トヨタ&レクサスと日産ブース【ジュネーブショー03】

2003.03.07 自動車ニュース
【ジュネーブショー2003】トヨタ&レクサスと日産ブース

【ジュネーブショー2003】トヨタ&レクサスと日産ブース

2003年3月4日、スイスはジュネーブで開かれるモーターショー、「ジュネーブ73rdインターナショナルモーターショー」が開幕した。モータリングジャーナリストの生方聡による、トヨタ&レクサスブランドと、日産自動車の様子を報告する。


赤をテーマにデザインされたトヨタブース

【ジュネーブショー2003】トヨタ&レクサスと日産ブース

■ブランドカラーを明確に、トヨタ/レクサス

スイスで行われるため“地元メーカー”がないジュネーブショーでは、日本の自動車メーカーがヨーロッパ勢に肩を並べる大規模ブースを展開するのも珍しくない。なかでも、とくに勢いがあるのがトヨタ。「TOYOTA」のロゴと同じ赤をテーマにブースをつくり、若々しくスポーティな雰囲気をつくりあげているのがトヨタブランドだ。一方、トヨタの高級車ブランドであるレクサスは、ベージュ基調の色づかいで、落ち着いた雰囲気を演出している。

展示されるモデルのなかに、いわゆる“ワールドプレミア”はないが、トヨタのメッセージを伝える重要なモデルはいくつかあった。たとえば、2003年1月の「デトロイトショー」で披露された「FINE-S」は、水素で走る燃料電池車でありながら、そのスポーティなスタイリングや高いパフォーマンスにより、環境問題への取り組みとドライビングプレジャーの両立を目指す。スポーツといえば、モータースポーツの最高峰、F1の2003年シーズンに参戦するためのマシーン、「TF103」もトヨタブース内に展示された。


トヨタ「アヴェンシス」

【ジュネーブショー2003】トヨタ&レクサスと日産ブース

ヨーロッパでデザインから開発まで行なわれたモデル、新型「AVENSIS」(アヴェンシス)は、日本人の目には新鮮なクルマだ。セダン、リフトバック、ワゴンの3タイプが用意され、最新の排ガス規制に対応したディーゼルエンジンを搭載するところなど、ヨーロッパ生まれのクルマらしい。日本にも2003年後半に導入されるとのことだ。
レクサスでは、「RX330」(日本名:ハリアー)がヨーロッパデビュー。SUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)カテゴリーが元気なヨーロッパだけに、大いに期待できそうだ。


日産のコンセプトカー「エヴァリア」

【ジュネーブショー2003】トヨタ&レクサスと日産ブース

■日産のコンセプトカー「エヴァリア」

会場内では、ルノーと軒を連ねる日産。ルノーが「セニック」や「メガーヌ・カブリオレ」を紹介するプレスコンファレンスで盛り上がりを見せていたのとは対照的に、日産はプレスコンファレンスを実施せず、黙々と展示をする印象である。しかし、コンセプトカー「EVALIA」(エヴァリア)をはじめ、ヨーロッパデビューとなる「350Z」や、すでにイギリスで販売がはじまり好調な「Micra」(マイクラ、日本名マーチ)を展示して、その元気のよさをアピールする。

エヴァリアは、クーペのようなスポーティさを備えながら、実は4ドア+テールゲートによって高い実用性を目指したデザインスタディである。ロンドンにある、日産のデザインスタジオで仕上げられたこのクルマには、電動のサイドドアが与えられるが、その動きは実にユニークだ。前後とも、いったん外側に押し出されたあと、それぞれが反対側にスライドするように動いていくのだ。Bピラーがないことも手伝って、リヤシートへのアクセスは4ドア車に劣らない。比較的コンパクトなボディながら、室内スペースを十分に確保したことや、球をモチーフにしたインテリアデザインなど、見るべきところも多い。




【ジュネーブショー2003】トヨタ&レクサスと日産ブース

ところで、ヨーロッパではディーゼルエンジンのラインアップが販売に大きな影響を与える。日産では従来、ルノー製の1.5リッターコモンレール式直噴ディーゼル(82ps)を「ALMERA」(アルメーラ)に搭載していたが、この春から、1.5リッター(65ps)、1.9リッター(120ps)、そして2.2リッター(111ps/136ps/139ps)を追加。車種もマイクラ、「Almera Tino」(アルメーラ ティーノ)、「Primera」(プリメーラ)に拡大する。これにより、ヨーロッパ市場でのシェア拡大に弾みをつけたいところだ。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。