ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わる

2003.02.03 自動車ニュース

ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わる

ルノージャポンは、コンパクトハッチ「ルーテシア」(欧州名:クリオ)に、1.2リッターエンジンと、クラッチ操作を自動化した5段MTを搭載するエントリーグレード「1.2クイックシフト5」(3ドア/5ドア)を追加設定、2003年1月30日に発売した。

「ルーテシア1.2クイックシフト5」は、1.2リッター直4 DOHC16バルブユニット(75ps/5500rpm、10.7kgm/3500rpm)と、クラッチ操作が不要なシーケンシャルモード付き5段MT「クイックシフト5」を搭載したモデルだ。

ルノーのエントリーカー「トゥインゴ」に搭載されるものと同じトランスミッションは、「オートマチック」と「マニュアル」が選べ、オートマモードの場合は普通のAT車と同様、アクセルとブレーキ操作だけで運転可能。マニュアルにすれば、レバーによるシフトで、スポーティな運転が楽しめるという。

価格は、3ドアが165.0万円、5ドアは175.0万円。

これにより、ルーテシアのラインナップは、2リッターエンジンを載せるスポーツモデル「スポール2.0」(3ドア/5段MT/265.0万円)と1.4リッター「1.4 RXT」(5ドア/4段AT/185.0万円)とあわせ、3エンジン、4グレードとなった。

(webCGオオサワ)

「ルノージャポン」:
http://www.renault.jp/

 
ルノー「ルーテシア」にエントリーモデル加わるの画像

関連キーワード:
ルーテシアルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
  • ポルシェ・パナメーラ(FR/8AT)【試乗記】 2017.9.14 試乗記 「ポルシェ・パナメーラ」のベーシックモデルに試乗。とかくパワーとスピードで語られがちな高性能サルーンの世界ではあるが、“素”のパナメーラを見くびってはいけない! そこには他のグレードでは味わえない、独自のバランスがあったからだ。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • ジャガーFタイプR-DYNAMICクーペ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.9.11 試乗記 ジャガーの2ドアクーペ/コンバーチブル「Fタイプ」に、2リッター直4ターボエンジンを搭載した新モデルが登場。ジャガー・ランドローバーの未来を担う新エンジンの出来栄えと、新しい心臓を得たFタイプの走りを、ノルウェーから報告する。
ホームへ戻る