ジープ「グランドチェロキー」2003年モデル発売

2003.02.06 自動車ニュース

ジープ「グランドチェロキー」2003年モデル発売

ダイムラークライスラー日本は、ジープブランドのトップレンジ「グランドチェロキー」の2003年モデルを、2003年2月8日に発売する。

2003年モデルのトピックは、価格競争力アップと販売増を狙い、2002年モデル比で「リミテッド」を19.0万円、「リミテッドV8」を35.0万円、それぞれ価格を引き下げたことである。
2003年型は、4.7リッターV8搭載の「ラレードV8」がラインナップから外され、4リッター直6(193ps、30.1kgm)を積む「ラレード」に変更された。これに、「リミテッド」(4リッター直6)と4.7リッターV8(222ps、40.1kgm)「リミテッドV8」を加え、全3種類で構成される。
ボディ色に「ブライトシルバーメタリック」「ブリリアントブラッククリスタル」が採用されたのも新しい。

価格は以下の通り。

「ラレード」:384.0万円
「リミテッド」:435.0万円
「リミテッドV8」:495.0万円

(webCGオオサワ)

「ジープ」:
http://www.jeep-japan.com/

 
ジープ「グランドチェロキー」2003年モデル発売の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
ホームへ戻る