ホンダ、マレーシア新四輪工場の稼動を開始

2003.02.12 自動車ニュース

ホンダ、マレーシア新四輪工場の稼動を開始

本田技研工業の、マレーシアにおける四輪生産・販売の合弁会社ホンダ・マレーシアは、マレーシア国内に新工場を開設。2003年1月30日に稼働を開始した。

今回完成したマレーシアの新工場では、まず「CR-V」の生産を開始。現在の委託先で生産される、「アコード」「シビック」「シティ」(日本名フィットアリア)についても、年内に生産が移管される予定だ。
新工場は、年間生産能力約2万台(2交代制)。2003年は、1万台の生産を計画する。また、施設内に併設される部品工場は、2002年11月から稼動しており、駆動系の精密部品(等速ジョイント)を生産、ASEAN域内にあるホンダの四輪工場にパーツを供給する。

(webCG 永瀧)

本田技研工業:
http://www.honda.co.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。