三菱「ランサーセディア・セディアワゴン」を改良

2003.02.27 自動車ニュース

三菱「ランサーセディア」と「セディアワゴン」を改良

三菱自動車は、「ランサーセディア」「ランサーセディアワゴン」を大幅改良し、2003年2月26日から販売を開始した。

マイナーチェンジの眼目は、スタイルの一新や環境性能の向上など。車名から「セディア」のサブペットネームが廃され、先代までと同じ「ランサー」「ランサーワゴン」に戻された。

エクステリアデザインは、フロントマスクに「コルト」や「ランサーエボリューションVIII」と同じ、スリーダイヤを前面に押し出したデザインを採用。乗用車デザイン本部長のオリビエ・ブーレイ氏がこだわる、「ブーレイ顔」だ。加えて、デザインヘッドランプ、ボンネットフード形状などが変更された。
セダンのインテリアはコルト同様、ブラックモノトーンの「スポーツ内装」、ダークグレー&ベージュツートンの「エレガント内装」、ブラック&ライトグレーツートンの「カジュアル内装」を設定。ワゴンは、全車「スポーティ内装」となる。

パワーユニットにも変更が施された。1.5リッターモデルは、従来の1.5リッターGDIに代わり、1.5リッターECI-MULTIエンジンを採用し、10・15モード燃費が5MT車で16.8km/リッター(従来比+0.4km)、CVT車で16.2km/リッター(従来比+0.6km)向上。「2010年新燃費基準」を達成するとともに「超-低排出ガス車」認定を取得し、グリーン税制の対象車両となったこともニュースだ。
1.8リッターモデルは、これまでと同じ「GDIエンジン」を搭載。従来はハイオクガソリン仕様だったが、レギュラーガソリン仕様に変更(ターボ車を除く)され、ランニングコスト低減が図られた。ただし、燃費はこれまでと変わらない。

そのほかにも、ボディ・サスペンション・ブレーキの強化や、装備の追加、新オプション設定などの改良が施された。

セダン、ワゴンともグレード体系が整理され、従来の廉価グレード「MX」や、「エクストラ」「サルーン」「ツーリング」などが廃された。詳しい価格は以下の通り。

ランサー(旧ランサーセディア)
■1.5リッター2WDモデル
MX-Eビジネスパッケージ:112.3万円(5MT)119.8万円(CVT)
MX-E:122.3万円(5MT)129.8万円(CVT)
MX-Touring:149.8万円(CVT)
■1.5リッター4WDモデル
MX-E:149.8万円(CVT)
MX-Touring:169.8万円(CVT)
■1.8リッター2WDモデル
SE-G:175.8万円(スポーツモード6CVT)

ランサーワゴン(旧ランサーセディアワゴン)
■1.8リッター2WDモデル
Touring:169.8万円(スポーツモード6CVT)
Touring-T:189.8万円(スポーツモード4AT)
■1.8リッター4WDモデル
Touring:189.8万円(スポーツモード6CVT)

(webCG 永瀧)

三菱「ランサー」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/LANCER/index.html
同「ランサーワゴン」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/LANCER-WAGON/index.html

 
三菱「ランサーセディア・セディアワゴン」を改良の画像


 
三菱「ランサーセディア・セディアワゴン」を改良の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • 特別な仕立ての「アバルト595コンペティツィオーネ」発売 2017.7.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年7月19日、「アバルト595コンペティツィオーネ」の特別仕様車「595コンペティツィオーネ Performance Package(パフォーマンスパッケージ)」を発表した。同年7月29日に100台限定で発売する。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
  • GMジャパン、新型「シボレー・カマロ」を11月に発売 2017.7.6 自動車ニュース GMジャパンが新型「シボレー・カマロ」を11月11日に発売すると発表した。6代目となる新型カマロには新開発のプラットフォームが用いられており、ボディーのコンパクト化、軽量化などにより、従来モデルを上回る俊敏な走りを実現しているという。
  • 「トヨタ・エスクァイア」新デザインで登場 2017.7.3 自動車ニュース トヨタが5ナンバークラスの箱型ミニバン「エスクァイア」をマイナーチェンジ。フロントまわりの意匠を大幅に変更したほか、新グレードとして専用内装の最上級モデル「Gi“プレミアムパッケージ”」を設定した。
ホームへ戻る