トヨタモータースポーツ「頂点を目指す挑戦」

2003.02.26 自動車ニュース

トヨタモータースポーツ「頂点を目指す挑戦」

2003年2月25日、トヨタ自動車は、2003年の同社のモータースポーツ活動および支援計画を発表した。

■F1、IRL、JGTCで「3本柱」

世界でモータースポーツ活動を繰り広げているトヨタ。昨年までを「学習の年」とすれば、2003年は「頂点を目指す挑戦の年」となるという。
活動の3本柱は、2年目のF1世界選手権、デビューイヤーとなるIRLインディーカーシリーズ、そして全日本GT選手権(JGTC)。加えて、開催4年目をむかえる「Netzカップ」や全日本F3選手権へのスカラシップ制度など、底辺カテゴリーでのサポートやドライバー育成活動も引き続き行う。

■常に予選10位内、ポイント獲得を・・・F1

「挑戦」の筆頭にあげられるのがF1だ。新エンジン「RVX-03」、新型の7段ギアボックスを搭載したニューマシン「TF103」は、ベテランのオリヴィエ・パニス、2002年CARTチャンピオンのクリスチアーノ・ダ・マッタ、そしてテストドライバーのリカルド・ゾンタに託され、3月9日の開幕戦に向けてテストをこなしているという。

「学習の年」であった参戦初年度の目標は予選通過だったが、こちらは楽々とクリア。17戦中10戦完走し、ポイント2点獲得の“おまけ”付きで2002年は終わった。

2003年の挑戦は、予選10位内、そしてポイント獲得を「常に」目指すこと。そのために、マシン開発からチーム運営までを任されるトヨタモータースポーツ有限会社(TMG)の組織変更や、実戦部隊とは別にテストチームを編成するなど、役割の分担、強化を図った。

■目指すは「インディ500」での勝利・・・IRL

F1でもライバルであるホンダと同様、トヨタは、今年からアメリカを中心としたオーヴァルシリーズ、IRLにエンジンサプライヤーとして参戦する。

アメリカのTRD-USAが新たに手がけた3.5リッターV8のNAエンジン「インディRV8I」は、チーム・ペンスキーやチップ・ガナッシ・レーシングなど名門チームを含む5チーム10台に供給。インディアナポリス500で2連覇中のエリオ・カストロネベス、高木虎之介や服部茂章らがステアリングを握る。

年間タイトルはもちろん、インディ500を制することが目標。全16戦のうちの3戦目に予定されるツインリンクもてぎでの初レース「インディジャパン300」でも、勝利が欲しいところだろう。

■新しいエンジンで連覇を・・・JGTC

2002年の全日本GT選手権は、GT500クラスを「スープラ」が、GT300クラスは「MR-S」がチャンピオンとなり、トヨタはWタイトル獲得にわいた。
連覇がかかる2003年の目玉は、昨年まで2リッター直4ターボから、5.2リッターV8にスイッチしたスープラ。市販モデル「セルシオ」に搭載される4.3リッター「3UZ-FE」ユニットの排気量を拡大し、各所を改良したボディに載せる。
ディフェンディングチャンピオンの脇坂寿一、飯田章らがドライバーとして乗り込む。

一方のGT300クラスには、2リッターターボのMR-S、そして「セリカ」で挑む。チーム、ドライバーは未定だ。

■若手ドライバー育成プログラム

TMGが主宰する、将来のF1ドライバーを育成するプログラム「ヤング・ドライバー・プログラム」は、今年「トヨタ・ドライバー・アカデミー」と改名。5人の若手ドライバーのジュニアフォーミュラ参戦を支援する。同プログラムを遂行するのは、昨年に引き続き、TMGの委託を受ける「プレマ・パワー・チーム」だ。

メンバーは、21歳のオーストラリア人、ライアン・ブリスコと、18歳のフランス人、フランク・ペレラ。彼らに加え、2003年からは平中克幸(21歳)、平手晃平(16歳)、ブラジル人のロベルト・ストレイト(19歳)が“武者修行”に励むことになった。

■生まれ変わるFISCO

トヨタ傘下の富士スピードウェイ(FISCO)は、近代的なサーキットに生まれ変わるため、改修工事を受ける。順次リニューアルを進めつつ、2003年9月15日までは平常営業。その後は約1年半にわたる大工事が行われる。
F1誘致を最大の目標にしていることは、想像に難くない。

(webCG 有吉)

 

「常に予選トップ10&ポイントゲット」を目標に掲げるF1。ニューマシン「TF103」は、3月9日の開幕戦オーストラリアGPに向けて精力的にテストされている
 

トヨタエンジンで2002年のCARTチャンピオンとなったクリスチアーノ・ダ・マッタはビデオで出演。「優れた技術屋」(冨田常務取締役)でもあるベテランパイロット、オリヴィエ・パニスとともに、F1のステアリングを握る
 

エンジンを2リッターターボから大排気量5.2リッターV8に替えたスープラ。5.2リッターを選んだ理由は、「いろいろなコンフィギュレーションを考えたが、レスポンス、燃費、耐久性などでバランスが取れていたから」(松井モータースポーツ部部長)。
ちなみにスープラの市販モデルは既に生産終了をむかえている
 

富士スピードウェイ、改修後のコース図。国内最長のメインストレートなどFISCOの特徴を継承しつつ、各所を安全かつ近代的にリファインすることが目的。
リニューアルは、ドイツに本拠を置き、近年世界中のサーキットの改修や設計を手がけた実績をもつティルケが担当する
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。