増岡浩“パリダカ”優勝報告会開かれる

2003.01.31 自動車ニュース

増岡浩“パリダカ”優勝報告会開かれる

2003年1月1日から19日まで開催された「テレフォニカ・ダカール2003」(通称パリダカ)を制した、「チームENEOS三菱ラリーアート」の増岡浩の総合優勝報告会が、1月30日、都内ホテルで行われた。
前回大会に続く2連覇を達成した増岡をはじめ、コドライバーのアンドレアス・シュルツ、総合2位に入ったジャン・ピエール・フォントネとその相棒のジル・ピカールらが参列、栄誉をたたえられた。

■我慢で得た2勝目

「過去2年間、ビジネスの再構築に取り組んできた三菱にとって、今回の勝利は、将来の(会社の)成功のシンボルとなるだろう」。
三菱自動車のロルフ・エクロート社長がこう語った増岡の“パリダカ”2連覇と、三菱車の1-4位独占は、苦しい経営状態に直面している同社にとって、久々に明るい話題となった。

長年、三菱のパリダカ活動の顔だった篠塚建次郎が日産へ移籍。新しいエースとなった増岡にとって、今回のラリーは我慢の連続だったという。
最大のライバルは、今年から本格参戦をはじめた日産、フォルクスワーゲンやBMWではなく、自らのチームメイトで、2輪で6勝した経歴をもつステファン・ペテランセルだった。

ペテランセルは、ヨーロッパステージ2日目で早くもトップに浮上。アフリカに入っても勢いは衰えず、5日目に増岡に首位を譲ることがあったが、その名前は常にタイミングボードの最上に位置していた。

2位で追いかける増岡との差は、日がたつにつれ徐々に開いていき、終盤には30分近くも離されてしまった。
「リビア砂漠では、見えないところでもアクセルを開けていかないと、勝てないでしょう。私の今後の課題でもあると思います」、増岡は謙虚に自分の弱点を認めた。
そして、「ポジション(2位)をキープして間違いなく走るのがゴールするまでの大切な役割」と、チームプレイに徹する覚悟を、ラリー中口にしていた。

大会も残り2日、事実上最後のSS(競技区間)でドラマは起きた。365kmのステージで、順調だったペテランセルのパジェロエボリューションがオイル漏れを起こし、2回ストップ。この時点で1位の座を守っていたが、ゴールまであと50kmという地点で痛恨のクラッシュ、岩にぶつかりサスペンションを壊してしまった。
勝利へのプレッシャー、そして追い上げてくる増岡の存在、ペテランセルの4輪初制覇は夢に終わり、我慢に耐えた増岡がビクトリーレーンに登った。初優勝の時は涙にくれていたが、2回目は、笑顔で声援に応えていた。

■復活のイメージ

仏マルセイユからエジプトのシャルム・エル・シェイクまで、SS区間5257km、総距離8576kmで争われたアフリカン・ラリーレイド。結果は、三菱車の1-4位独占となったが、三菱にとって増岡が勝ったことの意味は大きい。

前述のエクロート社長の言葉通り、三菱は経営基盤再建の真っ只中。モータースポーツ活動も、2003年は世界ラリー選手権(WRC)を休業しており、パリダカは唯一残された晴れ舞台といえる。

「スリーダイヤ復活」のイメージは、日本人ドライバー優勝により、世界へと伝わる・・・三菱にとって願ってもいない展開で、25回目のパリダカは幕を閉じた。

(webCG 有吉)

増岡浩“パリダカ”優勝報告会開かれるの画像

左から、増岡のコドライバーのアンドレアス・シュルツ、増岡浩、総合2位のジャン・ピエール・フォントネとジル・ピカール。ラリー大半をリードしつつ残り僅かで勝利を逃したステファン・ペテランセルは不参加

左から、増岡のコドライバーのアンドレアス・シュルツ、増岡浩、総合2位のジャン・ピエール・フォントネとジル・ピカール。ラリー大半をリードしつつ残り僅かで勝利を逃したステファン・ペテランセルは不参加

アフリカの砂漠の民をモチーフにした優勝トロフィー。増岡の目標は、これをもう3つ手に入れ、史上初の5勝を記録することという

アフリカの砂漠の民をモチーフにした優勝トロフィー。増岡の目標は、これをもう3つ手に入れ、史上初の5勝を記録することという

展示されていた三菱「パジェロエボリューション」は、実戦に投入されたものではなく、1月のデトロイトショーに出品したモデル。ホモロゲーションを必要としない「スーパープロダクションクラス」規定に基づいて造られたもので、「20年以上にわたる三菱のパリダカ挑戦で培われたノウハウと最新技術を組み合わせた」(プレスリリース)クロスカントリーマシンだ。
チューブラーフレーム構造の軽量ボディに、270psを発生する可変バルブタイミング機構の付いた3.5リッターV6エンジン、シーケンシャルの6段MTを搭載。高いロードクリアランスやイカついタイヤ、空力を追求したフォルムは、さながら“砂漠のF1”。燃料タンクは、実に500リッターもの容積をもつ。

展示されていた三菱「パジェロエボリューション」は、実戦に投入されたものではなく、1月のデトロイトショーに出品したモデル。ホモロゲーションを必要としない「スーパープロダクションクラス」規定に基づいて造られたもので、「20年以上にわたる三菱のパリダカ挑戦で培われたノウハウと最新技術を組み合わせた」(プレスリリース)クロスカントリーマシンだ。チューブラーフレーム構造の軽量ボディに、270psを発生する可変バルブタイミング機構の付いた3.5リッターV6エンジン、シーケンシャルの6段MTを搭載。高いロードクリアランスやイカついタイヤ、空力を追求したフォルムは、さながら“砂漠のF1”。燃料タンクは、実に500リッターもの容積をもつ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。