キャディラックとシボレー【ジュネーブショー03】

2003.03.07 自動車ニュース
【ジュネーブショー2003】キャディラックとシボレー

【ジュネーブショー2003】キャディラックとシボレー

2003年3月4日、スイスはジュネーブで開かれるモーターショー、「ジュネーブ73rdインターナショナルモーターショー」が開幕した。欧州メーカーも傘下におさめるGMグループブースから、キャディラックとシボレーの北米ブランドを、モータリングジャーナリストの生方聡が報告。


キャディラック「Sixteen」。写真は、2003年デトロイトショーのもの

【ジュネーブショー2003】キャディラックとシボレー

■キャディラック/シボレー

キャディラック、シボレー、オペル、サーブなど、ブランド数でも、ショー会場の占有スペースでも群を抜く存在がGMである。このうち、アメリカゆかりのブランドを紹介する。

キャディラックとシボレー、そして、GMに限れば、今回は“ワールドプレミア”といえるモデルはないが、ヨーロッパ初お目見えのクルマは少なくない。
たとえばキャディラックでは、13.6リッターのV16エンジンを搭載した超ラクシュリーセダン、キャディラック「Sixteen」の存在が大きい。アルミスペースフレームを用いたSixteenといえども、その大きさゆえに車両重量は2270kgとなる。しかし、1000ps/6000rpm、138.3kgm/4300rpmのパワーユニットがあれば、重量級もボディを気にする必要などない。


ジュネーブショーに出品された、GMの燃料電池車「ハイワイアー」

【ジュネーブショー2003】キャディラックとシボレー

オープン2シーターのキャディラック「XSR」も、またキャディラックブースの華である。格納式のメタルルーフにより、オープンの気持ちよさとクローズ時の快適性が簡単に手に入るのは、メルセデスベンツ「SL」などのライバルと同様。ちなみにこのルーフシステムは、ドイツのオープントップシステム社が手がけたものだ。「XLR」も別の場所でお披露目が済んでおり、2003年4月には生産が立ち上がる予定だ。

隣接するGMブースでは、キャディラックのコンセプトとは正反対の、エコロジカルなコンセプトモデルが展示される。パリサロンで公開された燃料電池車「HyWire」や「Hydrogen3」である。ゼロエミッションカーと、燃料大量消費型カーのコントラストが面白い。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。