シボレー「MW」マイナーチェンジ

2003.01.30 自動車ニュース

シボレー「MW」マイナーチェンジ

日本ゼネラルモーターズは、シボレーのコンパクトワゴン「MW」(スズキ「ワゴンRソリオ」のOEM版)をマイナーチェンジ、2003年2月1日に発売する。

GMとスズキの資本提携関係により2000年に誕生したシボレー「MW」。今回のマイナーチェンジは、2002年11月の「ワゴンRソリオ」変更にほぼ準じた内容となる。すなわち、1リッターエンジン車がカタログから落ち、1.3リッターのみとなった。

フロントグリルに輝くシボレーのトレードマーク「ボウタイ」は健在。今回から、アルミホイール中央にも配された。また上級「S」にはディスチャージランプが標準で与えられた。

価格は、従来比で2.4万円から9.1万円引き下げられた。

標準車(2WD):119.9万円(9.1万円安)
S(2WD):145.3万円(3.4万円安)
S(4WD):157.0万円(2.4万円安)

(webCG 永瀧)

シボレー「MW」:
http://www.chevrolet.co.jp/lineup/mw/

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シボレー・ソニック LT(FF/6AT)【試乗記】 2011.11.20 試乗記 シボレー・ソニック LT(FF/6AT)
    ……198万円

    シボレーブランドの新しい5ドアハッチバック「ソニック」が日本に導入された。GMが“ワイルド・コンパクト”とうたう新型はどんなクルマ? 早速試乗した。
  • シボレーMW 1.3S FF(4AT)【試乗記】 2002.12.6 試乗記 シボレーMW 1.3S FF(4AT)
    ……148.7万円

    GMグループ内の同朋、「シボレー」と「スズキ」が手を組んで送り出したコンパクトワゴン「シボレーMW」。ブラックアウトされた大きなグリルにボウタイマーク輝く「1.3S」はどんなクルマか? その魅力を探った。


  • 「ダイハツ・トール/トールカスタム」&「トヨタ・タンク/ルーミー」発表会の会場から 2016.11.10 画像・写真 2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ダイハツ・トール/トールカスタム」と、「トヨタ・タンク/ルーミー」が発売された。この姉妹車は、ダイハツが軽自動車の開発で培った技術をもって開発・製造し、トヨタはOEM供給を受けて販売する。トヨタとダイハツが共同で開催した新車発表会の様子を、写真でリポートする。CMタレントも登場!
  • 第475回:宣伝効果バツグン!?
    「フィアット124スパイダー」の教習車が登場!
    2016.11.11 エッセイ イタリアで相変わらず人気の「フィアット124スパイダー」と「アバルト124スパイダー」。あまりにも注目されるがゆえに、意外な場所で使われているというのだが……? 現地在住のコラムニスト・大矢アキオのリポート。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
ホームへ戻る