ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わる

2003.02.03 自動車ニュース

ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わる

ルノージャポンは、コンパクトハッチ「ルーテシア」(欧州名:クリオ)に、1.2リッターエンジンと、クラッチ操作を自動化した5段MTを搭載するエントリーグレード「1.2クイックシフト5」(3ドア/5ドア)を追加設定、2003年1月30日に発売した。

「ルーテシア1.2クイックシフト5」は、1.2リッター直4 DOHC16バルブユニット(75ps/5500rpm、10.7kgm/3500rpm)と、クラッチ操作が不要なシーケンシャルモード付き5段MT「クイックシフト5」を搭載したモデルだ。

ルノーのエントリーカー「トゥインゴ」に搭載されるものと同じトランスミッションは、「オートマチック」と「マニュアル」が選べ、オートマモードの場合は普通のAT車と同様、アクセルとブレーキ操作だけで運転可能。マニュアルにすれば、レバーによるシフトで、スポーティな運転が楽しめるという。

価格は、3ドアが165.0万円、5ドアは175.0万円。

これにより、ルーテシアのラインナップは、2リッターエンジンを載せるスポーツモデル「スポール2.0」(3ドア/5段MT/265.0万円)と1.4リッター「1.4 RXT」(5ドア/4段AT/185.0万円)とあわせ、3エンジン、4グレードとなった。

(webCGオオサワ)

「ルノージャポン」:
http://www.renault.jp/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 第18回 ゼイタクは敵(その2) 2016.11.22 エッセイ 清水草一の話題の連載。第18回は「ゼイタクは敵(その2)」。筆者が“世界初の超小型スーパーカー”と賞賛する、愛車「ホンダS660」との思い出を語る。「フェラーリ458イタリア」との夢のスーパーカー2台生活の実態とは?
ホームへ戻る