シトロエン「C3プルリエル」がカブリオレの頂点に

2003.03.24 自動車ニュース

シトロエン「C3プルリエル」がカブリオレの頂点に

シトロエンジャポンは、2002年の「パリサロン」で初公開された小型オープンモデル「C3プルリエル」が、2003年度の「カブリオレ・オブ・ザ・イヤー」に輝いたことを、2003年3月20日に発表した。

「カブリオレ・オブ・ザ・イヤー2003」は、11カ国17人のモータージャーナリストにより選ばれる、優れたカブリオレに与えられる賞のこと。『webCG』のエッセイコーナー「木村衛星」でお馴染みの自動車ジャーナリスト、木村好宏氏も選考委員に名を連ねる。同賞の詳細がこちら(http://www.webcg.net/WEBCG/essays/000012948.html)に掲載されているので、合わせてご覧いただきたい。

2003年度のイヤーモデル発表は、スイスで開催される「ジュネーブモーターショー」のプレスデイ2日目に行われ、オートモービルシトロエンのプロダクツ&マーケティングディレクター、バンサン・ベッソン氏が表彰式に臨んだ。

シトロエンC3プルリエルは、1台でオープンモデル、スパイダー、ピックアップなど、4種類のボディ形状に変化するニューモデル。2003年中に欧州で販売を開始、日本へは2004年から導入される予定だという。

(webCGオオサワ)

 
シトロエン「C3プルリエル」がカブリオレの頂点にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C3プルリエルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る