三菱、デルクールを自由契約に

2003.02.26 自動車ニュース

三菱、デルクールを自由契約に

三菱自動車と同社のモータースポーツ事業会社ラリーアートは、2003年2月17日、チーム三菱ラリーアートのWRCドライバー、フランソワ・デルクールを自由契約にしたと発表した。

デルクールと三菱は、2002年に2年契約を締結。しかし、同年12月に三菱が2003年のWRC参戦を見合わせると発表したことから、今回の決定に至ったという。三菱は2002年に締結した契約の債務を履行するが、デルクールは今シーズンから他チームと自由な交渉が可能になる。なお、アリスター・マクレーもデルクール同様、2002年に三菱と2年契約を結んでいるが、こちらは特に動きはないようだ。

また、2003年2月15日に東京・台場で開催された「三菱自動車チャンピオンズ・ミーティング」において、三菱自動車のウルリッヒ・ヴァルキャ取締役執行副社長は、「三菱は2004年のWRCでの復活に向け、全力で取り組んでいる。2004年シーズンのWRCにランサーエボリューションで復帰し、必ず勝利を掴み取る」と語り、噂の「コルト」ではなく「ランエボ」で復帰することを明らかにした。

(webCG 永瀧)

「三菱自動車」:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 
三菱、デルクールを自由契約にの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。