ベントレー「コンチネンタルGT」の価格発表

2003.03.13 自動車ニュース
 

ベントレー「コンチネンタルGT」の価格発表

ベントレーモーターズは、ニューモデル「コンチネンタルGT」の車両本体価格とエンジンの詳細について、2003年3月4日に発表した。



 

ベントレーのニューモデル「コンチネンタルGT」は、「グランドツーリングの伝統とベントレーのクラフトマンシップ」を融合したと謳われる4座の2ドアクーペ。デザインコンセプトモデルは、2002年の「パリサロン」や2003年1月の「デトロイトショー」などのモーターショーでお披露目されたが、2003年3月に開催された「ジュネーブモーターショー」にて、ついに市販モデルを初公開。合わせて、価格とエンジンスペックが発表された。



 

コンチネンタルGTの車両本体価格は、日本円で1990.0万円。ベントレーの現行ラインナップでは、もっとも低価格な「アルナージR」が2785.0万円。同じコンチネンタルの名を冠するクーペ「コンチネンタルT」は3950.0万円である。新型コンチネンタルGTは、ベントレーにしては“低価格”ともいえる。
価格が発表された時点で、世界中から3000台以上、日本からは90台以上の予約を受けたという。イギリスでは、2003年10月に初めての納車を開始。日本へのデリバリーは、2004年春が予定される。


英国クルー工場でつくられる、6リッターW12気筒ツインターボエンジン
 

エンジンは、6リッターW12をKKK製ツインターボで過給。560ps/6100rpmの最高出力と66.3kgm/1600rpmの最大トルクを発生し、0-100km/hが4.8秒、最高速度は300km/h以上に達するという。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • メルセデス・マイバッハS650カブリオレ(その2) 2016.11.17 画像・写真 独ダイムラーがLAショー2016で公開した「メルセデス・マイバッハS650カブリオレ」。このスペシャルな4シーターオープンは、2017年の春に300台限定で30万ユーロ(約3510万円、1ユーロ=117円で換算)で発売される。その姿を画像で紹介。
  • アストンマーティン、600psの新型「ヴァンキッシュS」を発表 2016.11.16 自動車ニュース 英アストン・マーティンは2016年11月16日(現地時間)、新たなフラッグシップクーペとなる新型「ヴァンキッシュS」を発表した。従来モデルの「ヴァンキッシュ」からエンジン、シャシー、エアロダイナミクスが見直され、走行性能が強化されている。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る