【スペック】全長×全幅×全高=4490×1770×1450mm/ホイールベース=2625mm/車重=1410kg/駆動方式=4WD/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(280ps/6500rpm、40.0kgm/3500rpm)/車両本体価格=329.8万円(テスト車=334.3万円)

三菱ランサーエボリューションVIII GSR(6MT)【ブリーフテスト】

三菱ランサーエボリューションVIII GSR(6MT) 2003.02.08 試乗記 ……334.3万円総合評価……★★★★


三菱ランサーエボリューションVIII GSR(6MT)【ブリーフテスト】の画像
リアウィングは、左右の支柱も含めフルカーボン製。VIIIのそれは、固定翼となった。

リアウィングは、左右の支柱も含めフルカーボン製。VIIIのそれは、固定翼となった。

スリーダイヤモンドのキモチ

8代目「ランエボ」こと「三菱ランサーエボリューションVIII」の民生部門担当「GSR」の特徴は、ギアボックスが5段から6段MTになったこと。「そのぶん車重は10kg重くなって1410kgに」というより、「ボディ各部の補強」「空力性能向上のためフロントアンダーカバー装着」「燃料タンク容量拡大」といったエボリューション(進化)を果たしにもかかわらず、重量は10kg増に抑えられた。
やや拘束感が減ったレカロシートに座って走りはじめる。と、疾風怒濤の、目眩せんばかりの“速さ”は従来通り。「ドコが進化したの?」というのは冗談で、3500rpm付近から本領を発揮するターボエンジンはトルクをが1kgm増しの40.0kgmに、280psのピークパワーこそ変わらないが、過渡期3500-5500prmにおいて出力が上乗せされた。新しい6スピードのギアは、ランエボVIIGSRの4-5速間に1速を追加した、と考えるとわかりやすい(先代の競技用「スーパークロース5MT」に6速ギアが追加された、という方が近い)。ただ、クロースされた4-5-6速を活用しようとすると、とんでもない速さになっちゃうからなァ……。
一方、合法的に(?)1世代分の進化を活かせるのが、今回名前に“スーパー”がついた「スーパーAYC(Active Yaw Control system)」。旋回時に後輪内側のトルクの一部を外輪に渡すシステムで、VIIIは移動トルク量をVIIの約2倍にアップ。「旋回限界を10%引き上げた」とされる。競技用「RS」にもオプション設定されるから、ジムカーナ等の競技で強い味方になる可能性がある。
三菱自動車は、2003年度の「WRC(世界ラリー選手権)」参戦を見送った。一抹の寂しさは拭えないけれど、ランサーエボリューションVIIIは、改造範囲が狭い「グループN」でプライベーターたちに愛用され、世界中のサーキットやジムカーナ場、そして各地の峠で、その姿が見られるはずだ。そんなところに、WRCで、市販車との共通部分が残る「グループA」から、ラリー版シルエットフォーミュラともいえるWRカー(ワールドラリーカー)への移行を最後まで渋ったスリーダイヤモンドの精神が生きている。


4本合計で3.2kgの軽量化を果たしたENKEI社製17インチホイール。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
1992年10月に初代が登場して10年余、2003年1月29日に8代目に“進化”したランサーエボリューション。ベースが「ランサーセディア」になった2代目である。グレードは、従来通り街乗り用「GSR」と競技用「RS」に大別される。2リッターターボは基本的にキャリーオーバーだが、組み合わされるトランスミッションに6段MTが採用された。ホイールは17インチ。「過酷なモータースポーツでは、信頼性が大事」と先代ランエボでギアボックスの6段化を見送った手前(?)、RSには5MT仕様も残される。こちらのホイールは15インチ。
なお、ランエボVIIIから、北米への正式な輸出が始まった。こちらは、電子デバイスを省いた5段MT車。最高出力は275psだ。
(グレード概要)
「GSR」は、「2リッターターボ+6MT」のみの設定。VIIIでは、空力の洗練と、後輪左右にトルクを可変配分する三菱ジマンの「AYC」の移動トルク量が増大、「スーパーAYC」に進化した(RSにはオプション設定)。MOMO製ステアリングホイール、RECARO製バケットシートが奢られる。「ACD(アクティブ・センター・デファレンシャル)」「スーパーAYC」「スポーツABS」「BRENBO製ブレーキ(フロント4ポット/リア2ポット)」そして「フロントヘリカルLSD」と、スポーツ走行用装備満載。一方、「パワーウィンドウ」「フルオートエアコン」「センタードアロック」「キーレスエントリー」など、快適装備もきっちり揃える。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★
インパネ上部を横切るパネルをブルー系の塗装としてシート生地とのコーディネイトをはかり、センターパネルをダークチタン調にして“スポーツ”を演出する「VIII」。とはいえ、WRC覇者の系譜として“ショボい感”は否めない。価格対性能比を考えるととても文句は言えないが、良くも悪くも「民主ニッポン」のラリーウェポンではある。メーターナセル内中央にタコメーターがドンと置かれるのは本格的でカッコいいのだが、左隣の小径スピードメーター−−黒地に暗いオレンジの数字−−は、太陽や照明によってはひどく読みにくい。革巻きのステアリングホイールはMOMO社製。
(前席)……★★★★
ダークブルーのニットと黒いバックスキン調素材「シルクウェーブ」を組み合わせ、精一杯クールに装ったフロントシート。シートはRECARO製のフルバケットタイプで、先代よりややサイズに余裕がもたされたが、ホールド性は確保される。
(後席)……★★
座面が短めで、着座位置が低くいのは気になるが、パッケージのいい「ランサーセディア」がベースだから、膝前、ヘッドクリアランスとも、スペースに不満はない。ショルダーラインが低く、サイドウィンドウが大きいのもいい。ただ、“ドライバー独尊”モデルゆえか、ヘッドレストは簡略化されたバックレスト一体型で、追突されたときに不安が残る。ルーフが短く、リアシートの乗員が、直射日光を受けやすいのも気になるところ。
(荷室)……★★★
雄々しいウィング(フルカーボン製!)を備えたトランクリッドを開けると、ラリーウェポンには不釣り合いなほど(?)実用的なトランクルームが広がる。床面最大幅135cm、奥行き94cm、高さは50cmと、まず不満のない大きさだ。ただ、かさばりやすいマルチリンクサスの影響か、ホイールハウスの張り出しが大きく、ハウス間は90cmと急激に狭まる。トランクリッドは、横にわたされた2本のトーションバーで簡素に支えられる。大きく湾曲したヒンジが荷室に干渉し、また、閉めるときに手をかける取っ手がないのは不便。



