オペルのトップレンジ「オメガ」や、キャデラックのニューモデル「CTS」も同じユニットを積む。ベクトラGTS3.2は、0-100km/h加速を7.8秒でこなし、最高速度はオペル量産車史上最速の、246km/hをマークする。
組み合わされるトランスミッションは、最近のスポーティモデルでは定番となった、マニュアルモード付き5段ATトランスミッション。ATモードは学習機能を備え、快適かつ軽快な走りを支援するという。


セダンでは隠されていたマフラーエンドだが、GTSではスポーティを演出するアイテム
 

日本に導入されるのはすべてFF(前輪駆動)、5段ATの右ハンドル仕様となる。価格は、以下の通り。

●ベクトラGTS
2.2:348.0万円
3.2:415.0万円

(webCG 本諏訪)

オペル「ベクトラGTS」:
http://www.opel.co.jp/vectra_gts/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • オペル・ベクトラの2001年モデルが発売 2001.3.9 自動車ニュース 日本ゼネラルモーターズは、オペルのミドルレンジを担う「ベクトラ・セダン/ワゴン」の2001年モデルを、2001年3月8日に発売した。2001年モデル最大の特徴は、セダン、ワゴンともパワーソースたる「ECOTEC」エンジンの改変。最上級グレード「CDX」は、従来の2.5リッターV6を2.6リッターに排気量拡大。パワーは170psと従来どおりながら、最大トルクを23.4kgmから25.5kgmに太らせ、ドライバビリティの向上を図った。中堅グレード「CD」には、「アストラ」やミドシップスポーツ「スピードスター」(日本未発売)と同じ、2.2リッターユニットを採用。アルミ製ブロックを用いた同エンジンは、2005年に欧州で施行される排ガス規制「EURO4」に適合しているという。最高出力は147ps。さらに、ベーシックグレード「GL」の1.8リッターエンジンも改良し、出力を10psアップし125psとした。なお、トランスミッションは全車4ATとなる。装備面では、衝突時の頚椎損傷軽減装置「フロントアクティブヘッドレスト」およびCDチェンジャーを全車に標準装備。CDXに、従来より1インチアップした205/55R16タイヤを新採用した。ボディ色は、新色ペルシャ(マイカ)を含む計6色。また、防錆品質の向上を図り、ベクトラ全車において、錆保証をこれまでの6年から10年に延長した。 価格は以下のとおり。すべて右ハンドル。(写真は2000年モデル)●セダンGL 268.0万円CD 299.0万円CDX 325.0万円 ●ワゴンGL 283.0万円CD 314.0万円CDX 340.0万円(webCG 有吉)
  • オペル・ベクトラ2.2(5AT)【ブリーフテスト】 2002.12.4 試乗記 ……335.0万円
    総合評価……★★★★




  • オペルベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.3.25 試乗記 オペルベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    2003年3月24日、オペルの中核モデル「ベクトラ」に、5ドアハッチバックの「GTS」が加わった。スポーティイメージを訴求し、「ベクトラの本命」と謳われる新型に、webCG記者が箱根で乗った。


  • オペル・ベクトラ 2.2(5AT)【試乗記】 2002.9.25 試乗記 オペル・ベクトラ 2.2(5AT)
    ……335.0万円

    7年ぶりにフルモデルチェンジした、オペルのミドルクラス「ベクトラ」。シャープな稲妻マーク、新しいキャッチフレーズなど、これからのオペルの姿勢を最初に具現化したモデルに、webCG記者が試乗した。


ホームへ戻る