【スペック】全長×全幅×全高=4770×1875×1790mm/ホイールベース=2790mm/車重=2010kg/駆動方式=4WD/3リッターディーゼルターボ・インタークーラー付き(170ps/3400rpm、35.9kgm/1400〜3400rpm)/車両本体価格=340.0万円(テスト車=428.2万円)

トヨタ・ハイラックスサーフ 3000ディーゼル SSR-G(4AT)【ブリーフテスト】

トヨタ・ハイラックスサーフ 3000ディーゼル SSR-G(4AT) 2003.01.30 試乗記 ……428.2万円総合評価……★★★


テイストではトラッキー

ピックアップトラックにルーフを付けるかたちで始まった、トヨタ「ハイラックスサーフ」。モデルチェンジを経るたびに変身を続け、新型は「ランドクルーザー プラド」とシャシーなどを共用する、立派な(?)SUVとなった。ただ、新型は走行性能(特にオフロード)には秀でているが、エクステリアとインテリアの造形が年寄り臭くて魅力に乏しい、と思う。従来通り、トヨタが訴求したい“若者”にアピールするかどうか大いに疑問だ。
デザイン担当者は、新型サーフのデザインテーマを「テイストではトラッキー」といっていた。ちなみに「トラッキー」とは、「トラックっぽい」ことを意味するのだが、それも今となってはジレンマだろう。出自である“ピックアップトラックらしさ”を残しながら、最新のSUVにまとめあげなければならないからだ。アメリカのような“ピックアップ文化”の存在しない日本で、はたしてテイストだけのトラッキー神通力はいつまで続くのだろうか。



【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「ランドクルーザー プラド」と、エンジンやフレームなどを共用するのが「ハイラックス サーフ」。現行モデルは、2002年10月7日にフルモデルチェンジした4代目。高級&上質指向のプラド、若者向けのサーフとキャラクターが分けられる。プラドには3ドアが設定されるが、サーフは5ドアモデルのみとなる。
メカニズムは、基本的にプラドと同じだが、高度な電制4WDシステムをもつプラドに対し、ハイラックスはコンベンショナルな「2WD-4WD」を、スイッチで切り替えるタイプとなる。サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン、リアはリジッド式だ。サーフは、右前と左後ろ、左前と右後ろのサスペンションを、高圧ガスを封入した中間ユニットで連結する「X-REAS」サスペンションを搭載。これはコーナーでのロールや段差の乗り越え時などに、中間ユニットが減衰力を増すことで、ロールやピッチングを抑えるもの。
エンジンは、2.7リッター直4DOHC16バルブ(150ps/4800rpm、24.0kgm/4000rpm)と、3.4リッターV6DOHC24バルブ(185ps/4800rpm、30.0kgm/3600rpm)のガソリンエンジンに加え、コモンレール式ディーゼルの3リッター直4DOHCターボ・インタークーラー付き(170ps/3400rpm、35.9kgm/1400〜3400rpm)の3種類が用意される。トランスミッションはすべて4段ATとなる。
(グレード概要)
「SSR-G」は、サーフのエンジン種類ごとに設定される最上級グレード。「X-REAS」サスペンションは、このグレードにのみ装着される。インテリアに、本革巻きステアリングホイールやオプティトロンメーター、石目調(!)パネルを採用。シート表皮はファブリックだが、運転席は7ウェイの電動アジャスタブル機構が付く。装備品として、盗難防止装置(イモビライザー)が標準装備。

