トヨタ、日産、マツダ、スバル【ジュネーブショー03】

2003.03.06 自動車ニュース
【ジュネーブショー2003】トヨタ、日産、マツダ、スバル

【ジュネーブショー2003】トヨタ、日産、マツダ、スバル

2003年3月4日、スイスはジュネーブで開かれるモーターショー、「ジュネーブ73rdインターナショナルモーターショー」が開幕した。国産メーカー4社のブースを、webCGエグゼクティブディレクター大川悠による、ショー会場からの速報。




【ジュネーブショー2003】トヨタ、日産、マツダ、スバル

スイスはもともとニュートラルなマーケットだから、昔から日本車もジュネーブショーの主役の一つだった。最近こそ、韓国メーカーのブースが拡大しつつあるが、それでも日本メーカーは、それなりに意欲作を出していた。2003年はどうだろうか? 我が国の自動車メーカーから、トヨタ、日産、マツダ、そしてスバルを報告する。

■日本にも輸出、トヨタ「アヴェンシス」

トヨタは「ヤリス」(ヴィッツ)のマイナーチェンジや、先日発表したFC(燃料電池)のコンセプトカーが中心だが、商売上注目されるのは新しい「アヴェンシス」である。“ヨーロッパ版コロナ”ともいうべきアヴェンシスは、イギリスでつくられ、ヨーロッパ内だけで販売されていた。しかし、フルモデルチェンジを機に、日本にも輸出されることになった。
現在ヨーロッパでもっとも競争激甚な、セグメントC/Dへの挑戦である。一見地味だが、そこはトヨタらしい手堅さでつくり上げられた。南仏のトヨタ・ヨーロッパ・デザインセンターによるボディは、トヨタのDNAを色濃く残していてやや保守的に見えるが、つくりはとてもいい。4ドアセダン、リフトバック、そしてワゴンの各種があり、エンジンは1.6、1.8と2リッターのガソリンに加え、2種の2リッターディーゼルを積む。




【ジュネーブショー2003】トヨタ、日産、マツダ、スバル

■日産のコンセプトカー

日産は、2003年2月からヨーロッパで販売開始した「マイクラ」(マーチ)と、今年から大陸でも売られる「Z」が話題だが、コンセプトカーを1台出品していた。スカイラインなどと同様のプラットフォームに載った一種のスリークなミニバンで、何となくルノーの雰囲気もある。そう現場の方にお話ししたら、「それだけは避けたかったのです」と話していた。




【ジュネーブショー2003】トヨタ、日産、マツダ、スバル

■フォードの「Cプラットフォーム」

マツダは、「RX-8」のヨーロッパデビューが話題。しかし、それより注目されるのは、コンセプトとして出ていた「MXスポーティフ」。これこそマツダの(そしてフォード・グループの)新しいCプラットフォームをもつクルマである。つまりは「323」(ファミリア)の流れの上にある。フロントに、5角形をモチーフとしたグリルを配する、最近のマツダの顔をうまく使い、情感の強い5ドアハッチバックを組み合わせたボディはかなり魅力的だ。エンジンは2リッターを搭載する。




【ジュネーブショー2003】トヨタ、日産、マツダ、スバル

■ド派手なコンセプトカー

スバルは「B11S」なる。かなりド派手なコンセプトカーを展示した。デザインを重視する同社は、スバルとしては初めて、デザイナーである杉本氏を役員として昇格。彼がバルセロナにあるデザインハウス「フオーレ・デザイン・インターナショナル」と一緒につくったのがこのクルマだ。
4シーター・クーペに、400psを発するフラット6を載せ、4WDと組み合わせるというが……。ちょっとアクが強すぎるように感じた。

(webCG大川悠)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。