第5回:スバル360はメダカ釣り!?

2003.03.03 エッセイ

第5回:スバル360はメダカ釣り!?

なんかね、ひょんな事からスバル360に乗っちゃいました。もう既に発売済みの号なんだけど、小学館の月刊『ラピタ』撮影のため。

1963年式のコンバーチブルで、一度クーペに改造されたものを現オーナーの近さんが元に戻したものなんだけど、この人が凄いんだな。現在、66歳の元サラリーマンで、みようみまねでレストアを始め、いままで100台(!)もレストアしたという。それも360ばっか。
聞けば元々某カメラメーカーのエンジニアで、「なるほど」とも思ったが、実はさらに先があって、お父様はチューリップの交配で世界的に有名な方なんだとか。
いまみたいに赤だの黄色だの白だのいろいろ種類がない時代に、オランダから原種を買ってきては交配させ、新種を作ったそうな。

俺ね、仕事柄クルマバカにはいろいろ会うんだけど、なんだかんだで強いのは「血」なんだよね。とんでもないことをやってる人ってのは、必ずと言っていいほど御先祖様に“キてる人”がいる。
例えばいままで父親がオキテ破りの一夫多妻制を導入している人にお2人ほどお会いしたことがあります。その人はすごかった。オヤジも息子も。
だからさ、やっぱ自由な交配って大切だよね。民族を強くするためには!?

ちなみに360はよかったです。もちろん、ステアリング、シフト、ペダル類ととんでもなく頼りなく、ウィンカーレバーなんかワリバシみたいに折れそうだったんだけど、その昔乗った80年代の軽自動車よりはブレーキが効いた。なんちゅーかなぁ、それなりにバランスが取れてるわけよ。

つまり、味は薄いんだけどそれなりに味わいがある。例えばポルシェの楽しさを「磯釣り」としたら、「メダカを釣ってる」ような楽しさっちゅうか。絶対スピードは遅いんだけどね。あれはあれでハマるんだろうなぁ。走ってるだけで妙に「生きてる」ような気がした。
名車には理由がありますね。やはり。

(文=小沢コージ/2003年3月3日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』