フォード、「エクスプローラー」の仕様を変更

2003.03.25 自動車ニュース

フォード、「エクスプローラー」の仕様を変更

フォードジャパンリミテッドは、SUV「エクスプローラー」の仕様を変更し、2003年3月19日に発売した。

快適性と安全性の向上が眼目。電動スライドガラスサンルーフの標準装備(一部グレード)や、2列目中央シートのシートベルトを2点式から3点式に変更するなどした。
それにともない価格も改訂。4.6リッターV8を搭載する「エディーバウアー」は8.0万円値上げされ460.0万円、4リッターV6「XLT」は2.0万円アップの384.0万円となった。

主な内容は以下の通り。

●仕様変更
・2列目中央シートのシートベルトを2点式から3点式に変更(全車)
・16インチホイール+オールシーズンタイヤを、17インチホイール+オールテレーンタイヤに変更(エディーバウアー)
・フロントグリルをクロームメッキタイプに、インテリアのセンターパネル&ドアトリムをアルミ調へそれぞれ変更。ステアリングホイールも本革巻とした(XLT)

●追加装備
・2列目中央席のヘッドピロー
・電動スライドガラスサンルーフ(エディーバウアー)
・オートランプ(XLT)

(webCG 本諏訪)

「フォードジャパンリミテッド」:
http://www.ford.co.jp/

 
フォード、「エクスプローラー」の仕様を変更の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る