スバルとダイハツのブース【ジュネーブショー03】

2003.03.07 自動車ニュース
【ジュネーブショー2003】スバルとダイハツのブース

【ジュネーブショー2003】スバルとダイハツのブース

2003年3月4日、スイスはジュネーブで開かれるモーターショー、「ジュネーブ73rdインターナショナルモーターショー」が開幕した。スバルは、400psを発するフラット6ツインターボを積む、4ドアクーペのコンセプトカー「B11S」、ダイハツは“和”を演出しながら、コンパクトカー「CUORE」(クオーレ)を出品する。モータリングジャーナリスト生方聡による報告。




【ジュネーブショー2003】スバルとダイハツのブース

■スバルの“新しい一歩”

伝統の水平対向エンジンと、フルタイム4WDによる左右対称のパワートレインが生み出すアドバンテージを常に訴えてきたスバル。その一例がラリーシーンでの活躍であることはいうまでもない。
今回のジュネーブショーでは、量産モデルやラリーカーに加えて、4ドアクーペのデザインスタディを出展、コンセプトカーの「B11S」だ。これにより、また新しい一歩を踏み出そうとしている。

B11Sは、“グランド・ユーティリティ・ツーリスモ”というコンセプトに基づいてつくられたクルマ。その意味するところは、「ドライビングプレジャーと快適性、機能性、さらにエレガンスをすべて備えているクルマ」ということ。それを実現するためには、スバルが誇るパワートレインが不可欠だった。
デザイン上の大きな特徴は、クーペのような洗練されたスタイルを持ちながら、4人が快適に乗車できるようにBピラーを廃し、リヤヒンジのリヤドアを設けたことだ。このやり方は、マツダ「RX-8」と同様の手法である。フロントマスクは、飛行機を手がける同社だけに、小型ジェットのタービンをモチーフにしたデザインという。

全長×全幅×全高=4785×1935×1370mmのゆったりとしたボディを、ストレスなく加速させるのは、3リッター水平対向6気筒のツインターボエンジンだ。新開発のパワーユニットは、400ps/6400rpm、51.0kgm/3600〜4800rpmを誇り、電子制御の5段オートマチックとフルタイム4WDによって、余すことなく路面に伝えられるのだ。
かつて、「アルシオーネ」や「SVX」といったスペシャルティカーでファンを喜ばせたスバルだけに、B11Sのようなモデルが実現することを祈る。


紅白の垂れ幕が下がるダイハツブース

【ジュネーブショー2003】スバルとダイハツのブース

■コンパとカーづくりの強さをアピール

日本の自動車メーカーのなかでは、わりとこぢんまりとしたブースで展示を行なうのがダイハツである。しかし、ユニークさという点では、おそらく日本勢のなかで一番。日本ならではのアイテム、たとえば、障子や紅白の幕をブースに飾り、ブレスコンファレンスでは剣道を披露。さらに和服の日本人女性を配置して、樽入りの日本酒を升で振る舞うなど、徹底した演出には感心させられた。

そんなダイハツが展示したクルマに、とくに目新しいものはなかったが、メインの展示になったのが「CUORE」(クオーレ)。、日本の「ミラ」にあたるモデルである。
クオーレは、軽自動車が優遇される日本だけでなく、コンパクトさと広い室内スペース、良好な燃費がウケて、ここヨーロッパでも人気がある。ただ日本と違って、排気量を自由に設定できることから、日本よりも大きなエンジンが搭載されてきた。
実際、この新型クオーレにも、1リッターの直列3気筒DOHCエンジンが採用される。そのスペックは、最高出力58ps、最大トルク9.3kgmで、EUの計測モードにおける100kmあたりの燃料消費量は、5段マニュアルで4.8リッター、4段オートマチックでも5.9リッターという優れた値を誇るから、その人気の理由がわかる。

ダイハツはクオーレに加えて、「コペン」も展示する。コンパクトながら、電動格納式のメタルトップを備えるオープン2シーターは、まさにコンパクトカーを極めてきたダイハツならではの作品。コンパクトカー市場をリードするダイハツにとって、コンセプトカーよりも力強く同社をアピールするチャンスとなったはずだ。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。