まるごと「エンツォ・フェラーリ」のサイト、オープン!

2003.01.31 自動車ニュース

まるごと「エンツォ・フェラーリ」のサイト、オープン!

ブリヂストンは、フェラーリのロードゴーイングスポーツ「エンツォ・フェラーリ」を特集したスペシャルサイト「forzarossa(フォルツァロッサ)」を、2003年1月31日に開設した。
アドレスは、http://www.forzarossa-bridgestone.com/

■唯一のタイヤメーカーとして

「エンツォ・フェラーリ」を“縁の下”で支えているのが、ブリヂストンの「ポテンザRE050スクーデリア」。6リッターV12エンジンがもたらす650psものパワーを、路面にあますところなく伝えるべく専用開発されたもので、350km/h以上での耐久性、高運動性、高安定性が謳われる。

エンツォの標準タイヤを供給する唯一のメーカーであり、またF1でともに4年連続コンストラクターズチャンピオンを獲得している強力なパートナーでもある、ブリヂストンとフェラーリ。「forzarossa」は、両社の関係をあらわした象徴的なサイトといえる。

ブリヂストン(タイヤ)の黒、そしてフェラーリの赤を基調とした同サイトには、2002年9月の「パリサロン」でのエンツォ公式デビューの模様やオリジナルの壁紙などを掲載中。今後は、試乗記、車両/タイヤ各開発者へのインタビュー、また疾走するエンツォの動画配信なども予定されている。

(webCG 有吉)

「forzarossa」:
http://www.forzarossa-bridgestone.com/

まるごと「エンツォ・フェラーリ」のサイト、オープン!の画像

「ポテンザRE050スクーデリア」。高速走行や限界コーナーリングなど、様々な走行条件下で高い接地性を実現させるために、形状、構造、トレッドパターン、コンパウンドを特別な仕様とした。名前の一部に、F1チームからとった「スクーデリア」を採用。ブリヂストンとフェラーリの“密接な関係”を主張する

「ポテンザRE050スクーデリア」。高速走行や限界コーナーリングなど、様々な走行条件下で高い接地性を実現させるために、形状、構造、トレッドパターン、コンパウンドを特別な仕様とした。名前の一部に、F1チームからとった「スクーデリア」を採用。ブリヂストンとフェラーリの“密接な関係”を主張する
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第48回:これは凄いぞ赤い玉号 2017.7.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第48回は「これは凄いぞ赤い玉号」。無敵の「フェラーリ458イタリア」を手放し、31年前の「328GTS」を購入した筆者。あえてパフォーマンスを落とすことで得られた新たなヨロコビとは? 
  • 第47回:フェラーリは舐めるように乗れ 2017.6.27 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第47回は「フェラーリは舐めるように乗れ」。フェラーリを買ったら毎日乗りたいと考える者も多い。が、それは果たして……。持続可能なフェラーリライフを送るために筆者が肝に銘じていることとは?
  • ホンダS660 αブルーノレザーエディション(MR/6MT) 2017.6.29 ホンダS660と過ごす おとなの休日 <PR> コンパクトミドシップオープン「ホンダS660」の持つスポーツ性に、大人の魅力をプラスした一台――。それが「S660 αブルーノレザーエディション」だ。休日のパートナーとして彼を連れ出したリポーターは、特別装備のレザーシートに体をゆだね、都心から一路鎌倉の海を目指した。
  • 第51回:幸運の女神には前髪しかない 2017.7.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第51回は「幸運の女神には前髪しかない」。ディーラーのデモカーの入れ替え期、それはカーマニアにとって「狩り」の好機となる。“牛丼車”「ランチア・デルタ」の後継マシンは? ディーゼルへの想いが再燃する!
  • ルノー・ルーテシア ルノースポール シャシーカップ(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「ルーテシア ルノースポール(R.S.)」がマイナーチェンジを受けて登場。昨今話題の最新の運転支援システムは搭載されていない。しかし、それを補ってなお余りあるほどの、“プリミティブ”な運転する楽しさにあふれていた。
ホームへ戻る