ジープ「グランドチェロキー」2003年モデル発売

2003.02.06 自動車ニュース

ジープ「グランドチェロキー」2003年モデル発売

ダイムラークライスラー日本は、ジープブランドのトップレンジ「グランドチェロキー」の2003年モデルを、2003年2月8日に発売する。

2003年モデルのトピックは、価格競争力アップと販売増を狙い、2002年モデル比で「リミテッド」を19.0万円、「リミテッドV8」を35.0万円、それぞれ価格を引き下げたことである。
2003年型は、4.7リッターV8搭載の「ラレードV8」がラインナップから外され、4リッター直6(193ps、30.1kgm)を積む「ラレード」に変更された。これに、「リミテッド」(4リッター直6)と4.7リッターV8(222ps、40.1kgm)「リミテッドV8」を加え、全3種類で構成される。
ボディ色に「ブライトシルバーメタリック」「ブリリアントブラッククリスタル」が採用されたのも新しい。

価格は以下の通り。

「ラレード」:384.0万円
「リミテッド」:435.0万円
「リミテッドV8」:495.0万円

(webCGオオサワ)

「ジープ」:
http://www.jeep-japan.com/

 
ジープ「グランドチェロキー」2003年モデル発売の画像

関連キーワード:
グランドチェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • デトロイトショー2018(その11) 2018.1.18 画像・写真 FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)傘下のジープ、その主役はフェイスリフトを受けた「チェロキー」である。外観に変更を受けたほか、2リッター直4ガソリンターボエンジン搭載車が新たに登場した。その姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • 【LAショー2017】ジープ、新型「ラングラー」をお披露目 2017.11.6 自動車ニュース FCAがロサンゼルスオートショーで新型「ジープ・ラングラー」を世界初公開すると発表した。今回の新型は、従来モデルから伝統的な意匠を受け継ぎつつ、より低燃費なパワートレインや、先進の安全装備などが取り入れられるという。
ホームへ戻る