ホンダ「ストリーム」に特別仕様車

2003.02.24 自動車ニュース

ホンダ「ストリーム」に特別仕様車

本田技研工業は、7人乗りのミニバン「ストリーム」に、特別仕様車「コンフォートセレクション」を設定、2003年2月20日に発売した。

価格を、ベース車である1.7リッター「L」と2リッター「iL」から、それぞれ2.0万円引き下げながらも、快適装備を充実させ、後発のライバル、トヨタ「ウィッシュ」に対抗すべく(!?)お買い得感を出した。
詳しい特別装備、価格は以下の通り。

●主な特別装備
・本革巻きステアリングホイール
・センターテーブル
・インパネトレイマット
・バニティミラー照明付きサンバイザー
・イグニッションキー照明

●価格
L「コンフォートセレクション」
FF/4段AT:167.8万円 4WD/4段AT:187.8万円
iL「コンフォートセレクション」
FF/5段AT:187.8万円 4WD/4段AT:205.8万円

(webCG 永瀧)

本田技研工業「ストリーム」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/stream/
同「ストリーム・コンフォートセレクション」:
http://www.honda.co.jp/STREAM/comfort/

 
ホンダ「ストリーム」に特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ストリームの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 特集 ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
  • 日産ノートe-POWER NISMO(FF)【試乗記】 2017.4.19 試乗記 日産のコンパクトカー「ノート」のハイブリッドモデルをベースにNISMOが独自の改良を施したスポーツグレード「ノートe-POWER NISMO」。先進のシリーズハイブリッドシステムと、専用チューニングの足まわりが織り成す走りを試す。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る