ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わる

2003.02.03 自動車ニュース

ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わる

ルノージャポンは、コンパクトハッチ「ルーテシア」(欧州名:クリオ)に、1.2リッターエンジンと、クラッチ操作を自動化した5段MTを搭載するエントリーグレード「1.2クイックシフト5」(3ドア/5ドア)を追加設定、2003年1月30日に発売した。

「ルーテシア1.2クイックシフト5」は、1.2リッター直4 DOHC16バルブユニット(75ps/5500rpm、10.7kgm/3500rpm)と、クラッチ操作が不要なシーケンシャルモード付き5段MT「クイックシフト5」を搭載したモデルだ。

ルノーのエントリーカー「トゥインゴ」に搭載されるものと同じトランスミッションは、「オートマチック」と「マニュアル」が選べ、オートマモードの場合は普通のAT車と同様、アクセルとブレーキ操作だけで運転可能。マニュアルにすれば、レバーによるシフトで、スポーティな運転が楽しめるという。

価格は、3ドアが165.0万円、5ドアは175.0万円。

これにより、ルーテシアのラインナップは、2リッターエンジンを載せるスポーツモデル「スポール2.0」(3ドア/5段MT/265.0万円)と1.4リッター「1.4 RXT」(5ドア/4段AT/185.0万円)とあわせ、3エンジン、4グレードとなった。

(webCGオオサワ)

「ルノージャポン」:
http://www.renault.jp/

 
ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わるの画像

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記 実用ハッチバックも、ルノースポールの手にかかれば、小粋な4シータースポーツに早変わりする。「ルノー・トゥインゴGT」は、著しい高性能化でかえって行き場を失いつつあるスポーツカーに対するアンチテーゼであり、小型スポーツカーの秀作だ。
  • 後編:「ルーテシア ルノー・スポール」と「トゥインゴGT」で駆ける 2018.2.28 最新ルノー・スポールを愉しむ<PR> レース活動を通じて磨かれてきたルノー・スポールのスポーツマインド。そのノウハウはサーキットでも、そしてストリートでも光り輝く。同社が手がけた「ルーテシア ルノー・スポール トロフィー」と「トゥインゴGT」に試乗し、その実力を堪能した。
  • ルノー・カジャー インテンス(FF/7AT)【試乗記】 2018.4.17 試乗記 限定モデルの先行販売を経て、いよいよ“正式に”日本に導入された「ルノー・カジャー」。あまたのモデルがしのぎを削るコンパクトSUV市場に投入されたフランス産のニューモデルは、ある意味、実にルノーらしい一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る