【スペック】全長×全幅×全高=4640×1815×1395mm/ホイールベース=2850mm/車重=1530kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6200rpm、37.0kgm/4800rpm)/車両本体価格=356.0万円(テスト車=380.0万円)

日産スカイラインクーペ350GTプレミアム(6MT)【ブリーフテスト】

日産スカイラインクーペ350GTプレミアム(6MT) 2003.03.21 試乗記 ……380.0万円総合評価……★★★★

 

ドライマティーニ

深夜の帰宅。「日産スカイラインクーペ」のステアリングホイールを握る。何気なしにオーディオのモードを「CD」にすると、前の洒落モノが抜き忘れたか、日産広報部の陰謀か、おそらく後者なのだろうが、女性のジャズボーカルが車内に響いた。350GTプレミアムは、8スピーカーの「BOSEのサウンドシステム」を標準で装備する。3.5リッターV6の野太い音を通奏低音に、今宵ジャジーな夜はふけてゆく。しばらくすると、ルーフを打つ雨音が伴奏に加わって……。
豊かなトルクを誇るV6エンジン、細かく刻まれた6段MT、そしてどっしりした乗り心地。いざ鞭を入れれば、4ドアセダンをして「あまりにラグジュアリーに流れたのでは?」と心配するスカイラインファンを納得させるスポーティさをもあわせもつ。オトコらしい! 昔取ったナントカで、「こういうクルマは、ホントはオートマの方がいいんだけど……」なんて言いながらシフトをキメたりすると、渋い。たとえ独り言でも。
スカイラインクーペは、北米に軸足を置いた“大人の2枚ドア”。ハードボイルドな情景がよく似合う。


 
日産スカイラインクーペ350GTプレミアム(6MT)【ブリーフテスト】の画像

 
日産スカイラインクーペ350GTプレミアム(6MT)【ブリーフテスト】の画像

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
日本では、2003年1月16日に発売されたスカイラインクーペ。「Stylish and Performance」を商品のコンセプトにした、日産いうところの“プレミアムスポーツクーペ”である。北米では、上級ブランド「インフィニティ G35スポーツクーペ」として、先行販売された。
V6をフロントバルクヘッド直前に置くFM(フロントミドシップ)レイアウトをとるFR(後輪駆動)モデルとして、「スカイラインセダン」「フェアレディZ」につづく第3弾。エンジンは280psを発生する3.5リッターV6。クーペ専用チューンである。トランスミッションには、6段MTまたはシーケンシャルモード付き5段ATが用意される。
(グレード概要)
スカイラインクーペは、基本的に「350GT」のモノグレード。ただし、装備を奢った「プレミアム」仕様あり。装備の違いは、「革内装」「オーディオコントローラー付きステアリングホイール」「エアコン左右独立温度調整機能」「BOSEサウンドシステム」など。なお、スカイラインクーペは、オートマよりマニュアルモデルの方が14.0万円高い。MT車のホイールは18インチとなり、対向ピストンをもつブレンボ社製ブレーキが奢られる。また、リアにはビスカスLSDが標準装備される。


