ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わる

2003.02.03 自動車ニュース

ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わる

ルノージャポンは、コンパクトハッチ「ルーテシア」(欧州名:クリオ)に、1.2リッターエンジンと、クラッチ操作を自動化した5段MTを搭載するエントリーグレード「1.2クイックシフト5」(3ドア/5ドア)を追加設定、2003年1月30日に発売した。

「ルーテシア1.2クイックシフト5」は、1.2リッター直4 DOHC16バルブユニット(75ps/5500rpm、10.7kgm/3500rpm)と、クラッチ操作が不要なシーケンシャルモード付き5段MT「クイックシフト5」を搭載したモデルだ。

ルノーのエントリーカー「トゥインゴ」に搭載されるものと同じトランスミッションは、「オートマチック」と「マニュアル」が選べ、オートマモードの場合は普通のAT車と同様、アクセルとブレーキ操作だけで運転可能。マニュアルにすれば、レバーによるシフトで、スポーティな運転が楽しめるという。

価格は、3ドアが165.0万円、5ドアは175.0万円。

これにより、ルーテシアのラインナップは、2リッターエンジンを載せるスポーツモデル「スポール2.0」(3ドア/5段MT/265.0万円)と1.4リッター「1.4 RXT」(5ドア/4段AT/185.0万円)とあわせ、3エンジン、4グレードとなった。

(webCGオオサワ)

「ルノージャポン」:
http://www.renault.jp/

 
ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わるの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ルーテシアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフGTI【海外試乗記】 2017.3.1 試乗記 モデルライフ半ばの“テコ入れ”が実施された、最新の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。新たに開発された1.5リッターターボエンジンや先進のインフォテインメントシステムは、その走りをどう変えたのか? スペイン・マヨルカ島からの第一報。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2016.3.16 試乗記 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジを受け、1.2リッター直4ターボエンジンと6段ATの設定が変更された。最新型の“街中性能”を、上級グレード「インテンス」の試乗を通じてチェックする。
  • 価格を抑えた「メルセデスAMG CLA45 4MATIC」限定発売 2017.3.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年3月21日、高性能モデル「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC」をベースとする限定車「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC Racing Edition」を発表した。同年4月上旬に90台限定で発売する。
  • プジョー、ミドルクラスSUVの新型「3008」を発売 2017.3.14 自動車ニュース プジョーがミドルクラスSUVの新型「3008」を発売。既存のモデルから一新されたスタイリングが特徴で、直立したフロントマスクや高めのウエストラインなどにより、SUVらしさが強調されている。エンジンは1.6リッターターボで、駆動方式はFFのみとなる。
ホームへ戻る