ベントレー「コンチネンタルGT」発表

2003.02.06 自動車ニュース
 

ベントレー「コンチネンタルGT」発表

ベントレーモーターズジャパンは、2ドア4シーターのグランドツアラー「コンチネンタルGT」のデザインコンセプトモデルを、2003年1月31日に発表した。


ベントレーモーターズジャパンのティム・マッキンレー代表。北米での発表以来、コンチネンタルGTの予約受注が好調であると語った。日本への割り当て台数は未発表だが、2004年生産分は完売だという
 

■グランドツーリングの伝統

ベントレーのニューモデル「コンチネンタルGT」は、「グランドツーリングの伝統とベントレーのクラフトマンシップ」を融合したと謳われる4座の2ドアクーペ。2002年の「パリサロン」や2003年1月の「デトロイトショー」など、モーターショーでたびたびお披露目されたデザインコンセプトモデルが、今回日本で発表された。



 

コンチネンタルGTのデザインは、「過去のベントレーデザインを尊重しつつ、レトロカーにならないよう現代的に」(広報資料)仕上げたもの。Bピラーレスでコンパクトなキャビン、すっきりまとめられたリアビューは、「ベントレーの哲学」だという。


1952年製「ベントレーRタイプコンチネンタル」
 

ベントレーの車名によく使われる「コンチネンタル」の名が初めて使われたのは、「世界最速の4座サルーン」、「戦後のベントレーの中でもっとも美しいデザインをもつ」といわれる、1952年の「タイプRコンチネンタル」。二玄社編集顧問の小林彰太郎によると、タイプRコンチネンタルはその名前が示すとおり、ヨーロッパ“大陸”(コンチネンタル)を走るグランドツーリングカーだった。新型のコンチネンタルGTも、大きなリアフェンダーの形状や、切り返しをつけてくっきりさせたサイドラインなどに、“タイプR”の面影が見て取れる。


展示車のインテリアカラーはブラウン
 

インテリアは、大人4人がくつろげる広さをもつ。ほぼ左右対称のダッシュボードはセンターコンソールを境に左右が盛り上がり、ベントレーの翼マーク「ウイングドB」を表す。ベントレーにとって「欠かすことのできない」ウッドとレザーは、コンチネンタルGT専用にデザインされたという。燃料タンクを床下に配置することで、ラゲッジスペースは400リッターを確保した。


カバーを見るとV12のようにみえる、フォルクスワーゲン製6リッターW12ツインターボエンジン
 

■0-100km/h=5秒、VMAX=290km/h

エンジンは“500ps以上”の最高出力が謳われる、フォルクスワーゲンの6リッターW12ツインターボを搭載。トランスミッションは、ステアリングに設けられたパドルでシフトできる、ZF製6段シーケンシャルATが組み合わされる。静止状態から100km/hまでわずか5秒、最高速度は290km/hに達するという。
なお500ps以上の大出力に対応するため、コンチネンタルGTは四輪駆動が採用された。



 

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン式、リアはマルチリンク式。エアスプリングと電子制御ダンパーを備え、ドライバーが意識することなく「自動的、継続的に、際限なく」調節されるという。タイヤは275/40の18インチを標準装備するが、オプションで20インチの超ファットなシューズまで選択できる。

価格は正式発表されていないが、15万ポンド(約3000.0万円)程度と予想される。ちなみに日本への割り当ては、2004年生産分まで完売だという。

(webCGオオサワ)

「Bentley Continental GT」:
http://www.bentleygt.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • 【ジュネーブショー2017】最高出力500psの「ポルシェ911 GT3」登場 2017.3.8 自動車ニュース 独ポルシェは2017年3月7日、ジュネーブショーモーターショーで「911 GT3」の最新モデルを世界初公開した。同車は最高出力500psの4リッター水平対向6気筒自然吸気エンジンを搭載しており、日本での販売価格は2115万円。
  • 第3回:ただ速いだけじゃない
    「ジャガーFタイプSVR」の真価とは?
    2017.2.28 特集 最高出力575ps、最大トルク71.4kgmを発生する、「ジャガーFタイプ」のトップグレード「SVR」。専用の空力パーツとさらに引き締められた足まわりを持つこのモデルは、絶対的な動力性能以外の点でも、大きな存在感を放っていた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る