トヨタ「ハリアー」、フルモデルチェンジ

2003.02.18 自動車ニュース
 

トヨタ「ハリアー」、フルモデルチェンジ

トヨタ自動車は、SUV「ハリアー」をフルモデルチェンジし、2003年2月17日に発売した。


発表会場には、報道陣を含む多くの人が集まった。
「オールラウンダー」コンセプトのワゴンとしてデビューした「ハリアー」は、日本、そして北米では「レクサス」ブランド「RX300」の名で販売。アメリカでは、苦戦中のいわゆる“ビッグ3”を尻目に、堅調な成長ぶりをみせた。
2代目は、更なる高級化とともに、主に走りと安全面で熟成を図り、レクサス版は「RX330」としてリリース。BMW「X5」やメルセデスベンツ「Mクラス」らライバルとの勝負に挑む
 

■ポイントは、走りと安全性

「ワイルド・バット・フォーマル」のCMがちょっと懐かしい、初代「ハリアー」の誕生は1997年。いわゆるヨンクとしてのSUVを、街乗りかつ高級にふった「オールラウンダー」コンセプトのワゴンとしてデビューし、国内、そして北米の高級車チャネル「レクサス」のコンパクトSUVとして販売。ヒットモデルとしての地位を築いてきた。


快適装備は、全モデルに左右独立式オートエアコンを標準装備する。センターコンソールはスライド式で、後ろに移動すれば左右のウォークスルー性が高まる
 

初めて行われるフルモデルチェンジのテーマは、「ハンドリング性能と先進の安全性」。ひとまわり大きくなったボディに、改良を進めたサスペンション、そしてミリ波レーダーを用いた衝突被害軽減を図る装置「プリクラッシュセーフティシステム」などを盛り込んだ。
エンジンは従来通り、2.4リッター直4と3リッターV6の2種類。トランスミッションは、直4モデルに先代同様の4段AT「Super ECT」。V6に1段多い5段AT「5Super ECT」を奢った点が新しい。駆動方式は、2WDとフルタイム4WDのいずれか。価格は、249.0万円から367.0万円までで、月販目標を2500台に設定。海外は北米市場を中心に、月販9000台を目標にする。


リアシートは4:2:4の分割可倒式(240G、300Gは6:4)を採用。中央のみをフォールディングして、スキーなどの長尺物を積載できる
 

■一目で「ハリアー」とわかる

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4730×1845×1680mm、ホイールベースは2715mm。先代と較べて、それぞれ155×30×15mm大きく、ホイールベースは100mm延長された。ハンドルの切れ角を先代に較べて増大させたため、取り回しやすさの目安、最小回転半径は5.7mと変わらない。
エクステリアデザインは、ずばりキープコンセプト。一目で「ハリアー」とわかるものだが、ヘッドランプの造形をシャープにし、名前の由来になった猛禽類(鷹の一種)を思わせる演出を施した。リアはウィンドウの傾斜を強め、流れるようなサイドビューを形成したという。


オプション設定の電動マルチパネルムーンルーフは、3枚のガラスで構成される。従来型と較べて、2.5倍の光量が得られるのがジマン
 

インテリアのテーマは、ラグジュアリー&スポーティ。“鷹が翼を広げたカタチ”をモチーフにした、インストルメントパネルが特徴的だ。ドアトリムのアームレストなどにウッドパネルを新たに採用し、ラグジュアリー性を高めるとともに、センターパネル左右などはメタルバーでアクセントをつけ、スポーティ感を演出した。


3リッターV6エンジン「1MZ-FE」
 

■新設計のサスペンション

エンジンラインナップは先代と変わらず、3リッターV6 DOHC24バルブ(220ps/5800rpm、31.0kgm/4400rpm)と、2.4リッター直4 DOHC16バルブ(160ps/5600rpm、22.5kgm/4000rpm)の2種類。3リッターにのみ5段ATが組み合わされ、2.4リッターは従来通りの4段ATとなる。
4WD車は、前:後=50:50にトルク配分を行う、フルタイム4WDシステム。3リッターモデルは、VSC(車両安定性制御システム)とTRC(トラクションコントロールシステム)を備え、4輪のブレーキとエンジンスロットルを制御。最適なトルクをコントロールするという。2.4リッター版は、従来通りのビスカスカプリングとなる。


荷室容量は423リッター(VDA方式)。旧型より15リッター拡大された
 

サスペンション形式は、フロントがマクファーソンストラット、リアはデュアルリンク式ストラット。どちらも、ダンパー、コイル、スタビライザーを新設計とし、応答性の向上が図られた。サスペンションを担当した、第1開発センターの草間栄一氏は、「特に高速道路などで、バネ上のフラット感が強く感じられると思います」と語る。
トップグレード「AIRS」は、オートレベリング機能を備えたエアサスペンションを装着する。車高制御機能を備え、標準の「Nモード」、車高を30mm高めて悪路走行に対応する「Hiモード」、車高をNより15mm下げ、ワインディングなどのスポーツ走行に適する「Loモード」、そして車高を30mm下げ、乗降性を高める「乗降モード」と、4つのモードが用意される。



 

■プリクラッシュセーフティ

新型ハリアーの目玉は、衝突時の被害を軽減する「プリクラッシュセーフティ」だ。最上級グレード「AIRS」にオプション設定されるこのシステムは、フロントに備わるミリ波レーダーからの情報により、前方障害物への衝突を回避できるかできないかをコンピューターが判断する。不可避と判断された場合、前席シートベルトをモーターで巻き取り、乗員をシートに固定。さらに、ブレーキペダルの踏み込み量にかかわらず、踏み込みと同時にブレーキアシストを作動させることにより衝突速度を低減、ダメージを最小限に食い止めるというハイテク装備だ。
他に、ステアリングホイールの切れ角により、ロービームの光軸を左右に動かして、夜間の視認性向上を図る「インテリジェントAFS」(AIRSに標準)が設定されたことも新しい。



 

価格の詳細は、以下の通り。

●2WD
240G(2.4リッター+4段AT):249.0万円
同Lパッケージ:262.0万円
同プレミアムLパッケージ:281.0万円
300G(3リッター+5段AT):281.0万円
同Lパッケージ:294.0万円
同プレミアムLパッケージ:313.0万円
AIRS:343.0万円
●4WD
240G(2.4リッター+4段AT):273.0万円
同Lパッケージ:286.0万円
同プレミアムLパッケージ:305.0万円
300G(3リッター+5段AT):309.0万円
同Lパッケージ:322.0万円
同プレミアムLパッケージ:341.0万円
AIRS:367.0万円

なお、福祉車両「ウェルキャブ」も同日発売。スイッチ操作で助手席が電動で回転、上下動し、乗降性を高めた「助手席リフトアップシート車Aタイプ」が設定される。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車「ハリアー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/harrier/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
ホームへ戻る