「日産モータースポーツ懇親会」に“シノケン”が出席

2003.02.14 自動車ニュース
 

「日産モータースポーツ懇親会」に“シノケン”が出席

日産自動車とニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(株)は、2003年2月13日、「日産モータースポーツ懇親会」において、2003年のモータースポーツ活動を発表した。ワークスドライバーをはじめ、1月の「ダカールラリー」で大怪我を負った篠塚建次郎も出席、事故の報告や今後の抱負などを語った。


【写真上】左から、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(株)の佐々木健一社長、「ダカールラリー」で日産最上位の5位に入ったジニール・ドゥヴィリエ、大事故のあとが見受けられる篠塚健次郎、そして日産のグローバル・モータースポーツ・オフィサー、佐々木健一
【写真下】松葉杖をついて歩く篠塚
 

■篠塚「やる気十分」

2003年「ダカールラリー」で大怪我を負った篠塚健次郎が、事故後初めて公式の場に姿を見せた。顔には痛々しい傷跡、左手親指にギブスをはめ、松葉杖をついて登場した「シノケン」。一時重体と伝えられたことについて、「事故直後、出血により鼻が詰まってしまったため、呼吸困難になった。また血圧が急激に下がったこともあって、重体という報道がなされたようだ。皆様にご迷惑をかけ申し訳ない」と話した。

本人によると、今月下旬にはギブスや松葉杖がとれ、通常の生活に戻れるという。しかし、顔の傷は残ってしまう可能性が高く、「もともと人相が悪かったのが、もっと悪くなってしまった」と冗談まじりに語った。今後の活動については、「事故の瞬間(9日)から11日の朝まで記憶がない。恐怖感も覚えていないので、まだまだやる気十分だ」と来年以降の参戦に意欲を見せた。



 

■“パリダカ”今後の課題

2003年のダカールラリー(通称パリダカ)は、優勝経験をもつアリ・バタネンがSSトップ4回、ジニール・ドゥヴィリエが総合5位入賞など、ワークス参戦初年度の日産にしては、まずまず成果を残せたといえる。篠塚は今年の結果について、「自分のことを除けば、来年のためのデータ収集などができ、有意義だったと思う」としながらも、「エンジンの低速トルク不足や、長いオーバーハングによる乗りにくさなど、まだまだ改善の余地は多い」と話した。
また“古巣”三菱については、「今年からプロトタイプを持ちこんだこともあり、速かった。来年は、私たちも含め、すべてのチームが目標とするクルマだ」と評価した。


フランスから帰国し、JGTCに参戦する井出有治
 

■井出「武者修業を終え、GT500参戦」

今年は、2002年に仏F3選手権に参戦した井出有治が、チームインパルから全日本GT選手権(JGTC)GT500クラスにエントリーする。ニスモチームでは、柿本邦彦が監督に復帰。先日発表されたダレン・マニングに代わって、昨年TAKATA童夢NSXをドライブしたリチャード・ライアンを起用した。また、GT300クラスは、今年からシルビアに代わって「フェアレディZ」をレース車両として使用することも明らかになった。


GT500参戦ドライバー
 

■「強いGT-Rから速いGT-Rへ」

今年から監督に復帰する柿本氏は、「GT-Rは1997年を最後に予選でポールポジションを取っていない。1998年、2000年と選手権タイトルは取れたものの、それでは面白くない。今年は強いGT-Rから速いGT-Rへ生まれ変わり、圧倒的な強さをお見せしたい」と今年の決意を語った。
「坊主にして気合を入れた」というミハエル・クルムなど、GT500に参戦する各ドライバーも、「今年はマシンもいいし、チャンピオンを取りにいく」と力強く話した。今年のJGTC参戦体制は以下の通りだ。

GT500クラス
<ニスモチーム>
22号車:本山哲/ミハエル・クルム
23号車:リチャード・ライアン/影山正美
<チームインパル>
12号車:ブノワ・トレルイエ/井出有治
参戦車両は、2003年型R34日産スカイラインGT-R

GT300クラス
<ハセミモータースポーツ>
木下みつひろ/柳田真孝
参戦車両は、2003年型Z33型フェアレディZ

(webCG 永瀧)

「日産自動車」:
http://www.nissan.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。