フォード「マスタングGT」インテリアを変更

2003.03.03 自動車ニュース

フォード「マスタングGT」インテリアを変更

フォード・ジャパンは「マスタングGT」のインテリアを変更するなどし、2003年2月24日から発売を開始した(写真はGTクーペ)。

4.6リッターV6エンジンを搭載するマスタングのトップグレード「GTシリーズ」に、「インテリア・アップグレード・パッケージ」が採用された。同パッケージは、インテリアにシルバーを基調としたパーツを多用し、「アメリカンスペシャリティカーのイメージをアップした」(プレスリリース)という。
加えて、3.8リッターV6エンジンを積む「Gシリーズ」は、ボンネット形状をスクープなしタイプに変更した。

インテリア・アップグレード・パッケージと価格の詳細は以下の通り。なお、価格はどちらのグレードも据え置きのままだ。

● インテリア・アップグレード・パッケージ
「GTシリーズ」専用装備
・4ウェイ・ヘッドレスト
・アルミ調ペダルカバー
・アルミ調フットレスト
・シフトレバーベゼルリング
・シルバー塗装ドアロックノブ
・シルバー塗装センターフィニッシュパネル

● 価格
マスタングGT
クーペ 372.0万円
コンバーチブル 457.0万円

マスタングG
クーペ 312.0万円
コンバーチブル 397.0万円

(webCG 本諏訪)

フォードジャパン:
http://www.ford.co.jp/

 
フォード「マスタングGT」インテリアを変更の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・マスタング【海外試乗記】 2016.2.2 試乗記 フォードの日本市場撤退によって消滅することになった、右ハンドル仕様の「マスタング」の導入計画。その出来栄えはどのようなものだったのか。オーストラリアで2.3リッター直4ターボエンジンを搭載する「コンバーチブル」と5リッターV8の「ファストバック」に試乗した。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.20 試乗記 車名の「ペルフォルマンテ」とは、英語でいう「パフォーマンス」の意。アクティブ・エアロダイナミクス・システムを得て、さらなる速さを手に入れたニューモデル「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」の実力を、鈴鹿サーキットで解き放った。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第48回:これは凄いぞ赤い玉号 2017.7.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第48回は「これは凄いぞ赤い玉号」。無敵の「フェラーリ458イタリア」を手放し、31年前の「328GTS」を購入した筆者。あえてパフォーマンスを落とすことで得られた新たなヨロコビとは? 
ホームへ戻る