シトロエン「C2スポール」「C3プルリエール」/ボルボ「VCC」【ジュネーブショー03】

2003.03.06 自動車ニュース

【ジュネーブショー2003】シトロエン「C2スポール」「C3プルリエール」/ボルボ「VCC」

2003年3月4日、スイスはジュネーブで行われる恒例のモーターショー、「ジュネーブ73rdインターナショナルモーターショー」が開幕した。
シトロエンが出展した2台のモデルと、ボルボの大型ラグジュアリーワゴンについて、自動車ジャーナリストの金子浩久が現地から報告する。

■これが最後のショーモデル?・・・シトロエンC2スポール

登場が予定されている「C3」より小さなシトロエン「C2」が、「C2スポール」というコンセプトカーの姿であらわれた。
今年1月末のモンテカルロラリーで「クサラWRC」が1-2-3フィニッシュを決めたシトロエンらしく、絵空事のコンセプトカーではなく、モータースポーツ仕様で出展してきた。

詳細は何も明らかにされなかったが、ショーで見た印象を記すと、カラーリングやオーバーフェンダーなどを取り除いたと想像すれば、コンパクトカーとしてかなり魅力的に映った。ダイハツ「YRV」のようなサイドウィンドウグラフィックは新鮮だし、実用的なパッケージングも優れていそうに見える。ショー会場の展示説明プレートには、「これが最後のショーモデルか?」と書いてあったから、C2デビューは今年のフランクフルト、あるいは東京モーターショーかもしれない。

■サルーン、カブリオレ、ピックアップ・・・シトロエンC3プルリエール

C3ベースのファンカーコンセプト。基本的には2ドア4座ピラーレスサルーンだが、変体する。
キャンバス製ルーフを折り畳めば、開口部が大きなサンシャインルーフに。さらに折り畳んだルーフとリアウィンドウは取り外すことができ、荷室のフロア下に収納できる。そこから左右のルーフエンドピラーを取り外せば、完全なカブリオレ。そこからトランクリッドとリアシートを倒せば“ピックアップ”になる、と謳われる。

キャンバス製ルーフを畳んだところなどは、往年の「2CV」のようで可愛らしい。外したルーフエンドピラーは車内に収まらず、どこかに置いてこなければならないが、この手のクルマにありがちな強引な商品企画でなく、各々のボディ様態は実際的だ。このまま生産してもらいたい。

■豪華大型ワゴン・・・ボルボVCC

プレス資料には、次のような前書きが記されている。「ボルボは、ショーモデルだけで終わってしまうコンセプトカーは出品しません。近い将来の新型車の考え方、盛り込まれる新機構や装備などでコンセプトカーを構成、製作します」

「VCC」は、全長5m級の豪華大型ワゴンで、現行「V70」より上級モデルを想定して製作されたコンセプトカーと思われる。
観音開きする大きな4枚ドアを開けると、インテリアは革とアルミとステンレスで造られている。ボルボお得意の白木は用いられていない。ルーフは巨大な1枚ガラス(補強入り)。現行ボルボ各車の素朴で実直な造形とはまったく異なった、クールでモダンな意匠だ。「V-Pulse」という新しい情報表示システムが提案される。

エンジンは現行「S80」に用いられている直6で、4輪駆動。全長が4915mm、全高は1439mm、ホイールベース3095mm。

(文=金子浩久)

シトロエン「C2スポール」「C3プルリエール」/ボルボ「VCC」【ジュネーブショー03】の画像

C3プルリエール

C3プルリエール

VCC

VCC

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。