VW「ルポGTIカップカー」受注開始

2003.03.11 自動車ニュース

VW「ルポGTIカップカー」受注開始

フォルクスワーゲングループジャパンは、2003年から始まるレースシリーズ「ルポGTIカップジャパン」用のスペシャルモデル「ルポGTIカップカー」の受注を、2003年3月12日より開始する。価格は、ノーマルモデルの129.6万円高、279.5万円。

「ルポGTIカップカー」は、日本未導入の高性能版「ルポGTI」に、ロールケージやサスペンションキットなどレース用装備を付与したモデルだ。
心臓部の1.6リッター直4 DOHCエンジンが搾り出すパワーは125ps/6500rpm、トルクは15.5kgm/3000rpm。トランスミッションは6段マニュアルで、ステアリング位置は、幅広くレース参戦の機会を提供するため、当初予定されていた左ハンドルではなく、右ハンドル仕様となった。

同車のワンメイクレースシリーズ「ルポGTIカップジャパン」参戦希望者にのみ販売。5月の開幕戦までに、最低20台が用意されるという。

なお同シリーズは、ドライバーの過去の戦績に応じて「エキスパートクラス」か「クラブマンクラス」を選ぶことができる。年5戦、全国のサーキットを転戦し行われる。

レース、車両などに関する問い合わせ先は、VTA(フォルクスワーゲン・トロフィー・アソシエィション。電話0465-80-0820)まで。

●「ルポGTIカップジャパン2003」レーススケジュール
第1戦 5月18日 茨城:筑波サーキット
第2戦 6月22日 栃木:ツインリンクもてぎ
第3戦 7月5日、6日 三重:鈴鹿サーキット
第4戦 8月24日 山口:セントラルパークMINEサーキット
第5戦 9月14日 静岡:富士スピードウェイ

●GTIカップカー専用装備
6点式ロールケージ、4点式シートベルト、前後フードロックピン、前後牽引フック、前後車高調整式サスペンションキット、前後レーシングブレーキパッド、7Jx15インチアルミホイール、レース専用タイヤ(ADVAN A048 195/50R15 82V Mコンパウンド)

(webCG 本諏訪)

「フォルクスワーゲングループジャパン」:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
VW「ルポGTIカップカー」受注開始の画像

関連キーワード:
ルポフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロ1.0 TSIハイライン(FF/7AT)【海外試乗記】 2017.9.29 試乗記 成長したのはボディーサイズだけにあらず。6代目となる「フォルクスワーゲン・ポロ」がいよいよ登場。“MQB”世代のコンポーネンツが用いられた新型は、Bセグメントのスタンダードを塗り替えるほどの実力を持ち合わせていた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗速報】 2010.6.4 試乗記 フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)
    ……273.0万円

    5代目「ポロ」の大本命、1.2リッターTSI搭載モデルが日本上陸。まずは上級モデルの走りを、箱根で試した。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
ホームへ戻る