富士重工業、GMインドへフォレスターを供給

2003.02.07 自動車ニュース

富士重工業、GMインドへフォレスターを供給

富士重工業は、米ゼネラルモーターズの協力を受け、GMインドにスバル「フォレスター」を供給すると発表した。

GMのインド現地法人、GMインドに供給されるのは、スバルのクロスオーバービークル「フォレスター」。GMの現地販売網を利用し、2003年3月から販売を開始する。販売台数は、2003年が500台/年、2004年以降は年間1000台を見込んでいる。

今回のような、海外でのスバル車販売に関するGMとスバルの協力は、フィリピン(2001年2月から)、インドネシア(2001年7月から)に続く3ヶ国目。フィリピンとインドネシアは、いずれもスバルブランドで販売されるが、インドでは初めてGMブランドで販売される。

(webCG 永瀧)

富士重工業:
http://www.fhi.co.jp/
スバル:
http://www.subaru.co.jp/

 
富士重工業、GMインドへフォレスターを供給の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
ホームへ戻る