ベントレー「コンチネンタルGT」の価格発表

2003.03.13 自動車ニュース
 

ベントレー「コンチネンタルGT」の価格発表

ベントレーモーターズは、ニューモデル「コンチネンタルGT」の車両本体価格とエンジンの詳細について、2003年3月4日に発表した。



 

ベントレーのニューモデル「コンチネンタルGT」は、「グランドツーリングの伝統とベントレーのクラフトマンシップ」を融合したと謳われる4座の2ドアクーペ。デザインコンセプトモデルは、2002年の「パリサロン」や2003年1月の「デトロイトショー」などのモーターショーでお披露目されたが、2003年3月に開催された「ジュネーブモーターショー」にて、ついに市販モデルを初公開。合わせて、価格とエンジンスペックが発表された。



 

コンチネンタルGTの車両本体価格は、日本円で1990.0万円。ベントレーの現行ラインナップでは、もっとも低価格な「アルナージR」が2785.0万円。同じコンチネンタルの名を冠するクーペ「コンチネンタルT」は3950.0万円である。新型コンチネンタルGTは、ベントレーにしては“低価格”ともいえる。
価格が発表された時点で、世界中から3000台以上、日本からは90台以上の予約を受けたという。イギリスでは、2003年10月に初めての納車を開始。日本へのデリバリーは、2004年春が予定される。


英国クルー工場でつくられる、6リッターW12気筒ツインターボエンジン
 

エンジンは、6リッターW12をKKK製ツインターボで過給。560ps/6100rpmの最高出力と66.3kgm/1600rpmの最大トルクを発生し、0-100km/hが4.8秒、最高速度は300km/h以上に達するという。

(webCGオオサワ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • 第3回:ただ速いだけじゃない
    「ジャガーFタイプSVR」の真価とは?
    2017.2.28 特集 最高出力575ps、最大トルク71.4kgmを発生する、「ジャガーFタイプ」のトップグレード「SVR」。専用の空力パーツとさらに引き締められた足まわりを持つこのモデルは、絶対的な動力性能以外の点でも、大きな存在感を放っていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る