VW「ルポGTIカップカー」受注開始

2003.03.11 自動車ニュース

VW「ルポGTIカップカー」受注開始

フォルクスワーゲングループジャパンは、2003年から始まるレースシリーズ「ルポGTIカップジャパン」用のスペシャルモデル「ルポGTIカップカー」の受注を、2003年3月12日より開始する。価格は、ノーマルモデルの129.6万円高、279.5万円。

「ルポGTIカップカー」は、日本未導入の高性能版「ルポGTI」に、ロールケージやサスペンションキットなどレース用装備を付与したモデルだ。
心臓部の1.6リッター直4 DOHCエンジンが搾り出すパワーは125ps/6500rpm、トルクは15.5kgm/3000rpm。トランスミッションは6段マニュアルで、ステアリング位置は、幅広くレース参戦の機会を提供するため、当初予定されていた左ハンドルではなく、右ハンドル仕様となった。

同車のワンメイクレースシリーズ「ルポGTIカップジャパン」参戦希望者にのみ販売。5月の開幕戦までに、最低20台が用意されるという。

なお同シリーズは、ドライバーの過去の戦績に応じて「エキスパートクラス」か「クラブマンクラス」を選ぶことができる。年5戦、全国のサーキットを転戦し行われる。

レース、車両などに関する問い合わせ先は、VTA(フォルクスワーゲン・トロフィー・アソシエィション。電話0465-80-0820)まで。

●「ルポGTIカップジャパン2003」レーススケジュール
第1戦 5月18日 茨城:筑波サーキット
第2戦 6月22日 栃木:ツインリンクもてぎ
第3戦 7月5日、6日 三重:鈴鹿サーキット
第4戦 8月24日 山口:セントラルパークMINEサーキット
第5戦 9月14日 静岡:富士スピードウェイ

●GTIカップカー専用装備
6点式ロールケージ、4点式シートベルト、前後フードロックピン、前後牽引フック、前後車高調整式サスペンションキット、前後レーシングブレーキパッド、7Jx15インチアルミホイール、レース専用タイヤ(ADVAN A048 195/50R15 82V Mコンパウンド)

(webCG 本諏訪)

「フォルクスワーゲングループジャパン」:
http://www.volkswagen.co.jp/

 
VW「ルポGTIカップカー」受注開始の画像

関連キーワード:
ルポフォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に充実装備の特別仕様車 2018.6.8 自動車ニュース 「フォルクスワーゲン・ゴルフGTI」に、充実した装備が魅力の特別仕様車「ダイナミック」が登場した。MT仕様とDSG仕様の両方が用意されるが、前者については販売台数は100台のみ。またMTモデルのゴルフGTIはこれが最終仕様となる。
  • フォルクスワーゲンから新型「ポロGTI」が登場 2018.6.8 自動車ニュース フォルクスワーゲンが新型「ポロGTI」を日本に導入。新型の2リッター直4直噴ターボエンジンを搭載しており、200psの最高出力と320Nmの最大トルクを発生。トランスミッションは6段DSGで、トルクベクタリング機能や可変ダンパーなどが標準装備される。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
ホームへ戻る