ルノー「ラグナワゴン」に2リッターモデル追加

2003.02.20 自動車ニュース

ルノー「ラグナワゴン」に2リッターモデル追加

ルノージャポンは、「ラグナワゴン」に2リッターエンジンを搭載したエントリーグレード「2.0」を追加設定し、2003年4月14日に発売する。

2.9リッターV6+5段ATのみだったラグナワゴンに加わった、2リッター直4モデル「2.0」。最高出力135ps/5500rpm、最大トルク19.5kgm/3750rpmを発生する「F4R」型ユニットは、マニュアルモード付きの4段ATと組み合わされる。
上級の2.9リッターモデルから、バックソナーや本革シートなど豪華装備が省かれたが、8つのエアバッグやESP、運転席ダブルテンショナーなどの安全装置は残された。省略された装備は以下の通り。

・フロントキセノンランプ
・ヘッドランプウォッシャー
・フロントパワーシート
・本革シート
・自動防眩ルームミラー
・サンシェイド(リア/リアサイド)
・バックソナー

価格は、2.9リッターモデルの60.0万円安、315.0万円。

(webCG 永瀧)

「ルノージャポン」:
http://www.renault.jp/

 
ルノー「ラグナワゴン」に2リッターモデル追加の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ルノー・メガーヌ エステートGTライン(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.16 試乗記 「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデルに、高効率をうたう1.2リッターターボエンジン搭載車が登場。小さなパワーユニットがもたらす走り、燃費、そして乗り心地などを報告する。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 「プジョー2008 GTライン」を知る 試す 2016.12.22 特集 成長を続けるコンパクトSUV市場において、高い評価を得ている「プジョー2008」。フランスのメーカーが造るとクロスオーバーはどんなクルマになるか? デザインや走り、ユーティリティーなど、さまざまな切り口からその魅力を紹介する。
  • ルノー・メガーヌ エステートGT220(FF/6MT)【試乗記】 2013.6.9 試乗記 レーシングカーの開発を手がけるルノースポールがチューンした、ルノーのワゴン「メガーヌ エステートGT220」に試乗。その走りやいかに?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
ホームへ戻る