三菱ランサーエボリューションVIII GSR(6MT)【ブリーフテスト】の画像
インタークーラースプレーは引き続き標準装備。

インタークーラースプレーは引き続き標準装備。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
最高出力280ps/6000rpm、最大トルク40.0kgm/3500rpm。カタログ数値上は「VII」比1kgm増しにすぎないが、パワー、トルクとも、中回転域で太らされ、街なかでの使いやすさが増した。アウトプット増大のため過給圧が上げられたほか、ウォーターポンプの容量アップ、ターボチャージャーの水室拡大と、冷却系のチューンもぬかりない。耐久性に考慮して、アルミ鍛造のピストン、コンロッドの強度も見直された。3500rpmを超えると「ヒーン!」というタービン音とともに、クールな2字曲線的加速を披露する。法の下では、4速80km/hからの追い越し加速がひとつのハイライトになるわけだ。
6スピードになったギアボックスは、“ちょい乗り”リポーターには「3-4」と「5-6」間が狭く、「シフトミスの恐れ」が感じられたが、慣れればスピーディなギアチェンジに貢献するのだろう。形状が変更された丸いシフトノブは好印象。FISCO(富士スピードウェイ)のレースコースで行われたプレス試乗会で確認したところ、ロウで60km/h、セカンドで95km/h、サードで130km/h、フォースでは170km/hまでをカバーする。ということは、クロース化された4-5-6速をフルに使うとなると……。
(ハンドリング+乗り心地)……★★★★
ラリーフィールドで鍛えに鍛えられたランサーエボリューション。前後輪の差動制限を変化させる「ACD」、ベベル式から遊星ギアタイプになった「スーパーAYC」、旋回時のブレーキングをコントロールする「スポーツABS」と電子デバイス満載、乗るというより乗せられる。サーキットおよびジムカーナコースを使ったプレス試乗会はあいにく大雨で、VIIからVIIIへの進化を堪能するに至らなかったが、後日ハコネに赴いたところ、執拗に路面を捉える足まわりに感嘆。普通ならスライドするはずのタイトコーナーでも後輪はトラクションを伝え続け、さらに加速しようとする。むしろドライバーの神経がもたない。ストッピングパワーは、フロント対向4ポット、リア対向2ポットのブレンボ製ブレーキシステムが発生、しっかり速度を殺す。
乗り心地はさすがに硬いが、突き上げを剛性感高いボディがガッシリ受け止め、ハーシュの角を鈍らす。フロント下部のアンダーカバーの恩恵か、ハイスピードクルージング時の安定感は抜群。前行くクルマが蜘蛛の子を散らすように……てな運転はしないように。言うまでもなく、“誰でもガンダム”といえども、物理的な法則に抗えるわけではない。

(写真=清水健太)



【テストデータ】

報告者:webCG青木禎之
テスト日:2003年2月6日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2003年型
テスト車の走行距離:1734km
タイヤ:(前)235/45ZR17(後)同じ(いずれもヨコハマAdvan A046)
オプション装備:プライバシーガラス(2.5万円)+6スピーカー(2.0万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3):高速道路(6):山岳路(1)
テスト距離:278.2km
使用燃料:44.3リッター
参考燃費:6.3km/リッター


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランサーエボリューションの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ランサーエボリューション ファイナルエディション(4WD/5MT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 10代、23年間にわたって進化を続けてきた「三菱ランサーエボリューション」にいよいよ終止符が打たれる。「ランエボX GSR」をベースにした最終進化形「ファイナルエディション」に、雨の富士スピードウェイ・ショートサーキットで試乗した。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」にピンク色の限定車 2016.11.10 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月9日、「ザ・ビートル」初のピンク色を採用した特別限定車「#PinkBeetle(ハッシュタグ ピンクビートル)」を300台限定で発売した。車両価格は307万円。
  • 「ポルシェ・パナメーラ」にショーファードリブン仕様が登場 2016.11.10 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2016年11月10日、新型「パナメーラ」のモデルラインナップに新型3リッターV6ターボエンジン搭載モデルと、ボディーを延長した「エグゼクティブ」モデルを追加設定し、同年12月9日に予約受注を開始すると発表した。
  • フォルクスワーゲンとLCCのピーチがコラボレーション 2016.11.10 自動車ニュース 2016年11月9日、フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)と格安航空会社のピーチ・アビエーションのコラボレーションが発表された。同日、「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラッピングを施した航空機の運航を開始し、機内でザ・ビートルのピンク色の限定車を発売した。
ホームへ戻る