スバル「フォレスター」一部改良

2003.02.04 自動車ニュース
 

スバル「フォレスター」一部改良

富士重工業は、スバルのSUV「フォレスター」を一部改良、同時に新グレードを追加設定し、2003年2月3日に発売した。

 

●快適性、機能性の向上

今回の一部改良は、快適性と機能性の向上が主な眼目である。
雨天時のミラーの汚れを低減するドアミラーの採用や、フロントワイパーの運転席側ブレードにフィンを追加しワイパーブレードの浮き上がりを抑制を図るなど、2002年10月にリリースした街乗りグレード「フォレスター・クロススポーツ」と同じ装備を奢った。

さらに、フロントサスペンションのストラット外筒部分の肉厚を上げ、ステアリングの応答性を向上(クロススポーツを除く) 。リアシートのピロー位置とシートバックの腰まわり部の形状を変更したほか、ベーシックな「X」に後席センターアームレストを追加した。
価格は据え置かれた。

・2リッターNA
「X」:178.5万円(5段MT)185.0万円(4段AT)
「X20」:188.0万円(5段MT)195.0万円(4段AT)
・2リッターターボ
「XT」:219.7万円(5段MT)229.5万円(4段AT)
「クロススポーツ」:233.7万円(5段MT)249.5万円(4段AT)

 

●レジャー向け新機種「Xバックパックエディション」

「X」をベースに、スポーツ、レジャー用の装備を盛り込んだ新グレード。15インチアルミホイール、フロントフォグランプ、カラードバンパーなので着飾り、また車内には撥水加工表皮のシートや荷室/リアシートバックハードマットなどを装備した。
詳しい専用装備は以下のとおり。

・カラード前後バンパー
・カラードドアハンドル
・カラードサイドクラッティング
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・15インチアルミホイール
・マルチリフレクター式フォグランプ
・専用色インディゴブルー撥水加工のシート表皮
・本革ドアトリム
・本革巻きステアリングホイール
・本革巻きセレクトレバー(AT)/シフトノブ(MT)
・本革巻きデュアルレンジ切換レバー(MT)
・本革巻きハンドブレーキレバー
・荷室/リアシートバックハードマット

価格はベース車の7.0万円高、185.5万円(5段MT)と192.0万円(4段AT)。

(webCG 永瀧)

富士重工業「スバル・フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
ホームへ戻る