フォード、「エクスプローラー」の仕様を変更

2003.03.25 自動車ニュース

フォード、「エクスプローラー」の仕様を変更

フォードジャパンリミテッドは、SUV「エクスプローラー」の仕様を変更し、2003年3月19日に発売した。

快適性と安全性の向上が眼目。電動スライドガラスサンルーフの標準装備(一部グレード)や、2列目中央シートのシートベルトを2点式から3点式に変更するなどした。
それにともない価格も改訂。4.6リッターV8を搭載する「エディーバウアー」は8.0万円値上げされ460.0万円、4リッターV6「XLT」は2.0万円アップの384.0万円となった。

主な内容は以下の通り。

●仕様変更
・2列目中央シートのシートベルトを2点式から3点式に変更(全車)
・16インチホイール+オールシーズンタイヤを、17インチホイール+オールテレーンタイヤに変更(エディーバウアー)
・フロントグリルをクロームメッキタイプに、インテリアのセンターパネル&ドアトリムをアルミ調へそれぞれ変更。ステアリングホイールも本革巻とした(XLT)

●追加装備
・2列目中央席のヘッドピロー
・電動スライドガラスサンルーフ(エディーバウアー)
・オートランプ(XLT)

(webCG 本諏訪)

「フォードジャパンリミテッド」:
http://www.ford.co.jp/

 
フォード、「エクスプローラー」の仕様を変更の画像

関連キーワード:
エクスプローラーフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • この変化を喜ぶべきか? 哀しむべきか?
    「ホンダ・モンキー」が“125”になって捨てたもの
    2018.5.7 デイリーコラム どこもかしこも丸っこくて、“寸詰まり”の(失礼!)ルックスが魅力だったレジャーバイク「ホンダ・モンキー」が、125ccのエンジンを得て復活! 時代の要望に答え、ずいぶんビッグになったモンキーを、私たちファンはどう受け止めるべきなのか……。
  • BMW i3ロッジ(RR)【試乗記】 2018.5.4 試乗記 モーターを搭載する電動車が増えつつある自動車業界で、2013年のデビュー以来、独自の存在感を放っている「BMW i3」。デザインが手直しされた最新のピュアEVに乗ってみると、ほかのエコカーでは得がたい個性が伝わってきた。
ホームへ戻る