ルノー「ラグナワゴン」に2リッターモデル追加

2003.02.20 自動車ニュース

ルノー「ラグナワゴン」に2リッターモデル追加

ルノージャポンは、「ラグナワゴン」に2リッターエンジンを搭載したエントリーグレード「2.0」を追加設定し、2003年4月14日に発売する。

2.9リッターV6+5段ATのみだったラグナワゴンに加わった、2リッター直4モデル「2.0」。最高出力135ps/5500rpm、最大トルク19.5kgm/3750rpmを発生する「F4R」型ユニットは、マニュアルモード付きの4段ATと組み合わされる。
上級の2.9リッターモデルから、バックソナーや本革シートなど豪華装備が省かれたが、8つのエアバッグやESP、運転席ダブルテンショナーなどの安全装置は残された。省略された装備は以下の通り。

・フロントキセノンランプ
・ヘッドランプウォッシャー
・フロントパワーシート
・本革シート
・自動防眩ルームミラー
・サンシェイド(リア/リアサイド)
・バックソナー

価格は、2.9リッターモデルの60.0万円安、315.0万円。

(webCG 永瀧)

「ルノージャポン」:
http://www.renault.jp/

 
ルノー「ラグナワゴン」に2リッターモデル追加の画像

関連キーワード:
ラグナワゴンルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【レビュー】 2017.12.2 試乗記 40mm長いホイールベースを持つ新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「メガーヌ スポーツツアラー」。ロングドライブの機会が多いモデルだからこそ浴することのできる、4輪操舵の恩恵とは? ハッチバックとは一味違う、その走りをリポートする。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記 ルノーのCセグメントハッチバック「メガーヌ」がモデルチェンジ。その第1弾として、標準モデルとともに日本に導入されたのが、高性能版の「GT」だ。箱根のワインディングロードで、ルノー・スポールが手がけたこだわりのハンドリングを満喫した。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
ホームへ戻る