スズキ、三菱ブース【ジュネーブショー03】

2003.03.07 自動車ニュース
【ジュネーブショー2003】スズキ、三菱ブース

【ジュネーブショー2003】スズキ、三菱ブース

2003年3月4日、スイスはジュネーブで開かれるモーターショー、「ジュネーブ73rdインターナショナルモーターショー」が開幕した。スズキは、“ジュニアWRC”と呼ばれる「スーパー1600」クラスのラリーカーなど、スポーツカーを多数展示。三菱は、ダイムラー・クライスラーグループのなかにブースを構え、「コルト」のオープンモデルたる「CZ2カブリオレ」を出品する。




【ジュネーブショー2003】スズキ、三菱ブース

■スポーツモデルが目白押し

 スズキのブースには、限られたスペースのなかに、プロトタイプの「コンセプトS」をはじめ、「Ignis Super 1600」(イグニス)「Ignis Sport」、「Liana Sport」(リアナ)といったスポーツモデルが目白押しである。
若手のラリードライバーを育成するためにスタートした、WRCの“スーパー1600”。2003年から“ジュニアWRC”と呼ばれるようになったこのシリーズに、スズキは2002年から「Ignis」(日本名:スイフト)で参戦。03年も継続して参戦することを表明し、現在4チームが「Ignis Super 1600」で奮闘を続けている。すでにモンテカルロとトルコが終了したが(モンテカルロはWRCと同時開催)、マシーン戦闘力は十分に確認されているとのことだ。




【ジュネーブショー2003】スズキ、三菱ブース

その流れをダイレクトに受け継ぐ市販モデルが、「Ignis Sport」である。エクステリアでは、ボリュームのある前後バンパーやルーフスポイラーが、スポーティな雰囲気を盛り上げる。インテリアも、レカロと共同開発したフロントのバケットシートが、ドライバーをその気にさせてくれる。もちろん、Ignis Sportはデザインだけのクルマではなく、パワートレインにも手が加えられた。
エンジンは1.5リッターのままだが、専用のチューンが与えられたおかげで最高出力109ps/6500rpm、最大トルク14.2kgm/4000rpmの性能を手に入れた。組み合わせられる5段マニュアルはギア比をクロースにして、さらにスポーツ性を高めている。
このほかにもLiana(日本名:エリオ)Sportや、2004年に市販を目指しているコンセプトSなど、スズキのスポーツイメージを高めるにふさわしい演出に溢れていた。




【ジュネーブショー2003】スズキ、三菱ブース

■コルトのオープンモデル「CZ2カブリオレ」

三菱のブースは、ダイムラー・クライスラー・グループの展示エリアにある。とくに広いスペースではないが、「コルト」ベースのコンセプトカーからヨーロッパデビューの「Outlander」(アウトランダー)、さらにはラリーカーまで、さまざまなクルマが所狭しと並べられた。そのなかで目立つ存在となるのが、「CZ2カブリオレ」である。

CZ2は、いわずと知れたコルトのこと。その名の通り、オープン仕様がCZ2カブリオレである。年内にも量産モデルが発売される予定であり、デザインスタディとして一足先にジュネーブでのお披露目となった。


手前に見えるのは「アウトランダー」

【ジュネーブショー2003】スズキ、三菱ブース

4人乗りのコンパクトなカブリオレには、最近流行の格納式メタルトップではなく、昔ながらのキャンバストップが備わる。三菱が目指した“カジュアルでシックな”カブリオレには、キャンバストップのほうがふさわしいという判断からだ。
ショーモデルには、温かみのある色づかいのインテリアに加えて、イタリアのファッションブランドである「マンダリナダック」のバッグがドアトリムに取り付けられるなど、ユニークな工夫が各所に凝らされた。このまま市販してほしい内容である。
このほかにも、ヨーロッパデビューとなるOutlander(日本名:エアトレック)や、すでに発表済みのコンパクトオープンスポーツカー「Tarmac Spider」(ターマックスパイダー)がブースを賑わる。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。