ベントレー「コンチネンタルGT」の価格発表

2003.03.13 自動車ニュース
 

ベントレー「コンチネンタルGT」の価格発表

ベントレーモーターズは、ニューモデル「コンチネンタルGT」の車両本体価格とエンジンの詳細について、2003年3月4日に発表した。



 

ベントレーのニューモデル「コンチネンタルGT」は、「グランドツーリングの伝統とベントレーのクラフトマンシップ」を融合したと謳われる4座の2ドアクーペ。デザインコンセプトモデルは、2002年の「パリサロン」や2003年1月の「デトロイトショー」などのモーターショーでお披露目されたが、2003年3月に開催された「ジュネーブモーターショー」にて、ついに市販モデルを初公開。合わせて、価格とエンジンスペックが発表された。



 

コンチネンタルGTの車両本体価格は、日本円で1990.0万円。ベントレーの現行ラインナップでは、もっとも低価格な「アルナージR」が2785.0万円。同じコンチネンタルの名を冠するクーペ「コンチネンタルT」は3950.0万円である。新型コンチネンタルGTは、ベントレーにしては“低価格”ともいえる。
価格が発表された時点で、世界中から3000台以上、日本からは90台以上の予約を受けたという。イギリスでは、2003年10月に初めての納車を開始。日本へのデリバリーは、2004年春が予定される。


英国クルー工場でつくられる、6リッターW12気筒ツインターボエンジン
 

エンジンは、6リッターW12をKKK製ツインターボで過給。560ps/6100rpmの最高出力と66.3kgm/1600rpmの最大トルクを発生し、0-100km/hが4.8秒、最高速度は300km/h以上に達するという。

(webCGオオサワ)

関連キーワード:
コンチネンタルGTベントレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「ベントレー・コンチネンタルGT」日本上陸 2017.12.19 自動車ニュース ベントレー モーターズ ジャパンは2017年12月19日、新型「コンチネンタルGT」を報道陣にお披露目した。日本国内での価格は2530万円で、2018年の第3四半期にデリバリーが開始される予定。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • 「フランクフルトショー2017」の会場から(ベントレー/ブガッティ) 2017.9.15 画像・写真 2017年のフランクフルトショーに、ベントレーは新型「コンチネンタルGT」を出展した。ブラッシュアップされたW12エンジンは、最高出力が635ps、最大トルクは900Nmに達している。1500psを誇るブガッティの「シロン」とともに写真で紹介する。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2018.1.4 試乗記 発売以来、好調なセールスが伝えられる新型「日産リーフ」。充電の手間や航続距離など、さまざまな課題もあるEVの中で、多くの支持を集めるのはなぜか。クローズドコースと一般道で試乗し、その価値について考えた。
ホームへ戻る