トヨタ「ハリアー」、フルモデルチェンジ

2003.02.18 自動車ニュース
 

トヨタ「ハリアー」、フルモデルチェンジ

トヨタ自動車は、SUV「ハリアー」をフルモデルチェンジし、2003年2月17日に発売した。


発表会場には、報道陣を含む多くの人が集まった。
「オールラウンダー」コンセプトのワゴンとしてデビューした「ハリアー」は、日本、そして北米では「レクサス」ブランド「RX300」の名で販売。アメリカでは、苦戦中のいわゆる“ビッグ3”を尻目に、堅調な成長ぶりをみせた。
2代目は、更なる高級化とともに、主に走りと安全面で熟成を図り、レクサス版は「RX330」としてリリース。BMW「X5」やメルセデスベンツ「Mクラス」らライバルとの勝負に挑む
 

■ポイントは、走りと安全性

「ワイルド・バット・フォーマル」のCMがちょっと懐かしい、初代「ハリアー」の誕生は1997年。いわゆるヨンクとしてのSUVを、街乗りかつ高級にふった「オールラウンダー」コンセプトのワゴンとしてデビューし、国内、そして北米の高級車チャネル「レクサス」のコンパクトSUVとして販売。ヒットモデルとしての地位を築いてきた。


快適装備は、全モデルに左右独立式オートエアコンを標準装備する。センターコンソールはスライド式で、後ろに移動すれば左右のウォークスルー性が高まる
 

初めて行われるフルモデルチェンジのテーマは、「ハンドリング性能と先進の安全性」。ひとまわり大きくなったボディに、改良を進めたサスペンション、そしてミリ波レーダーを用いた衝突被害軽減を図る装置「プリクラッシュセーフティシステム」などを盛り込んだ。
エンジンは従来通り、2.4リッター直4と3リッターV6の2種類。トランスミッションは、直4モデルに先代同様の4段AT「Super ECT」。V6に1段多い5段AT「5Super ECT」を奢った点が新しい。駆動方式は、2WDとフルタイム4WDのいずれか。価格は、249.0万円から367.0万円までで、月販目標を2500台に設定。海外は北米市場を中心に、月販9000台を目標にする。


リアシートは4:2:4の分割可倒式(240G、300Gは6:4)を採用。中央のみをフォールディングして、スキーなどの長尺物を積載できる
 

■一目で「ハリアー」とわかる

ボディサイズは、全長×全幅×全高=4730×1845×1680mm、ホイールベースは2715mm。先代と較べて、それぞれ155×30×15mm大きく、ホイールベースは100mm延長された。ハンドルの切れ角を先代に較べて増大させたため、取り回しやすさの目安、最小回転半径は5.7mと変わらない。
エクステリアデザインは、ずばりキープコンセプト。一目で「ハリアー」とわかるものだが、ヘッドランプの造形をシャープにし、名前の由来になった猛禽類(鷹の一種)を思わせる演出を施した。リアはウィンドウの傾斜を強め、流れるようなサイドビューを形成したという。


オプション設定の電動マルチパネルムーンルーフは、3枚のガラスで構成される。従来型と較べて、2.5倍の光量が得られるのがジマン
 

インテリアのテーマは、ラグジュアリー&スポーティ。“鷹が翼を広げたカタチ”をモチーフにした、インストルメントパネルが特徴的だ。ドアトリムのアームレストなどにウッドパネルを新たに採用し、ラグジュアリー性を高めるとともに、センターパネル左右などはメタルバーでアクセントをつけ、スポーティ感を演出した。


3リッターV6エンジン「1MZ-FE」
 

■新設計のサスペンション

エンジンラインナップは先代と変わらず、3リッターV6 DOHC24バルブ(220ps/5800rpm、31.0kgm/4400rpm)と、2.4リッター直4 DOHC16バルブ(160ps/5600rpm、22.5kgm/4000rpm)の2種類。3リッターにのみ5段ATが組み合わされ、2.4リッターは従来通りの4段ATとなる。
4WD車は、前:後=50:50にトルク配分を行う、フルタイム4WDシステム。3リッターモデルは、VSC(車両安定性制御システム)とTRC(トラクションコントロールシステム)を備え、4輪のブレーキとエンジンスロットルを制御。最適なトルクをコントロールするという。2.4リッター版は、従来通りのビスカスカプリングとなる。


荷室容量は423リッター(VDA方式)。旧型より15リッター拡大された
 

サスペンション形式は、フロントがマクファーソンストラット、リアはデュアルリンク式ストラット。どちらも、ダンパー、コイル、スタビライザーを新設計とし、応答性の向上が図られた。サスペンションを担当した、第1開発センターの草間栄一氏は、「特に高速道路などで、バネ上のフラット感が強く感じられると思います」と語る。
トップグレード「AIRS」は、オートレベリング機能を備えたエアサスペンションを装着する。車高制御機能を備え、標準の「Nモード」、車高を30mm高めて悪路走行に対応する「Hiモード」、車高をNより15mm下げ、ワインディングなどのスポーツ走行に適する「Loモード」、そして車高を30mm下げ、乗降性を高める「乗降モード」と、4つのモードが用意される。



 

■プリクラッシュセーフティ

新型ハリアーの目玉は、衝突時の被害を軽減する「プリクラッシュセーフティ」だ。最上級グレード「AIRS」にオプション設定されるこのシステムは、フロントに備わるミリ波レーダーからの情報により、前方障害物への衝突を回避できるかできないかをコンピューターが判断する。不可避と判断された場合、前席シートベルトをモーターで巻き取り、乗員をシートに固定。さらに、ブレーキペダルの踏み込み量にかかわらず、踏み込みと同時にブレーキアシストを作動させることにより衝突速度を低減、ダメージを最小限に食い止めるというハイテク装備だ。
他に、ステアリングホイールの切れ角により、ロービームの光軸を左右に動かして、夜間の視認性向上を図る「インテリジェントAFS」(AIRSに標準)が設定されたことも新しい。



 

価格の詳細は、以下の通り。

●2WD
240G(2.4リッター+4段AT):249.0万円
同Lパッケージ:262.0万円
同プレミアムLパッケージ:281.0万円
300G(3リッター+5段AT):281.0万円
同Lパッケージ:294.0万円
同プレミアムLパッケージ:313.0万円
AIRS:343.0万円
●4WD
240G(2.4リッター+4段AT):273.0万円
同Lパッケージ:286.0万円
同プレミアムLパッケージ:305.0万円
300G(3リッター+5段AT):309.0万円
同Lパッケージ:322.0万円
同プレミアムLパッケージ:341.0万円
AIRS:367.0万円

なお、福祉車両「ウェルキャブ」も同日発売。スイッチ操作で助手席が電動で回転、上下動し、乗降性を高めた「助手席リフトアップシート車Aタイプ」が設定される。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車「ハリアー」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/All_toyota_lineup/harrier/index.html

関連キーワード:
ハリアートヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタが「C-HR」の1.2リッターターボモデルにFF車を新設定 2018.5.8 自動車ニュース トヨタがコンパクトSUVの「C-HR」に一部改良を実施。これまで4WDしか設定のなかった1.2リッターターボ車にFFを設定したほか、「S」「S-T」を除く全車にLEDヘッドランプを標準装備。ボディーカラーに「ネビュラブルーメタリック」を新設定した。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真 欧州トヨタがパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で公開を予定している新型SUV「C-HR」の詳細を発表。また同車の日本仕様の詳細も公開された。その姿を画像で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
ホームへ戻る