シボレー「MW」マイナーチェンジ

2003.01.30 自動車ニュース

シボレー「MW」マイナーチェンジ

日本ゼネラルモーターズは、シボレーのコンパクトワゴン「MW」(スズキ「ワゴンRソリオ」のOEM版)をマイナーチェンジ、2003年2月1日に発売する。

GMとスズキの資本提携関係により2000年に誕生したシボレー「MW」。今回のマイナーチェンジは、2002年11月の「ワゴンRソリオ」変更にほぼ準じた内容となる。すなわち、1リッターエンジン車がカタログから落ち、1.3リッターのみとなった。

フロントグリルに輝くシボレーのトレードマーク「ボウタイ」は健在。今回から、アルミホイール中央にも配された。また上級「S」にはディスチャージランプが標準で与えられた。

価格は、従来比で2.4万円から9.1万円引き下げられた。

標準車(2WD):119.9万円(9.1万円安)
S(2WD):145.3万円(3.4万円安)
S(4WD):157.0万円(2.4万円安)

(webCG 永瀧)

シボレー「MW」:
http://www.chevrolet.co.jp/lineup/mw/

 
シボレー「MW」マイナーチェンジの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る