 
日産スカイラインクーペ350GTプレミアム(6MT)【ブリーフテスト】の画像

 
日産スカイラインクーペ350GTプレミアム(6MT)【ブリーフテスト】の画像

 
日産スカイラインクーペ350GTプレミアム(6MT)【ブリーフテスト】の画像

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
基本的にセダンのそれを踏襲するインパネまわり。機能面での不満はないが、革シボ調、ドット、アルカンタラ、ファブリック、メタル調パネルと、素材感、デザインの面からの統一感に欠けるのが残念。センターコンソール、ドアハンドル、スピーカーまわりに、チタン調の“加飾”処理が施されるのが、セダンとの違い。
オーディオのコントローラーを備えるステアリングホイールは、チルト(上下)調整が可能。その際、メータークラスターも一緒に動いて、計器類の視認性を確保する。ナビゲーションディスプレイが収納式なのは、おそらく防犯目的だろうが、運転中はたいてい武骨に飛び出したままとなる。あまりスマートとは思えないのだが……。
(前席)……★★★★★
本革とアルカンタラを用いた贅沢なスポーツシート。たっぷりとしたクッション、わざわざオシリと太股の部分を凹状にして、Uの字型にアルカンタラを使って、フィット感に留意する。上体のサポートもじゅうぶん。他社のパテントに触れるのを嫌ったか、電動スイッチは一般的なL型でなく、機能ごとにスイッチがわりふられる。ドライバーズシートは、スライドほか、シートごと前後2種類を基軸に角度調整可能。リクライニング、ランバーサポートは手動だ。
(後席)……★★
ふたりのためのクーペゆえ、後席は狭い。低く落とし込まれた座面、頭髪がリアガラスに触れるヘッドクリアランスのなさ。それでも大人がなんとか座れるだけのスペースは確保される。2人用の3点式シートベルトが備わる。助手席側のドアが開いていれば、助手席シートバックのレバーを引くだけで、背もたれを前に倒した助手席が前方にスライドするので、後席の乗降性がよくなる。
(荷室)……★★
ゴルフセットを2つ積めるというトランクだが、「“スポーツ”と“スタイル”を優先した」という日産の主張通り、狭い。床面最大幅は146cmとなかなかだが、かさばるマルチリンクサスを納めるためのホイールハウスがすぐに左右から大きく浸食、幅は95cmに縮まる。奥行きも95cm。オーディオ類が上部空間を食うため、実際に使える上下幅は30cmに満たない。荷室内にあるレバーをひくと、後席バックレストを一体に倒してのトランクスルーが実現する。ただ、ボディ剛性確保のためのブレーズ(補強材)が開口部を囲うため、開口部そのものが狭い。


 
日産スカイラインクーペ350GTプレミアム(6MT)【ブリーフテスト】の画像

 
日産スカイラインクーペ350GTプレミアム(6MT)【ブリーフテスト】の画像

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
ドロンとした回転フィールが排気量を感じさせるVQ35DEユニット。と書くと、いかにも鈍いエンジンのようだが、さにあらず。重々しいフィールとは裏腹に、スロットル操作に合わせてタコメーターの針はキレイに回り、シフトダウン時の回転合わせでは、「ズロン!」と迫力あるブリッピングを楽しめる。市販車もテスト車と同じフィールをもつならば、そうとうにいいエンジンだ。6MTは、3.5リッターにはもったいないほど細かく刻まれる。大トルクゆえ、タイムアタックをしているのでなければ、多少ずぼらなギアチェンジでも十分対応してくれる。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
タイヤの一転がりめから、ボディの高い剛性感をアピールするスポーツクーペ。低音を響かせるV6と合わせ、「ただ者でない」威圧感をもつ。乗り心地は重厚で、フラット。鍛えられた足まわりは、18インチホイールをもてあますことがない。
リアタイヤの直前に座るカタチになるフェアレディと比較して、ホイールベースが200mm長いスカイラインクーペは、乗員がセンター付近に位置する。ダイレクト感では譲るが、比較的穏やかな挙動で、“スポーティ”を堪能することができる。ステアリングフィールもいい。

(写真=高橋信宏)

 

【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2003年3月18日-19日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式: 2003年型
テスト車の走行距離 :7301km
タイヤ :(前)225/45R18 91W(後)245/45R18 96W(いずれもブリヂストンPotenza RE040)
オプション装備 :TV/ナビゲーションシステム(DVD)+ETCユニット(ビルトイン)(24.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態 :市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離 :567.7km
使用燃料:78.0リッター
参考燃費:7.3km/リッター

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スカイラインクーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 日産GT-Rプレミアムエディション(4WD/6AT)【試乗記】 2016.9.26 試乗記 進化し続ける「日産GT-R」。走行性能や快適性の改良だけでなく、内外装の変更も伴う、GT-R史上最大規模の改良を受けた2017年モデル(MY17)の実力やいかに? 装備が充実した「プレミアムエディション」に試乗した。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
ホームへ戻る