第9回:試乗は5分で十分?俺はマジメ過ぎたのか!?

2003.03.15 エッセイ

第9回:試乗は5分で十分?俺はマジメ過ぎたのか!?

小学館の辣腕編集者のH氏。とにかくクルマ集めが大変だったって。そりゃそーだ
小学館の辣腕編集者のH氏。とにかくクルマ集めが大変だったって。そりゃそーだ
国産車、輸入車の各インポーター様に「代表するスポーツカー」「ライフスタイルカー」をそれぞれ1台づつ集めてもらう。総勢62台! ほとんど年末のカー・オブ・ザ・イヤー試乗会状態やねん
国産車、輸入車の各インポーター様に「代表するスポーツカー」「ライフスタイルカー」をそれぞれ1台づつ集めてもらう。総勢62台! ほとんど年末のカー・オブ・ザ・イヤー試乗会状態やねん

先週、月刊『ラピタ』の大試乗会に行ってきました。大磯プリンスに総勢62台のクルマを集めて取材するBIGなもので、その日の俺の担当は「トヨタ・ハリアー」やら「アウディTTクーペ」やら実に20台!

「いったいどーやって1日で取材するの?」って思ったらビックリ。な、な、なんと!! 駐車場にコースを設定し、一台約5分の試乗。なんじゃそりゃ?
最初は驚いたんだけどね。でもそのうち慣れた。っていうかこういうのもアリなんじゃないかと思えてきた。

ルノーはルーテシアV6と同時にF1も持ってきていた!ってエンジン入ってないけどね。しかしシャシーは本物。昔、一回F1に乗ったことを思い出しました
ルノーはルーテシアV6と同時にF1も持ってきていた!ってエンジン入ってないけどね。しかしシャシーは本物。昔、一回F1に乗ったことを思い出しました
最初の方に乗ったMR-S。一日のノルマが20台。5分づつで良かった〜
最初の方に乗ったMR-S。一日のノルマが20台。5分づつで良かった〜

今まで試乗っていえば最低でも1時間、海外試乗だと2、3日、自分で買った場合は数年!?……ってのが当たり前と思ってたけど、普通の人ってのはたいてい試乗記に興味はないし、だいたいクルマの印象って最初の5分ぐらいでおおよそ決定する。

っていうかさ。それまでのイメージ、つまり思い込みが一番大切なんだよね。
だいたい乗って「硬い」「柔らかい」「カッコいい」「カッコ悪い」なんて正確に伝えられるわけないでしょう。すべては自分の中の相対値。経験のなかで語るしかない。

一番記憶に残ったのはメルセデス・ベンツのウニモグ。前進8段、後進8段の計16段(確か)。ギアチェンジだけで楽しい! スゲェくるまだ。
一番記憶に残ったのはメルセデス・ベンツのウニモグ。前進8段、後進8段の計16段(確か)。ギアチェンジだけで楽しい! スゲェくるまだ。

第9回:試乗は5分で十分?俺はマジメ過ぎたのか!?の画像

長く乗ってわかることってのもあるけど、一瞬の試乗でわかることもあるのかも?なんてね。ま、大抵のクルマに既に乗ってるから安心してたんだけど。

それから一番大事なのは「飽きないこと」。その点、これなら大丈夫。
あとね。例えば人物取材をした後、悲しくもノートをなくしてしまい、しかしそのほうがいい原稿を書けたってのはよくある話なのよ。人によってはインタビューを「自分の記憶だけでやる」って剛の者もいる。ヤリすぎな気もするけどね。

とにかく専門誌編集者じゃ思いも付かない試乗企画。どういうページが出来るか楽しみですよ。我ながら!

(文=小沢コージ/2003年3月17日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』