スバル「フォレスター」一部改良

2003.02.04 自動車ニュース
 

スバル「フォレスター」一部改良

富士重工業は、スバルのSUV「フォレスター」を一部改良、同時に新グレードを追加設定し、2003年2月3日に発売した。

 

●快適性、機能性の向上

今回の一部改良は、快適性と機能性の向上が主な眼目である。
雨天時のミラーの汚れを低減するドアミラーの採用や、フロントワイパーの運転席側ブレードにフィンを追加しワイパーブレードの浮き上がりを抑制を図るなど、2002年10月にリリースした街乗りグレード「フォレスター・クロススポーツ」と同じ装備を奢った。

さらに、フロントサスペンションのストラット外筒部分の肉厚を上げ、ステアリングの応答性を向上(クロススポーツを除く) 。リアシートのピロー位置とシートバックの腰まわり部の形状を変更したほか、ベーシックな「X」に後席センターアームレストを追加した。
価格は据え置かれた。

・2リッターNA
「X」:178.5万円(5段MT)185.0万円(4段AT)
「X20」:188.0万円(5段MT)195.0万円(4段AT)
・2リッターターボ
「XT」:219.7万円(5段MT)229.5万円(4段AT)
「クロススポーツ」:233.7万円(5段MT)249.5万円(4段AT)

 

●レジャー向け新機種「Xバックパックエディション」

「X」をベースに、スポーツ、レジャー用の装備を盛り込んだ新グレード。15インチアルミホイール、フロントフォグランプ、カラードバンパーなので着飾り、また車内には撥水加工表皮のシートや荷室/リアシートバックハードマットなどを装備した。
詳しい専用装備は以下のとおり。

・カラード前後バンパー
・カラードドアハンドル
・カラードサイドクラッティング
・電動格納式リモコンカラードドアミラー
・15インチアルミホイール
・マルチリフレクター式フォグランプ
・専用色インディゴブルー撥水加工のシート表皮
・本革ドアトリム
・本革巻きステアリングホイール
・本革巻きセレクトレバー(AT)/シフトノブ(MT)
・本革巻きデュアルレンジ切換レバー(MT)
・本革巻きハンドブレーキレバー
・荷室/リアシートバックハードマット

価格はベース車の7.0万円高、185.5万円(5段MT)と192.0万円(4段AT)。

(webCG 永瀧)

富士重工業「スバル・フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る