スズキ「アルト ラパン」にキャンパストップモデル

2003.02.12 自動車ニュース

スズキ「アルト ラパン」にキャンパストップモデル

スズキは、軽乗用車「アルト ラパン」に、スズキのグループ会社「ベルアート」がキャンバストップを架装した特装車「ラパン キャンパストップ」を設定し、2003年2月5日から販売を開始した。

今回の特装車は、その名の通り屋根が開閉できる「キャンパストップ」を採用したモデル。電動開閉式で、手軽に開放感を楽しめるのがウリだ。

ルーフはダークグレイメタリックに塗装し、黒いキャンバストップとコーディネート。開放時の風の巻き込みを軽減するため、ウインドディフレクターを装備する。外装では他に、フロントグリルのラパン(ウサギ)マークに、専用の赤色仕様を採用。アルミホイールセンターキャップにも、ウサギがあしらわれる。ボディ色は専用色、パールホワイトとブライトレッドの2色が設定された。
ファッショナブルを謳うインテリアは、ソファーをイメージしたという赤色のシート地(白の玉縁付き)を採用。白色のインストルメントパネルには、パールホワイト塗装が施された。ノーマルのラパンはリアシートが一体型可倒式だったが、使い勝手を考慮して、分割可倒式を採用したこともニュースだ。

価格は129.8万円(2WD/4AT)

(webCG 永瀧)

スズキ「アルト ラパン」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/lapin/

 
スズキ「アルト ラパン」にキャンパストップモデルの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ラパンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【レビュー】 2016.2.26 試乗記 専用チューニングのエンジンやサスペンション、クロスレシオの5段MTなど、すべての要素が走ることにフォーカスされた「スズキ・アルト ワークス」。15年ぶりに復活したファン待望のスポーツモデルを、ワインディングロードで試した。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
ホームへ戻る