ホンダF1「コンパクトなエンジンで競争力向上」

2003.03.04 自動車ニュース

ホンダF1「コンパクトなエンジンで競争力向上」

本田技研工業は、2003年のF1開幕戦オーストラリアGPを6日後に控えた2003年3月3日、F1参戦体制発表会を都内ホテルで開いた。

■表彰台の常連に

同日に記者会見を開いたトヨタF1とは違い、基本的にはエンジンサプライヤーであるホンダは、壇上に新しい3リッターV10エンジン「RA003E」を飾っていた。今年はBARのみに供給されるこのユニットは、軽量化とコンパクト化、低重心化が特徴。1980年代から90年代初めまでの「ホンダF1第2期」にアイルトン・セナやアラン・プロストのレースエンジニアを務めた木内健雄がF1プロジェクトリーダーに就任し、結果を残せないでいる「第3期」のてこ入れを図る。
また橋本健車体技術開発責任者が、ホンダを代表しBARのニューマシン「005」の開発にあたる。


軽量コンパクトがマシンの低重心化、マス集中に寄与したと謳われる新ユニット。回転数は1万8500回転以上という

本田技研工業の福井威夫専務取締役は、今年の目標を「表彰台の常連、そしてとりあえずの優勝」と語る。2000年のGP復活以来、ホンダの最上位は表彰台の最下段(3位)まで。いまのホンダにとって、チャンピオンではなく、優勝の手前、表彰台が現実的な(見込める)ターゲットなのかもしれない。

同席したBARのデイヴィッド・リチャーズ代表は、ホンダとの協力関係を「とてもポジティブな状況」と表現。またBARのテクニカルディレクター、ジェフ・ウィリスは、エンジンを中心にシャシー開発を進めたと述べた。ウィリス直々に新型005の解説を行い、空力、剛性、低重心化、新サスペンション・トランスミッションの採用、セットアップを短時間で行えることなどについて説明した。

そのニューマシンを駆るエース、ジャック・ヴィルヌーヴは、「ようやくF1マシンになった」と、いつもの辛口コメント。ルノーから移籍したジェンソン・バトンとともに、BARでの5シーズン目を戦う。

なお今年から、「HONDA」のロゴがリアウィングに付けられる。つまりホンダはBARのスポンサーとなったのだ。「F1活動における決意の象徴」という。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。