ホンダ、「アコード」に「日本カーオブザイヤー受賞記念車」

2003.02.27 自動車ニュース
 

ホンダ、「アコード」に「日本カーオブザイヤー受賞記念車」

本田技研工業は、「アコード」と「アコードワゴン」が、2002年の日本カーオブザイヤー受賞を記念した特別仕様車、その名もズバリ「日本カーオブザイヤー受賞記念車」を設定し、2003年2月27日から販売した。



 

特別仕様車は、セダン・ワゴンとも2.4リッターを搭載し、シーケンシャルモード付き5段ATが備わる「24T」(FF)がベース。専用ボディ色として、セダンが「デザートミストメタリック」、ワゴンは「ミストオパールグリーンメタリック」(いずれも写真)が設定された。
特別装備は、高速道路での車線維持と車間、車速制御によりドライバーをサポートする「HiDS」(Honda インテリジェントドライバーサポートシステム)や、車両安定性を高める「VSA」(ビークルスタビリティアシスト)などを装着。日本カーオブザイヤー受賞時に、先進性が評価された機能を盛り込んだ。価格をオプション装備時より5〜7万円安に抑え、お買い得感を出したという。

特別装備の内容と、価格は以下の通り。

・HiDS(Honda インテリジェントドライバーサポートシステム)
・VSA(ABS+TCS+横すべり抑制)
・雨滴検知ワイパー
・オートライトコントロール
・Hondaスマートカードキーシステム
・専用Hondaスマートカードレザーケース
・専用色インテリアパネル(ステアリングスイッチパネル、ATシフトレバーパネル、ドアスイッチパネル、センターコンソール、ドアグリップ)

アコード24T「日本カーオブザイヤー受賞記念車」(FF/5AT):258.0万円アコードワゴン24T「日本カーオブザイヤー受賞記念車」(FF/5AT):297.0万円

(webCGオオサワ)

本田技研工業:http://www.honda.co.jp/

関連キーワード:
アコードアコードワゴンホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
  • デトロイトショー2018(その1) 2018.1.17 画像・写真 本田技研工業は2018年北米国際自動車ショー(通称:デトロイトショー/開催期間:2018年1月14日~28日)で、新型ハイブリッドセダン「インサイト」のプロトタイプモデルを世界初公開した。その姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る