フォルクスワーゲン&アウディ【ジュネーブショー03】

2003.03.06 自動車ニュース
【ジュネーブショー2003】フォルクスワーゲン&アウディ

【ジュネーブショー2003】フォルクスワーゲン&アウディ

2003年3月4日、スイスはジュネーブで開かれるモーターショー、「ジュネーブ73rdインターナショナルモーターショー」が開幕した。webCGエグゼクティブディレクター大川悠による、ショー会場からの速報。まずはフォルクスワーゲンと、アウディをお送りする。


TOP写真は、VW「トゥラン」。下が「ニュービートル・カブリオレ」

【ジュネーブショー2003】フォルクスワーゲン&アウディ

■年々増える参加企業

例年に比べて異例に暖かいジュネーブ、ショーの会場に入るなり、ちょっと驚いた。今年から展示面積が広がっていたのだ。
乗用車はスキップした2フロアから成るが、下の方のフロアが50%近く広がった。ジュネーブは世界のモーターショーのなかでも、やたらに広くなくて、ちょうどいいサイズだったのだが、展示企業、展示車が年々増えているという。まあ、それはそれでいい話ではある。
特にジュネーブは、以前からイタリアのカロッツェリアや地元のデザイン・ハウス、スピードショップのブースが多く、そこを見ているだけで非常に面白い。
でも今回リポーターに割り当てられたのはドイツと日本メーカー。さっそくフォルクスワーゲングループから覗きに行く。

■VWの小さなミニバン

VWの新作は「トゥラン」。比較的小さなミニバンで、オペル「ザフィーラ」あたりがライバルになる。5座がベースだが、オプションで3列シート付き7座にもなるなど、各シートのアレンジメントは様々で、最大1989リッターの荷室が出現する。エンジンはガソリン、ディーゼルの3種で、排気量は1.6から2リッター。格好はすごく実直。まさに、“働き者のドイツ人主婦”のような印象だ。

人目を集めていたのがニュー・ビートルのカブリオレ。昔のカルマン製カブリオレによく似た雰囲気で仕上がっている。特に室内なんか結構洒落ているから、それなりに人気を呼ぶだろう。


アウディ「ヌヴォラーリ・クワトロ」

【ジュネーブショー2003】フォルクスワーゲン&アウディ

■600psのヌヴォラーリ・クワトロ

VWブース隣のアウディブースで人が群がっていると思ったら、デトロイトに出品したスポーツSUV「パイクスピーク」をクーペにしたような大型コンセプト・スポーツカーが置いてあった。名前は「ヌヴォラーリ・クワトロ」。
ヌヴォラーリと聞くとアルファのイメージが強いが、彼はアウトウニオンが最後に勝った1939年のベオグラードグランプリのドライバーでもあった。むろん、伝説の12気筒ミドシップ「タイプD」でも活躍した。
今回のヌヴォラーリは、いってみればオリジナルのクワトロのようなもの。つまり2+2のGTカーで、600ps(!)を発する5リッターV10をクワトロシステムと組み合わせ、最高速度250?/hを出すという。やっぱりこういうクルマが出てくると、ショー全体が活気づく。


写真は、3.2リッターV6を積む「3.2クワトロ」

【ジュネーブショー2003】フォルクスワーゲン&アウディ

だが、アウディにとってもっと大切なのは新型「A3」である。プレミアム・コンパクト・スポーティクーペのジャンルを開拓したこのクルマ、新型はそのコンセプトをより一層強調する。
ボディは一まわり大きくなり、エンジンは1.6リッターに始まって、最大は3.2リッターV6まで載せられる。特に、高級モデルに採用されたのが「DSG」なる新ギアボックス。いわゆる2ペダル式マニュアルで、パドルでのコントロールも可能である。

(webCG大川悠)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。