第2回:「ヨーロッパ軒」知ってますか?

2003.02.27 エッセイ

第2回:「ヨーロッパ軒」知ってますか?

先週末、取材で福井に行ってきました。ホンダの“でかオデッセイ”こと「ラグレイト」を借りて、えっちらおっちら。片道約600kmの6〜7時間。うー、長かっただよ〜。

人の取材だったんだけどそれはおいといて、実は“真”の目的が……。
それは「ヨーロッパ軒」!
この店は知るヒトぞ知る福井のみに存在する“ソースカツ丼”の店で、一度AMラジオで「福井にはまぼろしのソースカツ丼屋がある!」って聞いてから気になって気になってしょうがなかったんだよね。
カツ丼が好きってこともあるけど、なにより気になったのはその屋号。情緒感じるじゃないのさ。なんせ「ヨーロッパ軒」だよ「ヨーロッパ軒」。文明開化っつうか、異国情緒っつうか、長崎出島っつうかさ。カステイラとかコンペイトウとかそんな感じ。

で、結論。ウマかったっス。それも予想通りの異文化感あり。まずね。肉が薄くてコロモが薄い。見た目的にはハムカツ的。肉が貴重だった戦前に叩いて伸ばしました!って感じ。単に薄く切っただけかもしんないけどさ。あとソースが違う。ウスターソースなんだけど辛くないのはもちろん、漢方薬みたいな香りの香辛料が入ってる。ねっ、なんかいい感じでしょ。
食ってみると肉が柔らかいのはもちろんぜんぜんアブラっこくなく、甘くて食いやすい! 上だけ食っても十分さっぱりで、福井名産っつうのもよくわかる。

で、調べてみたところ、創業なんと1913年で、元々東京早稲田に店があったのを関東大震災をきっかけに福井に来て、今はコチラに19店舗もあるそうな。だから一度きいてみんしゃい。福井の人に。「知らないの?」って言われるかもよ。それから創業者の高畠さんっつうのはなんとドイツで料理の修業をしてきた人でやたら本格的。森鴎外の料理版か!?

ちなみにラグレイトはよかったです。最新型の「日産エルグランド」や「トヨタ・アルファード」と比べると走っててもなんかガタビシするしステアリングも重く、全体的に繊細さにかけるんだけど、直進安定性は凄いし、3.5リッターV6はめちゃくちゃ速い。なにより重心が低い感じで、高速でも安心感高し。やっぱアメリカ産! って感じですか。違ったカナダ産か。ラグレイトは。

(文=小沢コージ/2003年2月27日)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』