スズキ、福祉車両「ワゴンR車椅子送迎車」を一部改良

2003.02.27 自動車ニュース

スズキ、福祉車両「ワゴンR車椅子送迎車」を一部改良

スズキは軽自動車「ワゴンR」の福祉車両「ワゴンR車椅子送迎車」を一部改良し、2003年2月20日に発売した。

「ワゴンR車椅子送迎車」はバックドアを開けリアバンパーに組み込まれた3段折畳スロープを引き出すことで、後部乗員が車椅子に座ったままスムーズに乗降ができる福祉車両。

今回の一部改良で、AM/FMラジオ付きCDプレイヤー、電動格納式リモコンドアミラー、リアワイパー&ウォッシャー、スモークガラス(リアドア、クォーター、バックドア)等の装備を追加し、価格は5.0万円値下げした。また前席の足元を広く使えるコラムシフト式4速AT、小物を置くのに便利なリアサイドトレーも新採用し快適装備が充実された。

今回ラインナップに、車椅子乗車をしない場合に4人乗車が可能になる「リアシート付」を「電動固定式仕様車」にも設定した。

価格は搭載車両を手動で固定するタイプで149.7万円、電動固定式は157.7万円、後退ベルト付が161.2万円、リアシート付は163.7万円となる。いずれもFF(前輪駆動)のコラム式AT仕様だ.。

(webCG 本諏訪)

 
スズキ、福祉車両「ワゴンR車椅子送迎車」を一部改良の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA”(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.17 試乗記 ダイハツが“軽の本流”と位置付けるトールワゴン型軽乗用車「ムーヴ」がフルモデルチェンジ。最上級グレードに試乗し、今日における軽乗用車の到達点を確かめた。
ホームへ戻る