ベントレー「コンチネンタルGT」の価格発表

2003.03.13 自動車ニュース
 

ベントレー「コンチネンタルGT」の価格発表

ベントレーモーターズは、ニューモデル「コンチネンタルGT」の車両本体価格とエンジンの詳細について、2003年3月4日に発表した。



 

ベントレーのニューモデル「コンチネンタルGT」は、「グランドツーリングの伝統とベントレーのクラフトマンシップ」を融合したと謳われる4座の2ドアクーペ。デザインコンセプトモデルは、2002年の「パリサロン」や2003年1月の「デトロイトショー」などのモーターショーでお披露目されたが、2003年3月に開催された「ジュネーブモーターショー」にて、ついに市販モデルを初公開。合わせて、価格とエンジンスペックが発表された。



 

コンチネンタルGTの車両本体価格は、日本円で1990.0万円。ベントレーの現行ラインナップでは、もっとも低価格な「アルナージR」が2785.0万円。同じコンチネンタルの名を冠するクーペ「コンチネンタルT」は3950.0万円である。新型コンチネンタルGTは、ベントレーにしては“低価格”ともいえる。
価格が発表された時点で、世界中から3000台以上、日本からは90台以上の予約を受けたという。イギリスでは、2003年10月に初めての納車を開始。日本へのデリバリーは、2004年春が予定される。


英国クルー工場でつくられる、6リッターW12気筒ツインターボエンジン
 

エンジンは、6リッターW12をKKK製ツインターボで過給。560ps/6100rpmの最高出力と66.3kgm/1600rpmの最大トルクを発生し、0-100km/hが4.8秒、最高速度は300km/h以上に達するという。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • 「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車 2017.2.7 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」が登場。よりレーシーなイメージで内外装をドレスアップした限定モデルで、販売台数は世界限定1000台。日本へは5台のみが導入される。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る