【スペック】X(FF):全長×全幅×全高=4550×1695×1590mm/ホイールベース=2750mm/車重=1330kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/車両本体価格=168.8万円(テスト車=206.0万円)

トヨタ・ウィッシュX(FF/4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ウィッシュX(FF/4AT) 2003.03.07 試乗記 ……206.0万円総合評価……★★

大人気ない……

欧州市場を意識して3ナンバーサイズに成長した「イプサム」と、“ときどき3列シート”の「カローラ スパシオ」との狭間を埋めるべく誕生した5ナンバーサイズのコンパクトミニバンがこのクルマ。と紹介したいところだが、開発陣は「このクルマを“ミニバン”と呼んで欲しくない」とおっしゃる。確かに定員は7名だが、「走りは軽快で1人乗りでもサマになる、“これさえあれば大丈夫CAR”」が、ウィッシュの基本コンセプトであるそうな。
要するに、好評を博したホンダ「ストリーム」の直接的なライバルとして登場したのがウィッシュだ。ただし、大のトヨタが丸2年以上の“あと出し”をした挙句、見た目の印象をここまで似せて登場させる、大人気のなさはどうかと思うが……。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
ウィッシュは2003年1月20日にデビュー。中型セダン「プレミオ/アリオン」のプラットフォームに“スタイリッシュ”を謳うモノフォルムのボディを被せた、3列シート7人乗りのピープルムーバーである。
グレードは、132psと17.3kgm(4WDは125psと16.4kgm)を発する、1.8リッター直4DOHC(1ZZ-FE)を積む「1.8X」(2WD/4WD)のモノグレード。これに、収納やスピーカーなどの装備を省いた廉価版「Eパッケージ」(FFのみ)と、アルミホイールや本革巻ステアリングホイールなどを奢った豪華版、「Sパッケージ」(FF/4WD)が用意される。
(グレード概要)
1.8X、モノグレードのウィッシュ。装備は基本的に充実しており、オートエアコン、CDプレーヤー付きAM/FMラジオ+4スピーカーなどが標準で備わる。2WDと4WDが用意され、4WD車は、リアがディスクブレーキ、3列目シートにヒーターダクトが備わる(寒冷地仕様は、2WDも3列目ヒーターダクト付き)。
上級パッケージオプション「Sパッケージ」装着車との違いは、エアロバンパーやサイドマットガードが装着されず、アルミホイールがスチールホイール+キャップになるなど。インテリアは、助手席シートバックテーブルが省かれるほか、本革巻ステアリングホイールとシフトノブが本革仕様ではない。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
デザイン担当者が「パーソナル感を強調した」と主張するダッシュボードの造形。だが、実際はファミリーカー的な雰囲気が強く感じられる。センターパネル上部に設けられた2DINスペース(テスト車では、ナビのディスプレイが設置される)が、そんな感覚をもたらすのかもしれない。特徴が“ありそでなさそな”デザインだ。メーターは、スポーティな3連丸型をモチーフにするものの、位置が低めでメーターを読み取るための見下ろし角が大きいことが、ちょっと気になる。
インパネに備わるゲート式のATセレクターは、使い勝手の賛否が分かれそうだ。前進モード内での操作はしやすい一方、「P」から「R」、「R」から「D」への移動が直線的に行えない点に、抵抗ある人がいるかもしれない。
後席用エアコンは装備されないが、ダッシュセンターの中央上部に口を開いた吹き出し口が、冷気を効果的に後席に導くという。
(前席)……★★★
ドライバーズシートに腰をおろすと、確かに“ミニバン感覚”は薄いと感じられる。ヒップポイントは、ヴィッツと較べて20mmアップに過ぎないというし、ペダル類やステアリングホイールのレイアウトも含め、いわゆるミニバンよりずっと通常のセダン感覚に近い。シートの着座感はまずまず。ワインディングロードを「ちょっと飛ばす」程度では、ホールド感も十分。レバー式のリフターも嬉しい装備だ。
(2列目シート)……★★★
ライバル車のつくりを相当意識したと思われるのがこの部分。すなわち、ストリームのそれを凌ぐ居住性の実現が、ウィッシュの2列目/3列目シートでの居心地だ。2列目シートは、足元にも頭上にもそれなりに余裕ある空間が確保されている。
(3列目シート)……★★★
3列目シートは、いかにも“緊急用”のストリームに較べるとかなり真っ当である。しかし、そうした追求をするほどに、“ミニバン風味”が強まっていく印象がなきにしもあらず。「吹っ切れのよさ」ではストリームの勝ち。
(荷室)……★★★★
サードシートは、シートバック前倒し操作と共にクッションが沈み込み、ワンタッチで凹凸のない荷室フロアができ上がる仕組み。2列シートが本来の姿と考えると、つまり通常は3列目を折り畳んでおくと考えれば、荷物用のスペースは十分だ。フロアボード下のサブトランクも、使いでのあるボリューム。日本での一般的な使用法を考えると、絶対容量の大小より使い勝手のよさの方が嬉しい。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
外見からは想像しにくいが、ハードウェア的には「プレミオ/アリオンがベース」というウィッシュ。パワーパックも両モデルから譲り受けたもの。すなわち、4気筒DOHC16バルブ「1ZZ-FE」+4段ATの組み合わせだ。ちなみに、デビュー当初は1.8リッターユニットのみのラインナップだが、2リッターモデルが「2003年春ごろ発売予定」とアナウンスされる。
決してスポーティに走りまわるとはいかないが、謳い文句である“軽快な走り”の印象はそれなりにある。FWD仕様の場合、(プレミオ/アリオンと較べた)重量増による加速の劣化もさほど実感できない。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★
率直にいうと、「悪くはないが味が無い」。これがぼくの抱いたウィッシュのフットワークの印象である。すくなくとも、ストリームがデビューした時に抱いた、3列シート車の常識を覆す感動的なまでにスポーティなテイストを、このクルマから感じ取ることはできなかった。FWDモデルのブレーキは、ペダルタッチ、効き味ともに優秀。ちなみに、重量が増す4WD仕様はリアブレーキがドラムからディスクになるが、それでも「平均レベル」に留まる。

(写真=清水健太)

【テストデータ】

報告者:河村康彦
テスト日:2003年2月17日から19日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:4718km
タイヤ:(前)195/65R15(後)同じ
オプション装備:SRSサイドエアバッグ(フロントシート)&SRSカーテンシールドエアバッグ(フロント・セカンドシート)+盗難防止システム(エンジンイモビライザーシステム)=9.5万円/DVDボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーション(6.5型液晶ワイドマルチディスプレイ+MD/CD一体AM/FMマルチ電子チューナー付きラジオ+6スピーカー)+ガラスアンテナ(ダイバシティ・TV用)バックガイドモニター&ブラインドコーナーモニター+ステアリングスイッチ=30.4万円/ラジオレス+4スピーカー=−2.7万円
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(4):高速道路(4):山岳路(2)
テスト距離:226.2km
使用燃料:27.8リッター
参考燃費:8.1km/リッター


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタ・アルファードSR“Cパッケージ”(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.27 試乗記 好調なセールスが伝えられる、トヨタのミニバン「アルファード」。人気の秘密はどこにあるのか? ハイブリッドの上級モデルに試乗して、そのポイントを探った。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • 「レクサスNX」にブラックで引き締めた特別仕様車 2016.11.24 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月24日、レクサスブランドのコンパクトSUV「NX」に特別仕様車「Urban Style」を設定し、販売を開始した。「Iパッケージ」グレードをベースに、ブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールが採用されている。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
ホームへ戻る