ホンダとマツダブース【ジュネーブショー03】

2003.03.07 自動車ニュース
【ジュネーブショー2003】ホンダとマツダブース

【ジュネーブショー2003】ホンダとマツダブース

2003年3月4日、スイスはジュネーブで開かれるモーターショー、「ジュネーブ73rdインターナショナルモーターショー」が開幕した。ホンダは「アコード」のコンセプトモデルや、新開発のディーゼルエンジンを出品。マツダは、新型「ファミリア」を展示する。モータリングジャーナリストの生方聡による報告。




【ジュネーブショー2003】ホンダとマツダブース

■派手なアコードのコンセプト

 ホンダブースではこのアコードをメインに展示が行なわれている。アコードセダンとワゴンに加えて、コンセプトモデルであるアコード「MUSCLE-TEC DESIGN」を披露。加えて、ホンダが進めている環境技術、たとえば燃料電池車の「FCX-V4」や、ハイブリッドシステム「IMA」を搭載する「シビックIMA」、自製のディーゼルエンジンなどを紹介する。
コンセプトモデルのMUSCLE-TEC DESIGNは、一見して量産タイプと区別できる派手なスタイルが特徴だ。アグレッシブな印象のフロントバンパーやディフューザー付のリヤバンパー、19インチホイールなどを装着。そして、カーボンファイバー製のエアロパーツが、ただのアコードではないことを主張する。インテリアにはアルミニウムや本革、アルカンタラといった素材を巧みに組み合わせることによって、さらにスポーティな雰囲気をつくりあげているのだ。




【ジュネーブショー2003】ホンダとマツダブース

そして注目は、ホンダとしては初となる自製のディーゼルエンジンだ。「i-CTDi」とよばれるシリーズの第1弾は、オールアルミの2.2リッター直列4気筒で、コモンレール式の直噴システムや4バルブヘッドによって、Euro4の排ガス規制をクリア。最高出力は140ps以上、最大トルクも34.7kgm以上というスペックを目指す。今回は紹介だけとなるが、今後アコードやCR-Vへの搭載が予定される。


マツダ「MX Sportif」

【ジュネーブショー2003】ホンダとマツダブース

■新型「ファミリア」で“ZOOM-ZOOM”

日本国内だけなく、ワールドワイドで“ZOOM-ZOOM”を展開するマツダ。もちろん彼らのプレスコンファレンスやブースでも、あの耳慣れたメロディとフレーズが流れている。
2003年は、「RX-8」や「Mazda2」(日本名:デミオ)がヨーロッパ初お目見えとなるが、それ以上に見逃せないのが今回展示されたデザインスタディである。2002年は、日本国内発売直前のデミオがスタディモデルとして披露されたが、今回は次期ファミリアと目される「Mazda MX Sportif」をステージに見ることができる。




【ジュネーブショー2003】ホンダとマツダブース

MX Sportifは、全長4530×全幅1760×全高1450mm、ホイールベース2640mmというサイズの5ドアハッチバック。現行のファミリアより明らかに大きなボディで、コンパクトクラスからの脱皮を図ろうとしているのがわかる。デザインを特徴づけるフロントグリルやヘッドランプ、テールランプなどには、アテンザから始まったマツダの新しいデザインが受け継がれた。インテリアについても同じことがいえるが、アテンザに較べると、よりスポーティな印象を打ち出したのが違いといえる。
スタディのノーズに収まるのは、2リッターの「MZR」ユニット。前輪を駆動する。サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアはマルチリンクで、最近のマツダらしいスポーティなハンドリングが期待できる。
なお、マツダによれば、18カ月以内にこのモデルを量産化するとのことだ。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。