ルノー「ラグナワゴン」に2リッターモデル追加

2003.02.20 自動車ニュース

ルノー「ラグナワゴン」に2リッターモデル追加

ルノージャポンは、「ラグナワゴン」に2リッターエンジンを搭載したエントリーグレード「2.0」を追加設定し、2003年4月14日に発売する。

2.9リッターV6+5段ATのみだったラグナワゴンに加わった、2リッター直4モデル「2.0」。最高出力135ps/5500rpm、最大トルク19.5kgm/3750rpmを発生する「F4R」型ユニットは、マニュアルモード付きの4段ATと組み合わされる。
上級の2.9リッターモデルから、バックソナーや本革シートなど豪華装備が省かれたが、8つのエアバッグやESP、運転席ダブルテンショナーなどの安全装置は残された。省略された装備は以下の通り。

・フロントキセノンランプ
・ヘッドランプウォッシャー
・フロントパワーシート
・本革シート
・自動防眩ルームミラー
・サンシェイド(リア/リアサイド)
・バックソナー

価格は、2.9リッターモデルの60.0万円安、315.0万円。

(webCG 永瀧)

「ルノージャポン」:
http://www.renault.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ルノー・メガーヌ エステートGTライン(FF/6AT)【試乗記】 2014.12.16 試乗記 「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデルに、高効率をうたう1.2リッターターボエンジン搭載車が登場。小さなパワーユニットがもたらす走り、燃費、そして乗り心地などを報告する。
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • ポルシェ911 RSR 2016.11.17 画像・写真 ポルシェはLAオートショー2016でミドシップのレーシングカー「911 RSR」を発表した。同車は米IMSAウェザーテック選手権や、ルマン24時間を含めたFIA世界耐久選手権(WEC)に参戦する。2017年1月のデイトナ24時間でデビューの予定。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
ホームへ戻る