まるごと「エンツォ・フェラーリ」のサイト、オープン!

2003.01.31 自動車ニュース

まるごと「エンツォ・フェラーリ」のサイト、オープン!

ブリヂストンは、フェラーリのロードゴーイングスポーツ「エンツォ・フェラーリ」を特集したスペシャルサイト「forzarossa(フォルツァロッサ)」を、2003年1月31日に開設した。
アドレスは、http://www.forzarossa-bridgestone.com/

■唯一のタイヤメーカーとして

「エンツォ・フェラーリ」を“縁の下”で支えているのが、ブリヂストンの「ポテンザRE050スクーデリア」。6リッターV12エンジンがもたらす650psものパワーを、路面にあますところなく伝えるべく専用開発されたもので、350km/h以上での耐久性、高運動性、高安定性が謳われる。

エンツォの標準タイヤを供給する唯一のメーカーであり、またF1でともに4年連続コンストラクターズチャンピオンを獲得している強力なパートナーでもある、ブリヂストンとフェラーリ。「forzarossa」は、両社の関係をあらわした象徴的なサイトといえる。

ブリヂストン(タイヤ)の黒、そしてフェラーリの赤を基調とした同サイトには、2002年9月の「パリサロン」でのエンツォ公式デビューの模様やオリジナルの壁紙などを掲載中。今後は、試乗記、車両/タイヤ各開発者へのインタビュー、また疾走するエンツォの動画配信なども予定されている。

(webCG 有吉)

「forzarossa」:
http://www.forzarossa-bridgestone.com/

まるごと「エンツォ・フェラーリ」のサイト、オープン!の画像

「ポテンザRE050スクーデリア」。高速走行や限界コーナーリングなど、様々な走行条件下で高い接地性を実現させるために、形状、構造、トレッドパターン、コンパウンドを特別な仕様とした。名前の一部に、F1チームからとった「スクーデリア」を採用。ブリヂストンとフェラーリの“密接な関係”を主張する

「ポテンザRE050スクーデリア」。高速走行や限界コーナーリングなど、様々な走行条件下で高い接地性を実現させるために、形状、構造、トレッドパターン、コンパウンドを特別な仕様とした。名前の一部に、F1チームからとった「スクーデリア」を採用。ブリヂストンとフェラーリの“密接な関係”を主張する

関連キーワード:
エンツォフェラーリ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ812スーパーファスト(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.8.1 試乗記 車名の「812」とは“800psの12気筒”の意。FRのロードゴーイング・フェラーリとしては、史上最強かつ最速を掲げる「812スーパーファスト」。その実力をフェラーリのホームグラウンド、フィオラーノ・サーキットで解き放った。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • スバルBRZ STI Sport(FR/6MT)【試乗記】 2018.1.5 試乗記 この秋「スバルBRZ」の最上級グレードとしてラインナップに加わった「STI Sport」。その名のとおりSTIの技術が注がれたこのフラッグシップモデルの走りは、一段とBRZらしい、ピュアでストレートな魅力に満ちたものだった。
  • BMW i3s(RR)【海外試乗記】 2018.1.6 試乗記 デビューから4年を経たBMWの電気自動車「i3」に、新グレードの「i3s」が登場。よりパワフルなモーターと専用チューニングの足まわりが採用された電動スポーツモデルの出来栄えを、BMWの電動化戦略の現状とともにお届けする。
ホームへ戻る