スバル「フォレスター」に特別仕様車

2003.02.10 自動車ニュース

スバル「フォレスター」に特別仕様車

富士重工業は、スバル「フォレスター」に、アパレルメーカー「L.L.Bean」との提携によりつくられた特別仕様車「X20 L.L.Bean Edition」を設定し、2003年2月3日から販売を開始した。

「X20 L.L.Bean Edition」は「X20」をベースに、アパレルメーカー「L.L.Bean」のロゴをあしらった本革シートなど、特別装備を施したモデル。専用装備として、「L.L.Bean エディション」エンブレム付きリアクォーターカバー、同ロゴをあしらった本革シートを装着。インテリアカラーも、ベージュの専用色を採用した。

加えて、エクステリアに、16インチアルミホイール、フロントフォグランプ、大型電動格納式リモコンドアミラー、2灯式HIDハイ・ロービームランプを装備。荷物搭載時に車両の姿勢を安定させる「セルフレベライザー内蔵リヤサスペンション」を標準装備し、乗り心地の向上が図られた。
インテリアは、本革巻ステアリングホイール&ATセレクトレバー(MT車はMTシフトノブ)などが奢られた。機能装備として、MD/6連装CDプレーヤー一体オーディオが備わる。

価格は、5段MT仕様が209.8万円、4段AT仕様は216.8万円。

富士重工業と米L.L.Bean社は、北米などで販売される「レガシィ アウトバック」(日本名ランカスター)の特別仕様車を2000年に販売するなど、良好な協力関係を築いている。今回のフォレスター「X20 L.L.Bean Edition」は、両社の関係を日本国内マーケティングに拡大する、第一弾となる。

スバル「フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/
同「フォレスター X20 L.L.Bean Edition」:
http://www.subaru.co.jp/forester/llbean/

 
スバル「フォレスター」に特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る