【車内&荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★
乗り込んで最初に驚かされるのが、インパネやドアトリムを飾る素材だ。最近のクルマだったら、ウッドやアルミが使われるところだが、なんと今度のハイラックスサーフは“石”なのだ。カタログには「石目調パネル」と書かれるが、石といってもターコイーズや大理石のような装飾用ではない。黒地にポツポツと煌めきがあって、たいへんシックで落ち着いている……、こういう石はどこかでよく見かけるゾ。そう、御影石。つまり、墓石だ。見た目が墓石の質感にそっくりなのである。クルマに乗ったら墓石がお出迎えとは、ブラックジョークとしては秀逸なのだが……。その点を試乗後に開発担当者に質すと、「やっぱり、そう見えますか!! いろんな方から同じように指摘されるんですよ」と頭を抱えていらっしゃった。
操作面では、ゲーム機の十字コントローラーをモチーフにしたという、新機軸のエアコン操作ノブを新採用。が、見た目と動きが合致しないので使いにくい。ルックス的な新鮮味も、あまり感じられなかった。
(前席)……★★★
座り心地は可もなく、不可もなく。それより、テスト車に装着されていた、オプションの本革シートが26.0万円もするのに驚かされた。“サーフは若者向けのクルマ”と公言するわりに、値段がアダルト向きではないか。若者がアウトドアスポーツにガンガン使うのに便利なように、汚れても雑巾で拭き取れる、撥水加工されたビニール地のシートなどがある方が、気が利いていると思う。
(後席)……★★★
意外、といっては失礼だが、後席の乗り心地を含めた居住性に難はなかった。シートは、座面を引き起こしてから背面を倒す“ダブルフォールディングタイプ”なので、“シングルフォールディングタイプ”のように、必要以上に座面を薄くすることがなく、クッション性も保たれる。
ただ、シートベルトの巻き取り機構が敏感すぎて、オフロードを走るとどんどん締め付けられていくのがちょっと気なった。もちろん、安全には換えられないが。
(荷室)……★★★
前述したように、リアシートがダブルフォールディングタイプなので、荷室をフラットに拡大できて使いやすい。また、テールゲートを閉めたままでもガラス窓をスイッチで上下できる機能は、リモコンキーからも操作が可能だ。
しかし、抜かりないトヨタにしては珍しいファウルも見付けた。左後輪のフェンダー内部が蓋付きの収納ボックスになっているのだが、その上に脱着式ケースに入れた三角表示板を釣り下げると蓋が開かなくなるのだ。この点も、開発担当者に訊ねると、「やっぱり、わかりましたかぁ」と正直なお答え。
真相は、オプショナル装備のJBLスピーカーに、三角表示板の収納スペースを取られてしまい、付け焼き刃的にケースに入れて左フェンダー上に設置したからだという。JBLをつけなければ、問題ないことにはなるが。ちなみにJBLオーディオは、DVDナビゲーションシステムとセットで38.7万円と、これまたアダルト価格だ。

クリックすると座席が倒れる様がご覧になれます。

クリックすると座席が倒れる様がご覧になれます。


トヨタ・ハイラックスサーフ 3000ディーゼル SSR-G(4AT)【ブリーフテスト】の画像

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★★
最新の「1KD-FTV」3リッター“コモンレール式”ディーゼルエンジンは静かで、振動もとても小さい。富士スバルラインのような上り勾配が続くところでは、固有のエンジン音が耳に付いたが、所有して長く乗るようになれば慣れるだろう。スタッガードゲート式トランスミッションは操作しやすく、変速自体のショックも、小さくて滑らかだ。
ちなみに、ディーゼル車は、「自動車NOx・PM法」の規制対象となる。よって、東京、神奈川、大阪などの8都府県では、2002年10月1日から新車登録ができなくなったことを、付け加えておく。
(乗り心地+ハンドリング)……★★★★★
オフロードでの乗り心地が秀逸。路面の凹凸や石、岩を乗り越えても、衝撃を巧みに吸収する。わざと荒々しく凹凸を乗り越えてみたが、衝撃の角が丸められて乗員に伝わってくる。新開発のラダーフレームをもつだけのことはある。シャシーをはじめとする多くの部分を、ランドクルーザー・プラドと共用するので、あたりまえだが、乗り心地はとても似ていた。
さらに、トラクション性能が素晴らしい。傾斜角度20度くらいの湿った泥道を上り下りしても、スリップすることがなかった。センターデフもロックせず、エクストラローギアを選択していない、つまり「4WD-Hi」のままだったので、基本的な踏破力に驚かされた。
時速50〜60キロでダートを周回すると、アクセルでもステアリングでも修正が容易に効き、コントロール性は高い。

(写真=高橋信宏)



【テストデータ】

報告者:金子浩久
テスト日:2002年11月29日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2002年型
テスト車の走行距離:--
タイヤ:(前)265/65R17 112S(後)同じ(いずれもミシュラン CROSS TERRAIN)
オプション装備:リアLSD(3.0万円)/チルト&スライド電動ムーンルーフ(9.0万円)/前席SRSサイドエアバッグ&前後席SRSカーテンシールドエアバッグ(8.0万円)/7ウェイアジャスタブル機構付本革パワーシート(26.5万円)/JBL SYNTHESIS プレミアムサウンドシステム+DVDナビゲーション付ワイドマルチAVステーション(6.5型ワイドディスプレイ+AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ+TV+MD+CDプレーヤー+10スピーカー)+TVダイバシティアンテナ(38.7万円)
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(2):山岳路(3):ダート(3)
テスト距離:--
使用燃料:--
参考燃費:--

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ バン(4WD/5MT)【試乗記】 2014.10.23 試乗記 2014年8月の復活以来、好調な販売が伝えられる「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年前にデビューした古典的なクロスカントリー車が、なぜこうも歓迎されるのか? その秘密を探った。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
ホームへ戻る