シボレー「MW」マイナーチェンジ

2003.01.30 自動車ニュース

シボレー「MW」マイナーチェンジ

日本ゼネラルモーターズは、シボレーのコンパクトワゴン「MW」(スズキ「ワゴンRソリオ」のOEM版)をマイナーチェンジ、2003年2月1日に発売する。

GMとスズキの資本提携関係により2000年に誕生したシボレー「MW」。今回のマイナーチェンジは、2002年11月の「ワゴンRソリオ」変更にほぼ準じた内容となる。すなわち、1リッターエンジン車がカタログから落ち、1.3リッターのみとなった。

フロントグリルに輝くシボレーのトレードマーク「ボウタイ」は健在。今回から、アルミホイール中央にも配された。また上級「S」にはディスチャージランプが標準で与えられた。

価格は、従来比で2.4万円から9.1万円引き下げられた。

標準車(2WD):119.9万円(9.1万円安)
S(2WD):145.3万円(3.4万円安)
S(4WD):157.0万円(2.4万円安)

(webCG 永瀧)

シボレー「MW」:
http://www.chevrolet.co.jp/lineup/mw/

 
シボレー「MW」マイナーチェンジの画像

関連キーワード:
MWシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る